スルッとKANSAI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
株式会社スルッとKANSAI
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
542-0081  
大阪府大阪市中央区南船場3丁目11番18号
郵政福祉心斎橋ビル8階
設立 2000年7月18日
業種 サービス業
代表者 西口進(代表取締役社長)
南崎憲生(代表取締役会長)
資本金 115.2百万円
決算期 毎年3月
外部リンク www.surutto.com
テンプレートを表示

スルッとKANSAI(スルッとカンサイ)は、近畿圏を中心とする西日本公共交通機関ストアードフェアシステム及び周遊券のネットワーク、または大阪府大阪市中央区に本社を置くその協議会の筆頭会社である。筆頭会社の正式な商号は株式会社スルッとKANSAI[1]である。

スルッとKANSAIはシステムの名称であり、カードの名称は発行社局により異なる。

概要[編集]

1992年4月1日阪急電鉄がそれまで乗車券購入や運賃精算用として販売していたラガールカードを用いたストアードフェアシステム「ラガールスルー」の運用を開始し、1994年には能勢電鉄が自社のパストラルカードとラガールカードを共通化する形で参加。そしてこれをベースとして当時自動改札機の更新を予定していた阪神電気鉄道大阪市交通局北大阪急行電鉄の3社局にも拡張対応させ、1996年3月20日から「スルッとKANSAI」の統一名称を用いての運用を開始した。

当初、スルッとKANSAIに関わる業務は加盟各社局が分担して行っていたが、加盟社局の増加により、業務の効率化を図るため、専任事務局として株式会社スルッとカンサイ2000年7月18日に設立された。

スルッとKANSAIでは、ストアードフェアシステムの提携のみにとどまらず、各種チケットや、グッズ制作販売会社とともに加盟各社のグッズなどの企画を行い、各社主要駅などでバンダイや明治製菓(現:明治)などと共同で企画した玩具チューインガムなどを販売している。共同企画の玩具やCDやバンダイから発売されているBトレインショーティーの限定版は、基本的に一度販売されれば再発売しない方式を貫いている[2]。また、乗車券用紙などの資材の一括調達も行っている(ただし、入札によることが要求される公営交通機関はこの一括調達から外れる)。

2004年からは非接触型ICカードPiTaPa」が導入された。これによりスルッとKANSAI協議会には近畿圏の交通事業者だけではなく、岡山地区静岡県の交通事業者も加盟して「PiTaPa」を導入するようになった。また、「PiTaPa」は電子マネーとしても利用できることから、自治体なども参加している(参加事業者・導入時期は「PiTaPa」の項目を参照)。

奈良県兵庫県のバス事業者でシェアの大きい奈良交通神姫バスリムジンバス大阪空港交通では使用できないが、これらの事業者も協議会には加盟しており、ICカードPiTaPaを介した共通化が図られている(大阪空港交通は伊丹空港発着便のみで、共同運行会社は一部不可の事業者あり)。水間鉄道京阪京都交通については後に加盟し、京阪京都交通は2008年3月1日から(「PiTaPa」を同時に導入)、水間鉄道・バスに関しては2009年6月1日に「PiTaPa」のみ導入した。また、滋賀県湖西地区の江若交通は協議会に加盟の上、2011年11月1日より堅田営業所の路線バス(一部をのぞく)にPiTaPaを導入した[3]

大阪南部に路線網を有する南海グループ路面電車である阪堺電気軌道は、2010年11月12日に協議会に加盟したのち、2014年4月1日より「PiTaPa」のみ導入を行った。また南海バスでも同日より、堺営業所・東山営業所管内の路線バス(南海ウイングバス金岡運行分を含む)より、PiTaPaが追加導入された。

スルッとKANSAIの導入初期から利用可能であった阪急バス阪急田園バスの両社については、2012年4月1日に両社専用(阪神バスも利用可能)のIC乗車カード「hanica」を導入した(3社のバス路線には先行して「PiTaPa」が並行導入されていた)ことで、同年5月31日にスルッとKANSAI対応カードの発売を終了した後、同年9月30日に同カードの利用を終了した(唐櫃営業所管轄の路線バスとオレンジゆずるバス2013年4月30日まで利用可能だった。阪神バスでは同年10月1日以降も、同カードの発売・利用を継続)。

