スマートニュース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
スマートニュース株式会社
SmartNews, Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
150-0001
東京都渋谷区神宮前6-25-16 いちご神宮前ビル 3F(旧 神宮前第23ビル)
設立 2012年6月15日
代表者 鈴木 健・浜本 階生
資本金 26億円
外部リンク http://about.smartnews.com/ja
テンプレートを表示

スマートニュース(SmartNews)は、スマートフォン用のニュースアプリ、並びに同アプリを提供する企業(スマートニュース株式会社)。

本記事ではアプリ・企業の双方について解説する。

アプリ[編集]

スマートニュースは、全国紙をはじめとするニュースメディアと連携し、インターネット上で話題になったニュースを配信、アプリ上で読めるようになっているスマートフォン向けのアプリケーション[1]。 アプリは世界各国で配信されており、特に日本とアメリカでは合わせて1000万ダウンロードを記録し、月間400万人の利用者がいるとされる[1][2]

内容[編集]

スマートニュースは、電波がなくてもニュースが読めるのが売りである。

2013年12月には「Google Play Best of 2013」において「アプリオブザイヤー2013」を受賞した[3]

ダウンロードできるサイト[編集]

iOSのスマートフォン(IPhoneIPad)の場合はiTunesで、Androidの場合はGoogle Playでダウンロードできる。

備考[編集]

2016年にはアーティストと初のコラボレーションとして、ももいろクローバーZを起用。画面の切り替え部分などにイラストで登場させたほか[4]、グループの歴史をスマートニュース風に紹介する動画を公開した。

企業[編集]

スマートニュース株式会社は、東京都渋谷区に本社を置くIT系企業。2012年設立。

沿革[編集]

  • 2012年6月 株式会社ゴクロとして設立[5]
  • 2012年12月 「スマートニュース」アプリ公開。
  • 2013年10月 社名をスマートニュース株式会社に変更、合わせて本社を移転[5]
  • 2014年8月 グリーミクシィ、川田尚吾(ディー・エヌ・エー共同創業者)らに対する第三者割当増資を行う[6]
  • 2014年10月 SmartNews 2.0をリリース[7]
  • 2015年2月 本社を渋谷区神宮前に移転[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]