スティーヴン・ハンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
スティーヴン・ハンター
(Stephen Hunter)
誕生 (1946-03-25) 1946年3月25日(71歳)
アメリカ合衆国の旗 ミズーリ州カンザスシティ
職業 作家、映画評論家
言語 英語
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
代表作 スワガー・サーガ
主な受賞歴 ピューリッツァー賞 批評部門
デビュー作 『極大射程』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

スティーヴン・ハンターStephen Hunter1946年3月25日 - )は、アメリカ合衆国小説家エッセイスト映画評論家。映画評論ではピューリッツァー賞批評部門を受賞した。

経歴[編集]

ミズーリ州カンザスシティに生まれ、イリノイ州エバンストンで育つ。母のヴァージニアは児童書の作家であり、1975年に亡くなった祖父のチャールズはノースウェスタン大学の教授だった。[1]

1968年にノースウェスタン大学でジャーナリズムの学位を取得し卒業後、アメリカ陸軍に召集され、後に陸軍新聞「ペンタゴン・ニュース」に寄稿した。[2]

1971年ボルチモア・サン紙に入社、約10年間日曜版のコピーエディタとして働いた。1982年に同紙の映画評論担当に移った後、1997年ワシントン・ポスト紙に移った。1998年アメリカニュース編集者協会の批評部門で受賞、2003年ピューリッツァー賞批評部門で受賞している[2]

作品[編集]

代表作はベトナム戦争で活躍したアメリカ海兵隊退役軍人の狙撃手ボブ・リー・スワガーを主人公とした通称スワガー・サーガ。シリーズ一作目の『極大射程』(原題:Poin of Impact)は2007年に「ザ・シューター/極大射程」として映画化されている。著者によると当初は三部作("Trilogy")で完結予定だったが、ボブの父である太平洋戦争で活躍した退役軍人アール・スワガーの若き日を描いた三作を出版した後、再びボブを主人公とし四作出版。そしてボブおよびアフガン戦争で活躍した退役軍人レイ・クルーズをダブルで主人公とした『デッド・ゼロ 一撃必殺』(原題:"Dead Zero")を2010年に出版している。

ストーリーに歴史上の事件や戦争、実在の組織を多数絡めており、アクション小説としては勿論、戦争小説スパイ小説としての側面も強く持つのが特徴。また、一種のスター・システム的な作風を取っており、シリーズ外のキャラクターの名前が語られたり、重要人物として登場し前日/後日談が描かれるなど、後付け的とはいえハンター作品の殆どが繋がりを持っている。例えば上記のアール、ボブ親子の人生に深く関わるトリックスター的な諜報部員の初出は著者二作目、シリーズ外の『クルドの暗殺者』(原題:"The Second Saladin")である。

これまでにノンフィクションも3作執筆している。バイオレンス映画について「ザ・サン」紙のエッセイをまとめた"Violent Screen" (1995) 、トルーマン大統領暗殺未遂事件について書いた"American Gunfight" (2005) 、「ワシントン・ポスト」紙に発表したものをまとめた"Now Playing at the Valencia" (2005) である。映画に関連しない記事も多数書いており、2001年にはアフガニスタンに関する記事を書いている。[3]

人物[編集]

作中にも多様な銃器類が登場するが、自身もを趣味としておりYouTubeにも動画を載せている。ただ「その楽しみは余り理解されない」と語り、環境的な差が大きいのだろうと述べている。[4](実際、作中には日常的に狩猟をし生計の足しにするアメリカ合衆国南部の人々、しばしばレッドネックと呼ばれる人種が描かれる。)

2011年1月に起きたツーソン銃撃事件ギフォーズ議員など18人が殺傷された事件)を受け、翌2月にワシントン・ポスト紙[5]およびNPRのインタビュー[4]で拡張マガジン(装弾数の多い弾倉)の有用性を擁護した。(要点として、パニック下において再装填をするのはプロにも困難な作業であること、女性やお年寄りなど銃に護身用以外の意味を持たない人でも再装填や弾切れの心配なく扱えることを挙げている。)