三重県で最大手のバス会社である三重交通では、協議会に加盟した後、2016年4月1日より、自社専用のIC乗車カード「emica」の導入に合わせて、PiTaPaのみの導入が行われた。

また、自治体などが自主運行するコミュニティバスに関しては、加盟社局であっても利用できない路線もある。

なお、2005年6月30日には大阪港トランスポートシステムが大阪市交通局へ鉄軌道事業の運営を譲渡し、2006年3月31日には京阪宇治交通とその子会社である京阪宇治交通田辺が京阪バスに吸収合併されたため、それぞれスルッとKANSAI協議会から脱退したが、加盟社局内での譲渡・合併であり、いずれの路線においても以前と変わりなくスルッとKANSAI対応カードを使用できた。

2009年3月20日の阪神なんば線の開業により近鉄-阪神-神戸高速-阪急-大阪市営地下鉄-近鉄-京都市営地下鉄-京阪(大津線系統)と路線がつながり、乗車経路がこれらの路線の多くの駅で複数になるが、近鉄生駒駅にけいはんな線と奈良線・生駒線の連絡改札があり、その改札の通過の有無(通過していない場合阪神なんば線経由となる)で乗車経路の確認が可能となっている。

2009年4月より、関東大手私鉄である西武鉄道小田急電鉄箱根登山鉄道の3社がスルッとKANSAI協議会と提携し、各種資材の共同購入を行うことが発表された[4]

2014年夏、JRグループの事業者として初めて西日本ジェイアールバスが協議会に加盟した。その後、金沢営業所管内の路線バスを皮切りに、若江線高雄・京北線、園福線と、各路線ごとに順次PiTaPaのみの導入が行われた。

目的[編集]

スルッとKANSAIの目的は以下の通りである。

  • 乗車用プリペイドカードを導入し、別途乗車券(切符)を買わなくても乗車できるようにする。
  • 乗車用プリペイドカードと乗車券購入用のプリペイドカードに同じものを使えるようにする。
  • 乗車用及び乗車券購入用プリペイドカードを、スルッとKANSAI参加社局間では共通に使えるようにする。

このことにより、加盟社局がカバーするエリアの乗客は、スルッとKANSAI加盟社局が発行した「スルッとKANSAI」対応カードさえ持てば、複数の交通機関で共通の「金券 兼 切符」として使用することができる。

「スルッとKANSAI」対応カード[編集]

額面[編集]

スルッとKANSAI対応カードの発売額面は以下の通りである。なお、社局によっては取り扱いのない額面がある。また、いずれのカードも有効期限は設定されていない。

  • 大人用カード
    • 500円(オーダーメイドカードのみ)
    • 1,000円
    • 2,000円
    • 3,000円
    • 5,000円(後述の偽造問題により一部の社を除いて販売を中止している)
  • 小人用カード
    • 500円
    • 1,000円
    • 1,500円
    • 2,000円
    • 2,500円(後述の偽造問題により一部の社を除いて販売を中止している)
特別割引カード[5]
購入には身体障害者手帳または療育手帳の提示を要する[6]
  • 大人用カード
    • 1,000円
    • 1,500円
    • 2,000円
  • 小児用カード
    • 500円
    • 750円

発売体制[編集]

偽造カードが原因で高額面券の発売中止を知らせるポスター(阪急電鉄駅構内にて撮影)

鉄道の駅においては駅窓口及び自動券売機での発売、近鉄などでは駅構内にスルッとKANSAIだけを発売する専用の自動券売機を設置したり、大阪線大和八木以西)、橿原線京都線等の特急車内で車掌が販売を行ったり、阪急に至っては主要駅の構内に専用のブースを設け、駅係員が自ら販売するなど積極的に販売活動を行っている。また各社の一部の駅売店でも販売されている。

しかし、近年では後述の偽造カードの発覚や、IC乗車カード(PiTaPa・ICOCA(京阪・近鉄の2社(いずれも一部路線・区間を除く)での発売))の普及により、発売箇所を自動券売機のみに縮小する社局が出てきている。

