シーランド (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
シーランド
メンバー 宇田川晃希
関谷迅市
事務所 ホリプロコム
活動時期 2006年9月 - 2014年8月
(※ ホリプロコム所属年月)
出会い 高校生時代(同級生)
公式サイト 公式ホームページ
テンプレートを表示

シーランドは、ホリプロコムに所属していたお笑いコンビ

メンバー[編集]

  • 宇田川 晃希(うだがわ こうき、1987年(昭和62年)5月20日(29歳) - )
    千葉県出身。身長170cm、血液型A型
    趣味は歌、茶道
    手越祐也とは旧友同士[1]
    コンビ解散後は、2015年に元パルパティーンの鈴木浩之と「あま福」を結成している。
  • 関谷 迅市(せきや じんいち、 (1987-12-30) 1987年12月30日(29歳) - )
    東京都出身。身長172cm、血液型O型
    映画好き[2]。趣味は空手絵画握力は左右共に50kgを超えるという。
    既婚者で、娘がいる[3]
    コンビ解散後はピン芸人として活動していたが、2016年6月いっぱいで芸人を引退した[4]

略歴[編集]

コンビ名は、東京ディズニーシー東京ディズニーランドから「シー」と「ランド」を採った物。このようにした理由は、宇田川の父が東京ディズニーランド職員ということもあった[5]模様。

二人とも高校生だった2005年(平成17年)に、第3回M-1甲子園で関東地区に選ばれ、全国大会に出場。

その後二人とも明治大学に進学。2006年(平成18年)9月17日、この日行われたホリプロコム主催の「お笑い新人発掘オーディション決勝大会」にてグランプリを受賞し、デビュー。

ネタは漫才が多く、これまでに演じた中には関谷の得意とする力技を活かしたものもあり、漫画雑誌電話帳などの分厚い本や、Tシャツを引き裂いたり(宇田川のTシャツを関谷が引き裂いたり)、クルミなどを片手で握りつぶしたり、関谷が体を張った芸を演じたこともあった。

2010年10月からはジプシーダンス浜口浜村ドドん、三四郎、ブルーセレブモグライダーらと共に、お笑いスター候補生による強化ユニットライブ「新宿GO!GO!LIVE」に出演。このライブはK-PRO主催で不定期的に開催されており、2014年8月現在で33回を数えている。

2014年8月31日を以て解散した[6]。「THE MANZAI2014」で1回戦敗退となった結果を受けての結論だという。なおTHE MANZAIには初年度から4年続けて出場していたが、結果は全て1回戦敗退であった。

解散後も2人ともホリプロコムに残り、関谷はピン芸人に転向。宇田川は上記の通り2015年に元パルパティーンの鈴木浩之と「あま福」を結成し、同年3月から活動開始。なお「あま福」は「余り者同士で、福を掴めるように」と言う意味で付けたコンビ名だという[7]。その後、上記の通り関屋が2016年6月いっぱいで芸人を引退している。

出演[編集]

テレビ[編集]

これ以降はシーランド解散後、個々での出演

インターネット動画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「加藤シゲアキも知らない手越祐也の一面」旧友の"ガヤ芸人"が暴露”. マイナビニュース (2017年3月30日). 2017年4月5日閲覧。
  2. ^ ターミネーター:新起動/ジェニシス”. シーランド関谷オフィシャルブログ (2015年7月22日). 2015年7月31日閲覧。
  3. ^ まわりくどい。”. シーランド関谷オフィシャルブログ (2015年7月30日). 2015年7月31日閲覧。
  4. ^ 今日で芸人辞めます。”. シーランド関谷オフィシャルブログ (2016年6月30日). 2016年7月1日閲覧。
  5. ^ お笑いハイブリッド!!』Vol.6(メディアボーイ)より。
  6. ^ 御報告”. シーランド宇田川のスターダストプレス日記 (2014年8月31日). 2014年9月3日閲覧。
  7. ^ 御報告”. あま福宇田川のスターダストプレス日記 (2015年3月11日). 2015年7月31日閲覧。