ジェニーゴーゴー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ジェニーゴーゴー
メンバー 根喜田 拓也
川原 祐介
結成年 2004年
解散年 2015年
事務所 SMA NEET Project
活動時期 2004年 - 2015年12月13日
出身 東京NSC5期生
出会い 東京NSCの同期生
芸種 漫才
テンプレートを表示

ジェニーゴーゴーは、かつてSMA NEET Projectに所属していたお笑いコンビである。共に東京NSC5期生。2015年12月13日に解散を発表。

コンビ名の由来はthee michelle gun elephantの「ジェニー」という曲から。ゴーゴーは弾みである。

メンバー[編集]

根喜田 拓也(ねぎた たくや、1980年8月7日 - )

  • ボケ担当。
  • 三重県鈴鹿市出身。血液型はO型。趣味は読書。
  • 過去に本名でピン芸人として活動していた。
  • 解散後は、コンビ「雨ザラシ」で活動。

川原 祐介(かわはら ゆうすけ、1977年1月8日 - )

  • ツッコミ担当。
  • 福岡県太宰府市出身。血液型はB型。趣味はサッカー観戦。
  • ダウンタウンに憧れ、高校生の時にはお笑いの道に進むと決心する。福岡の大学を卒業後に上京[1]
  • 過去に、東京NSCの時の同期生同士で結成した「サンテキ」というトリオとして活動していた[1]
  • コンビ解散後は、自身のtwitterでピン芸人として活動する事を発表。「トントン」という芸名で活動している。この芸名は、5つの候補の中から占いが得意な知り合いの芸人に決めてもらった[2]

ネタ[編集]

  • 主に漫才。のんびりとした口調でネタを披露する。
  • パターンとしてネタの最後に根喜田がネタのテーマにかけたダジャレを言った後に、川原が数秒の間を置いた後「何言ってんだお前は」とツッコミを入れて終わる。
  • テレビ番組のボケやツッコミを時々入れている。
  • 警官役の根喜田が両手を広げながら「5と5で10!(銃)」とわめきながらはしゃぐ。

逸話[編集]

  • 『根喜田』という苗字を『ネギ太』という芸名や名前に勘違いされることがある。
  • 爆笑オンエアバトル」では獲得KBが10回中7回300KB台を記録しており、オンエア6回のうち5回が5位通過となっている。
  • あらびき団」初回にて、「M-1のオーディションは一回目で落ちた」との逸話を聞き、司会の東野幸治から「俺が審査員だったら99点やるわ!」と言わせた。
  • 最終的には、仕事も無くなった上でコンビ仲がうまく行かなくなったことから解散した、と川原が話している[1]

出演[編集]

テレビ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(79)】お笑い人生の“ラストチャンス”に賭けるピン芸人、トントン(2/3)”. サンケイスポーツ (2016年7月27日). 2016年7月27日閲覧。
  2. ^ 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(79)】お笑い人生の“ラストチャンス”に賭けるピン芸人、トントン(3/3)”. サンケイスポーツ (2016年7月27日). 2016年7月27日閲覧。