金券ショップでは、実発売額より安価(1000円のカードが990円など)で販売していることがあるので、同所で購入すればPiTaPaやICOCAよりわずかな差ではあるが安く乗車できる。その一方で2008年12月29日に偽造レインボーカード(大阪市交通局)の使用が発覚したため、一部社局は5,000円カードの発売を中止した[7]。また、2009年4月22日に近鉄が自社の偽造スルッとKANSAIカードが発見されたことを発表した(磁気情報はレインボーカードのもの)[8]。なお、偽造カードを使用したとして東大阪市に住む韓国人2人が逮捕された。大阪府警は背後に偽造グループが存在するとみて捜査を進めていたが、その過程で、韓国内で偽造機械を、中国で偽造カードをそれぞれ製造し、日本に送ったことが判明している[9]

偽造問題の他にも、大阪メトロサービスの特約店によるレインボーカードの金券ショップへの横流し問題が2010年に発覚したことによる、同カードの流通量の減少もあり、一部の金券ショップでは取り扱いを終了したところもある。

システム[編集]

スルッとKANSAI対応カードは、縦85mm×横57.5mm(サイバネ規格)厚さ約0.3mmのポリエステル製で、テレホンカードよりわずかに横方向に大きい(磁気定期券と同じ大きさ)カードである。

情報は磁気で記録されており、カードリーダーや自動改札機(※専用の機種)で書き換えることができる。裏面の印字(感熱皮膜破壊、または感熱発色方式)もカードリーダーや自動改札機で追記することができる。

発売されたカードには一定の金額に相当する度数が書き込まれており、出札機や改札機に通して乗車や乗車券購入に使用する度に、必要金額に相当する度数を減算されたデータに書き換えられる。

使用した度数を視認できるよう、カード使用時に支出状況を裏面に21回まで追記で印字していくようになっている。追記される内容は、社局名、使用した駅・車両、使用目的(乗車区間あるいは乗車券購入など)、日時、残額、などである。印字が満杯になった場合はカードを発売する券売機に挿入すると残額を引き継いだ新しいカードが再発行される。この場合、元のカードには最終残額表示に二重取り消し線が上書きされ、残額情報が0円の状態で返却される。

また南海電気鉄道では、有料特急特急券を購入することができる(一部の窓口及び車内を除く)。

現行のシステムでは、度数がなくなったカードを(追加支払いで度数を購入するなどで)再利用するサービスは想定されておらず、各カードは基本的に使い切りである。但し、使い切ったカードはそのままゴミ箱に捨てるのではなく、各駅の回収箱に投函することにより回収され、国内および海外のカードコレクターに販売されている。

当初、阪急電鉄が単独でラガールカードを導入した際は残額が初乗り金額未満の場合に入場できなかったが、スルッとKANSAIの開始とともに10円でも残額があれば入場できるようになった。ICカード導入とともに初乗り金額の前引きやチェックを行わない社局も増えてきたものの、日本においてこのような取り扱いを始めたのは、スルッとKANSAIが初めてである。

これについては、鉄道営業法第15条「旅客ハ営業上別段ノ定アル場合ノ外運賃ヲ支払ヒ乗車券ヲ受クルニ非サレハ乗車スルコトヲ得ス」という条文に則っているためだが、スルッとKANSAIを含む関西の鉄道事業者が発行するカードでは、これを運輸省に掛け合い、「別段ノ定アル場合」としてカード残額が初乗り運賃に満たなくても入場可能となっている。利用者からすれば、残額が初乗り運賃未満のカードを所有していたとしてもそのまま乗車することが可能であり、特に発車間際の場合には有利になりえる。2枚投入可能な改札機がまだ開発されていなかった当時にこのような取り扱いを始めたスルッとKANSAIやJスルーカードを中心とした関西事業者系カードは、利用者の視点に立った取り扱いを採用したといえる。

共通利用終了[編集]

2016年7月1日に公式ホームページにて「発売終了および駅の自動改札機・バスでの共通利用終了」が発表された[10]

これに伴い2017年3月31日にて共通カードの販売を終了、2018年1月31日をもって駅の自動改札機等での利用を終了する予定。

また、阪急電鉄阪神電気鉄道能勢電鉄北大阪急行電鉄については、共通利用終了が発表された同日(2016年7月1日)の別途発表において、2017年4月1日より4社のみでの磁気式共通カードを発売する予定である。また、ラガールカードらくやんカード・パストラルカード・レジオンカードについては先の4社のみで共通利用終了以降も利用可能とする予定[11][13]