作品リスト[編集]

シリーズ作品[編集]

ボブ・リー・スワガー シリーズ
# 邦題 原題 刊行年
アメリカ合衆国の旗
刊行年月
日本の旗
訳者 出版社
日本の旗
1 極大射程 Point of Impact 1993年 1999年1月 佐藤和彦 新潮文庫
2 ブラックライト Black Light 1996年 1998年5月 公手成幸 扶桑社
3 狩りのとき Time to Hunt 1998年 1999年9月 公手成幸 扶桑社
4 四十七人目の男 The 47th Samurai 2007年 2008年6月 公手成幸 扶桑社
5 黄昏の狙撃手 Night of Thunder 2008年 2009年10月 公手成幸 扶桑社
6 蘇るスナイパー I, Sniper 2009年 2010年12月 公手成幸 扶桑社
7 デッド・ゼロ 一撃必殺 Dead Zero 2010年 2011年12月 公手成幸 扶桑社
8 第三の銃弾 The Third Bullet 2013年 2013年12月 公手成幸 扶桑社
9 スナイパーの誇り Sniper's Honor 2014年 2014年12月 公手成幸 扶桑社
10 Gマン 宿命の銃弾 G-Man 2017年 2017年3月 公手成幸 扶桑社
アール・スワガー シリーズ
# 邦題 原題 刊行年
アメリカ合衆国の旗
刊行年月
日本の旗
訳者 出版社
日本の旗
1 悪徳の都 Hot Springs 2000年 2001年2月 公手成幸 扶桑社
2 最も危険な場所 Pale Horse Coming 2001年 2002年5月 公手成幸 扶桑社
3 ハバナの男たち Havana 2003年 2004年7月 公手成幸 扶桑社
レイ・クルーズ シリーズ
# 邦題 原題 刊行年
アメリカ合衆国の旗
刊行年月
日本の旗
訳者 出版社
日本の旗
1 デッド・ゼロ 一撃必殺 Dead Zero 2010年 2011年12月 公手成幸 扶桑社
2 ソフト・ターゲット Soft Target 2011年 2012年12月 公手成幸 扶桑社

その他[編集]

# 邦題 原題 刊行年
アメリカ合衆国の旗
刊行年月
日本の旗
訳者 出版社
日本の旗
1 魔弾 The Master Sniper 1980年 2000年10月 玉木亨 新潮文庫
2 クルドの暗殺者 The Second Saladin 1982年 1991年4月 染田屋茂 新潮文庫
3 ターゲット(映画ノベライズ) Target 1985年
4 さらば、カタロニア戦線 The Spanish Gambit
(Tapestry of Spies )
1985年 1986年12月 冬川亘 ハヤカワ文庫
5 真夜中のデッド・リミット The Day Before Midnight 1989年 1989年4月 染田屋茂 新潮文庫
6 ダーティホワイトボーイズ Dirty White Boys 1994年 1997年2月 公手成幸 扶桑社
7 我が名は切り裂きジャック I, Ripper 2015年 2016年4月 公手成幸 扶桑社

ノンフィクション[編集]

  • Violent Screen: A Critic's 13 Years on the Front Lines of Movie Mayhem (1995)
  • Now Playing at the Valencia: Pulitzer Prize-Winning Essays on Movies (2005)
  • American Gunfight: The Plot to Kill Harry Truman and the Shoot-out that Stopped It (2005)

出典[編集]

  1. ^ Gunslinger Stephen Hunter; Washingtonian.com, May 1, 2008. Accessed February 20, 2011
  2. ^ a b Drinks, Shoots, and Seethes Baltimore Magazine, March 2009. Accessed February 20, 2011
  3. ^ Dressed To Kill - From Kabul to Kandahar, It's Not Who You Are That Matters, but What You Shoot
  4. ^ a b Tucson Shooting Renews Gun Control Debate, NPR, February 16, 2011. Accessed February 20, 2011
  5. ^ Why 33 rounds makes sense in a defensive weapon, Washington Post, February 6, 2011. Accessed February 19, 2011