シュヴァーベン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
シュヴァーベン語
Schwäbisch Schwäbischer Dialekte
話される国 ドイツの旗 ドイツ
オーストリアの旗 オーストリア
地域 ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州東部・南東部シュヴァーベン地方
バイエルン州南西部バイエルン・シュヴァーベン地方
オーストリアチロル州西北部ロイテ郡北部・西部
話者数 約820,000人(2006年
言語系統
表記体系 ラテン文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 swg
シュヴァーベン語の標識
消滅危険度評価
Vulnerable (UNESCO)
Status-unesco-vulnerable.svg
テンプレートを表示

シュヴァーベン語アレマン語・標準ドイツ語: Schwäbisch, バイエルン・オーストリア語: Schwobisch)は、高地ドイツ語上部ドイツ語のうちアレマン語に属する一方言。主にアレマン系シュヴァーベン人ドイツ語版の言語とする。日本語の発音では「シュワーベン語」となる。

概要[編集]

ドイツ南西部のバーデン=ヴュルテンベルク州東部・南東部シュヴァーベン地方をはじめ、バイエルン州南西部のバイエルン・シュヴァーベン地方オーストリア西部のチロル州西北部ロイテ郡北部・西部などの地域で話される。

言語の特徴[編集]

標準ドイツ語で「Ich habe am Fenster gesessen.」とする文章がシュヴァーベン語では「I bin am Fenschter gesesse.」となり、ポスト(Post)のことを「ポシュト」(Poscht)となる子音推移の破裂音の無声化による滑らかな発音の特徴がある。

関連項目[編集]