和歌山バス和歌山バス那賀南海りんかんバスの3社の磁気カードリーダーはバスカード専用になる予定。

導入事業者・発行カード一覧[編集]

  • 導入日はその事業者の路線でスルッとKANSAI対応カードが利用可能になった最初の日。その日以前にもすでに3dayチケットなどに限って利用可能であった事業者・路線もある。
  • 漢字略号は、乗車駅の社局名としてカード裏面に印字される文字。
  • 英字略号は、降車駅の社局名としてカード裏面に印字される文字。―は、設定がないことを示す。
  • 鉄道利用時は、乗車時および券売機・精算機等利用時は、社局名漢字略号に続いて駅名が3文字で、降車時は社局名英字略号に続いて駅名が2文字で印字される。
  • バス利用時は、社局名印字に続いて最大4桁の数字(英字の場合もある)が表示される。
  • ICカード「PiTaPa」導入事業者・路線についてはPiTaPaを参照のこと。
  • カード名に括弧が付されているものは、自社でのカード発売を行わない社局を示す。
  • 薄青色にて表示された事業者は、現在スルッとKANSAIに対応していないことを示す。
  • スルッとKANSAIという名称からか、関西のどの交通機関でも利用できるように思えるが、下記の通りJR西日本では利用はできない。

鉄道[編集]

事業者名 漢字略号 英字
略号
カード名 導入日
阪急電鉄※9 阪急・神高 HK・KK ラガールカード 1996年3月20日
能勢電鉄 能勢 NS パストラルカード
阪神電気鉄道※8 阪神・神高 HS・KK らくやんカード・ラガールカード
大阪市交通局 大交 OC レインボーカード
北大阪急行電鉄 北急 KE レジオンカード(ラガールカード)
神戸高速鉄道※10 神高 KK ラガールカード 1999年10月1日-
2010年9月30日
大阪港トランスポートシステム※1 OTS TS レインボーカード 1997年12月18日-
2005年6月30日
南海電気鉄道 ※2 南海 NK コンパスカード 1999年4月1日
京阪電気鉄道 ※3 京阪 KH スルッとKANSAI Kカード
泉北高速鉄道 泉北 SB ブルーライナーカード
神戸電鉄 神鉄 KB すずらんカード 1999年10月1日
神戸市交通局 神交 SC スルッとKANSAIこうべカード
北神急行電鉄 北神 HE すずらんカード
山陽電気鉄道 山陽 SY エスコートカード
神戸新交通 神新 KS スルッとKANSAIこうべカード
大阪高速鉄道(大阪モノレール) 大モ OM モノカード 2000年2月1日
京都市交通局 京交 KC スルッとKANSAI都カード 2000年3月1日
近畿日本鉄道 ※4 近鉄 KT スルッとKANSAIカード 2001年2月1日
京福電気鉄道(嵐電) 京福※5 スルッとKANSAI Kカード 2002年7月1日
比叡山鉄道比叡山坂本ケーブル 比叡山※6 2003年4月1日
叡山電鉄 叡山※7 EZ 2004年3月1日-
2016年1月31日
  • ※1 大阪港トランスポートシステム
    • 2005年7月1日より路線が大阪市交通局に編入されている。
  • ※2 南海電気鉄道
  • ※3 京阪電気鉄道
    • 石山坂本線では使用できない(3dayチケットは京津線との接続駅である浜大津駅は自動改札機が利用可能、その他の駅は呈示で利用可、、PiTaPaは同線を含めて使用可)。
  • ※4 近畿日本鉄道
    • 青山町駅以西でのみ使用可能(田原本線・道明寺線・吉野線市尾 - 吉野間及び各鋼索線と葛城山ロープウェイを除く)。但し、エリア外の一部の駅でもスルッとKANSAIカードを使用して券売機で切符を購入可能(PiTaPaは各鋼索線やロープウェイをのぞいた鉄道線全線で使用可)。青山町駅以西のエリアに入っていた伊賀線では使用できなかった(同線は2007年10月1日に伊賀鉄道に運営移管)。
  • ※5 京福電気鉄道(嵐電)
    • 駅改札口で印字したものに限られる。車内のカード読み取り機ではバス式の印字になり、「京福電鉄」と表示される。
    • 同社運営の叡山ケーブル叡山ロープウェイでは利用できない。
  • ※6 比叡山鉄道(比叡山坂本ケーブル)
    • 駅改札口に設置したカード読み取り機でバス式の印字が行われ、「比叡山」と表示される。
  • ※7 叡山電鉄
    • 車内のカード読み取り機で印字した場合でも鉄道式の印字となる。なお3dayチケットは呈示で従来通り利用可(出町柳駅のみ自動改札機利用可能、他の駅・車内は改札機及びカード読取機が撤去されている)。
  • ※8 阪神電気鉄道
    • 武庫川線東鳴尾駅洲先駅相互間のみの利用は不可能。PiTaPaは利用可。詳細は東鳴尾駅洲先駅の項目を参照。本線・阪神なんば線・武庫川線各駅では、らくやんカードを発売し、略号は「阪神」・「HS」である。神戸高速線各駅ではラガールカードを発売し、略号は「神高」・「KK」である。
  • ※9 阪急電鉄
    • 花隈駅のみ略号は「神高」・「KK」である。それ以外の駅の略号は「阪急」・「HK」である。
  • ※10 神戸高速鉄道
    • 2010年10月1日、花隈駅の運営管理を阪急電鉄に、それ以外の駅の運営管理を阪神電気鉄道へ移管した。列車運行管理業務も同日、阪神・阪急へ移管し、単に線路・駅等の施設を保有する会社となった。なおこれ以降も、阪神・阪急の駅として、引き続き利用可能である。

バス[編集]

事業者名 印字 カード名 導入日
大阪市営バス 大交バス※1 レインボーカード 1996年3月20日
阪急バス※10 阪急バス ラガールカード 1997年9月1日-
2012年9月30日
大阪空港交通※6 OKKバス (ラガールカード) 1999年3月15日-
2009年9月30日
和歌山バス 和バス コンパスカード 1999年4月1日
和歌山バス那賀 和那バス
京阪バス※2 京阪バス (スルッとKASNAI Kカード) 1999年10月1日
京阪シティバス※3 京阪バス (スルッとKANSAI Kカード) 2003年3月1日-
2014年3月31日
神戸市バス 神交バス スルッとKANSAIこうべカード 1999年10月1日
尼崎市交通局(尼崎市営バス)※13 尼市バス らくやんカード 2000年3月1日-
2016年3月19日
伊丹市交通局(伊丹市営バス) 伊市バス ラガールカード 2000年3月1日
京都市営バス 京市バス スルッとKANSAI都カード
南海バス 南海バス (コンパスカード)
神鉄バス 神鉄バス すずらんカード 2000年5月1日
阪急田園バス※10 田園バス ラガールカード 2000年5月1日-
2012年9月30日
近鉄バス 近鉄バス (スルッとKANSAIカード) 2000年8月1日
南海りんかんバス りんかん (コンパスカード) 2000年10月1日
京都バス 京都バス (スルッとKANSAI Kカード) 2001年10月20日
南海ウイングバス金岡 南海バス (コンパスカード) 2001年12月1日
大阪シティバス※11 大交バス (レインボーカード) 2002年1月27日
京阪宇治交通※7 宇交バス (スルッとKANSAI Kカード) 2002年3月1日-
2006年3月31日
南海ウイングバス南部 南海バス (コンパスカード) 2002年3月1日
阪神電気鉄道(バス)※8 阪神バス (らくやんカード) 2002年3月1日-
2009年3月31日
神戸交通振興※4 神交バス (スルッとKANSAIこうべカード) 2002年8月1日
高槻市交通部(高槻市営バス) 高槻バス (ラガールカード) 2003年3月17日
山陽電気鉄道(バス)※9 山陽バス (エスコートカード) 2003年3月21日-
2011年2月28日
京都京阪バス※5※12 宇治バス (スルッとKANSAI Kカード) 2003年12月1日
京阪宇治交通田辺※7 宇田バス (スルッとKANSAI Kカード) 2003年12月1日-
2006年3月31日
尼崎交通事業振興 尼市バス (らくやんカード) 2004年4月1日
阪神バス※14 阪神バス (らくやんカード) 2006年6月14日-
2015年9月30日
2016年3月20日
京阪京都交通※5 京阪バス (スルッとKANSAI Kカード) 2008年3月1日
山陽バス 山陽バス (エスコートカード) 2011年3月1日
  • ※1 大阪市営バス
2013年3月31日まで運行されていた赤バス乗車時の印字は「大交BUS」だった。
  • ※2 京阪バス
コミュニティバスなど一部の路線は利用不可。
  • ※3 京阪シティバス
2014年4月1日より京阪宇治バスを社名変更した京都京阪バスに吸収合併された。
  • ※4 神戸交通振興
山手線・ポーアイキャンパス線(同社運行便のみ)[14]で利用可能。
  • ※5 京阪京都交通・京都京阪バス
一部の路線は利用不可。
  • ※6 大阪空港交通
2009年9月30日をもって、唯一のスルッとKANSAI対応路線であった川西線が廃止となった。
  • ※7 京阪宇治交通・京阪宇治交通田辺
2006年4月1日をもって京阪バスに吸収合併された。
  • ※8 阪神電鉄バス
2009年4月1日をもって阪神バスに全ての直営路線を譲渡。
  • ※9 山陽電鉄バス
2011年3月1日をもって山陽バスに全ての直営路線を譲渡。
  • ※10 阪急バス・阪急田園バス
2012年4月1日の共通ICカード乗車券「hanica」(阪神バスも利用可能)の導入に伴い、同年5月31日をもってカードの発売を終了し、9月30日をもってスルッとKANSAIの利用を終了した。なお、10月1日以降もスルッとKANSAI 2day・3dayチケットは券面提示によることで使用可能である。運行を神鉄バスに委託している唐櫃営業所所属車両、及び阪急バスが箕面市から運行を受託されているオレンジゆずるバスも10月1日以降利用可能であったが、これらも2013年4月30日をもって取扱を終了(2014年4月1日時点でスルッとKANSAI 2day・3dayチケットも券面提示利用も不可になっている)した。また、唐櫃営業所については翌日から神戸市バスのカードも利用できなくなった[15][16]
  • ※11 大阪シティバス
2014年4月1日に大阪運輸振興より社名変更。IKEA線では利用不可。
  • ※12 京都京阪バス
2014年4月1日より京阪宇治バスより社名変更。
  • ※13 尼崎市営バス
2016年3月20日に全事業を阪神バスに引き継ぎ、交通事業から撤退。
  • ※14 阪神バス
2015年9月30日に全線でスルッとKANSAIの利用を終了した。2015年10月1日以降もスルッとKANSAI 2day・3dayチケットは券面提示によることで使用可能である。2016年3月20日より尼崎市内線(旧・尼崎市営バス路線)のみスルッとKANSAIの利用が可能となった。

なお、各社とも高速バス定期観光バスでは利用できない。また、深夜急行バスでは南海バスのみ利用可。

チケット[編集]

スルッとKANSAI協議会加盟社局で利用することのできる周遊券が発売されている。但し、チケットによって利用可能な社局やエリアが限定される場合がある。

3dayチケット全国通年発売版
連続する3日間乗り放題で、かつ指定された施設で割引などの特典を受けられる。大人5,200円(1,734円/日)・小児2,500円。2シーズン[17]に分かれての発売であるが、有効期間があるので、購入・使用の際には注意が必要である。旅行代理店など(近畿2府4県と三重県を除く)でクーポン券を購入し、エリア内の引換場所で交換する。直接購入できるチケット発売場所もある。
このチケットは日本国外の旅行代理店などでは「KANSAI THRU PASS」の名称で発売されている。払い戻しは不可。
2dayチケット全国通年発売版
連続する2日間乗り放題で、かつ指定された施設で割引などの特典を受けられる。大人4,000円(2,000円/日)・小児2,000円。2シーズンに分かれての発売であるが、有効期限があるので購入・使用の際には注意が必要である。発売方法は3dayチケット(全国通年発売版)と同じ。払い戻しは不可。一時期は任意の(連続していなくても可)2日間有効で発売していた。
3dayチケット関西駅売限定版
任意の(連続していなくても可)3日間乗り放題、かつ指定された施設で割引などの特典を受けられる。大人5,200円(1,734円/日)・小児2,600円。春・夏・秋の3シーズンのみの発売であるが、利用日が限定されている。加盟社局の主要駅などで発売。払い戻しは、未使用の場合に限りすべて揃った状態で手数料を支払うことで可能である。
  • 2dayチケット・3dayチケットでは、本来の利用範囲以外にも、阪急バス・阪急田園バス(いずれも一部路線を除く)や京阪石山坂本線など、若干だが利用範囲が広がる。一方で各バス会社が受託運行する地方自治体のコミュニティバスには制約がある。
大阪周遊パス[18]
大阪市内エリア(堺市尼崎市の一部も含む)の電車・バスに1日乗り放題。28施設にそれぞれ1回まで無料で入場できる他、割引を受けられる施設や店舗も利用できる。2,000円(大阪エリア版、大人のみ)。2シーズンに分かれての発売で発売期間の翌月末まで利用可。加盟社局のフリー区間を加えたエリア拡大版(2,200円から)もある。さらに海遊館の入場券も組み込まれた「大阪海遊パス」も発売されている。
神戸街めぐり1dayクーポン
神戸エリアの電車に1日乗り放題[19]神戸市内の観光施設で利用できる650円分の「神戸街遊券」がセットになっている。金額は900円(大人のみ)。2シーズンに分かれての発売で、発売期間と有効期間が同じである。他に阪急・阪神・山陽・神鉄(北神急行[20])・近鉄拡大版[21]も発売されている。以前は「神戸観光1dayクーポン」の名称で販売されており、当時は利用エリアは現在販売のものよりも広く神戸市内のほとんどの駅[22]やバス[23]でも利用できた。
また冬季を中心に「有馬温泉 太閤の湯」の入場料が組み込まれた「有馬温泉ゆけむりチケット」が発売されることもある。

上記以外にもスルッとKANSAI協議会加盟各社局では時季によって企画ものとして、2社局以上を跨ぐフリー切符が発売されている。 なお、過去には発売期間が「通年販売」のものが存在したが、現在はスルッとKANSAI 3day・2dayチケット(全国通年発売版)等を除き4月1日開始となる年度ごとの発売・利用期間となっており、年度をまたがっての利用はできなくなっている。

主な未加盟・未導入事業者[編集]

「スルッとKANSAI対応カード」は関西一円共通カードシステムを謳っているが、使用できない範囲も京阪神地区以外の地域を中心に多く、各府県全域で普及しているわけではない。スルッとKANSAI協議会に加盟していない事業者、また協議会には加盟していても、未導入の主な事業者は次の通り。なお以下は一度も加入経験がない社局を記載し、三重県の一部を含めている。

大阪府[編集]

兵庫県[編集]

京都府[編集]

滋賀県[編集]

奈良県[編集]

和歌山県[編集]

三重県[編集]

キャラクター[編集]

「スルットちゃん」という公式マスコットキャラクターがいる。緑色のトンガリ帽子とワンピースを身に着けた魔法使いの少女で、カードの上に腰かけているデザインがよく使われる。2002年から2012年まで、スルッとKANSAI公式サイト内に「スルットちゃんのお部屋」というコンテンツが設けられ、年齢は8歳、星座はおひつじ座、血液型はAB型、出身地は「まほうの国」、好きな食べ物はチョコレートケーキ、口癖は「お出かけしよーよ」、などのプロフィールが紹介されていた[24]

スルットちゃんは協議会および運営会社のキャラクターであり、主に広報関係や磁気カードで使用され、スルッとKANSAIが発行しているICカードPiTaPaのキャラクターとしては使用されていない。しかし、2013年3月23日に東京駅で行われた交通系ICカード相互利用開始記念セレモニーでは、各ICカードのキャラクターに交じってスルットちゃんも出席していた[25]。その後PiTaPaのキャラクターは忍者をモチーフ「ぴたまる」が別に制定された。

脚注[編集]

  1. ^ 会社年設立時の商号は「株式会社スルッとカンサイ」であったが、商業登記規則改正後に商号変更を行った[1](Internet Archive)。
  2. ^ Bトレインショーティーの場合、南海電気鉄道が2005年11月と2007年9月、阪急電鉄・京阪電気鉄道山陽電気鉄道が2007年6月 - 8月、大阪市交通局が2008年1月、近畿日本鉄道が同年3月にそれぞれ一般販売用にアレンジして発売した。
  3. ^ システム上は京阪バス扱い。
  4. ^ 西武鉄道・小田急電鉄・箱根登山鉄道の3社は、スルッとKANSAIと連携し、2009年4月より資材の共同購入を実施します- スルッとKANSAI ニュースリリース、 2009年3月25日、 2012年7月19日閲覧
  5. ^ 大手私鉄など、多くの鉄道事業者の鉄道路線は第1種の身体障害者手帳療育手帳をお持ちの方が介護人と同乗される場合に限る。
  6. ^ 大手私鉄など、多くの鉄道事業者は身体障害者手帳・療育手帳とも第1種に限る。
  7. ^ “偽造レインボーカード対策について” (日本語) (プレスリリース), 大阪市交通局, (2009年1月14日), オリジナル2011年7月8日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20110708045231/http://www.kotsu.city.osaka.jp/news/houdou/h20/reinbowgizoutaisaku.html 2009年3月23日閲覧。 
  8. ^ 偽造スルッとKANSAIカードの発見について (PDF)” (日本語). 近畿日本鉄道. 2009年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月2日閲覧。
  9. ^ 「スルッとKANSAI」偽造容疑 韓国でグループ摘発朝日新聞 2009年7月10日
  10. ^ “スルッとKANSAI対応カードの発売終了および駅の自動改札機・バスでの共通利用終了について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), スルッとKANSAI協議会, (2016年7月1日), オリジナル2016年7月2日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160702010256/http://www.surutto.com/newsrelease/release/s1600701.pdf 2016年7月2日閲覧。 
  11. ^ “阪急電鉄・阪神電気鉄道・能勢電鉄・北大阪急行電鉄の4社におけるスルッとKANSAI対応カードの取扱いについて” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 阪急電鉄, (2016年7月1日), オリジナル2016年7月2日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160702010448/http://www.hankyu.co.jp/files/upload/pdf/160701card.pdf 2016年7月2日閲覧。 
  12. ^ “ICカード乗車券を活用した連携サービスの拡大について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 大阪高速鉄道, (2015年11月26日), オリジナル2015年11月27日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20151127021937/http://www.osaka-monorail.co.jp/wp-content/uploads/2015/11/press151126_.pdf 2016年7月3日閲覧。 
  13. ^ ただし、大阪モノレールについては、ICカード連携を強めている背景がある。[12]
  14. ^ http://www.kctp.co.jp/pdf/24.4.p.i.henkouannai.pdf
  15. ^ 唐櫃営業所管轄内での磁気カードサービスの終了について (PDF, 阪急バス2013年4月2日)
  16. ^ オレンジゆずるバスでの磁気カードサービスの終了について (PDF, 阪急バス2013年4月2日)
  17. ^ 2012年版有効期間 春夏版4月1日10月31日、秋冬版10月1日4月30日
  18. ^ 大阪周遊パス」 大阪観光コンベンション協会
  19. ^ スルッとKANSAI加盟社局に限る。[2]
  20. ^ 鈴蘭台より東(有馬・三田方面)の乗降で有効
  21. ^ ただし南大阪線(阿倍野橋駅)利用の場合は大阪難波駅等までの移動には別途運賃が必要
  22. ^ 神戸電鉄に関しては有馬温泉駅まで乗車可能であるが、「神鉄拡大版」を除き途中の花山 - 有馬口間での乗降はできない
  23. ^ 神戸交通振興ではカードでの乗車は山手線のみ
  24. ^ スルットちゃんのお部屋(2012年2月10日時点) - ウェイバックマシン(2012年2月10日アーカイブ分)
  25. ^ IC乗車券相互利用開始 スイカ、ピタパ、ニモカ…IC乗車券、名称の由来さまざま、MSN産経ニュース、2013年3月23日配信、2013年3月31日閲覧。

関連項目[編集]

  • PiTaPa(非接触型ICカード)
  • ICOCA(非接触型ICカード)