スーパーマラドーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
スーパーマラドーナ
SUPER MARADONA
メンバー 田中一彦
武智
別名 スーマラ
結成年 2003年12月
解散年 2007年(2008年再結成)
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2003年 - 2007年(マラドーナ時代)
2008年 -
出会い 大阪NSC22期
旧コンビ名 マラドーナ
現在の活動状況 5upよしもと
芸種 漫才
ネタ作成者 両者(主に武智)
過去の代表番組 鉄筋base
炎上base!
もってる!? モテるくん
5upよしもと ガチモリ
など
同期 キングコング
山里亮太南海キャンディーズ
ダイアン
NON STYLE
など
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
第8回笑わん会 最優秀賞
第39回NHK上方漫才コンテスト 優秀賞
第8回MBS新世代漫才アワード 準優勝
第41回NHK上方漫才コンテスト 優勝
第9回MBS新世代漫才アワード 優勝
2015年 M-1グランプリ 5位
2016年 M-1グランプリ 3位
第52回上方漫才大賞 奨励賞
テンプレートを表示

スーパーマラドーナは、吉本興業よしもとクリエイティブ・エージェンシー)大阪本部所属のお笑いコンビ。大阪NSC22期生。

コンビ名「マラドーナ」として2003年12月結成。2007年12月31日で一旦解散し、2008年4月に「スーパーマラドーナ」として再結成。

キャッチフレーズ:神業ストライカー

メンバー[編集]

  • 田中 一彦(たなか かずひこ、 (1977-10-15) 1977年10月15日(39歳) - )
大阪府高槻市出身。
175cm、51kgと細身の体型で、ひ弱なキャラクターが特徴。血液型はAB型、立ち位置は向かって左。
「利きツッコミ」ができる。頭を叩かれた感覚だけで、叩いた人が武智かどうかがわかるという[1]
2016年3月14日に大阪市内で入籍、挙式することを発表した[2]
  • 武智(たけち)本名、武智 正剛(たけち せいごう、 (1978-08-03) 1978年8月3日(38歳) - )
愛媛県松山市出身。
180cm、70kg。血液型はB型、立ち位置は向かって右。
本坊元児ソラシド)とは中学校の同級生。NSCでは本坊が先輩のため、「本坊さん」とさんづけで呼んでいる[1]
また、ヤンキーキャラであるが[3]、相方である田中の弱さを心配していたり、田中のことを「さん」付けしたり、彼女と初めてUSJに行った頃の写真を飾って大切にしていたり、ミッキーのパジャマを着ていたりする[1]
また、虫とお化けと高所が苦手な一面があり、『ごきげん!ブランニュ』(朝日放送)のヘタレ芸人を鍛え直す企画においてたびたび悲惨な目に遭っている(スカイダイビングに挑戦した際は飛行機で3000m上空まで飛んだ所で完全に腰が抜けてダイビングできず引き返してきたり、お化け屋敷に挑戦した際は恐怖のあまり小便をちびるなど)[4][5]。これについて、武智は「何年もかけて悪キャラやってきたのに商売あがったりですよ!」などと語っている。
カフェインに弱いらしく、コーヒーやお茶を飲むと胃が痛くなる。
同期の村本大輔(ウーマンラッシュアワー)とは悪友であり、『炎上base』(関西テレビ)の企画で彼と口喧嘩勝負をしたことがあった。なおその時は、武智が勝利している。
既婚者であり、娘がいる[6]
気に食わないことを言われると、30秒ぐらいかけて左右をゆっくり見て「挽き肉にしてやんよぉ!」と言い返す[7]

概要[編集]

  • THE MANZAI 2011において認定漫才師50組の1組に選ばれる。1点差で決勝進出を逃すも、ワイルドカード決定戦にまで駒を進めた。
  • 翌年のTHE MANZAI 2012にも出場。昨年に続き認定漫才師に選ばれる。本戦サーキットの結果8位となり決勝進出。
  • M-1グランプリ2015で、結成12年目にして決勝進出を果たした。
  • M-1グランプリ2016では2年連続の決勝進出、さらに上位3組まで残った。

来歴[編集]

両者の出会いは大阪NSC。田中のボケのうまさに武智が惚れ込み、2003年12月に「マラドーナ」として結成。 結成当初はコンパに誘うくらい仲がよかったという。 同期の芸人はキングコング、山里亮太(南海キャンディーズ)、ダイアン、NON STYLEなど。しかし、2007年に武智のスパルタに耐え切れず、田中が突如失踪して一時解散となった。その後、武智はトリオで活躍していた元西海岸’sのぶ~やんとコンビを組み、「ロシアンルーレット」として舞台を中心に活動したがしばらくして解散。この4ヶ月の中で、武智は「田中のよさを出せてなかった」「俺にはあいつしかいない」と気づいて「もう1回コンビ組まへんか?」と田中に電話をかけ、2008年4月に「スーパーマラドーナ」として再結成を果たした。

芸風[編集]

ネタ作りは主に武智が担当。現在と昔とでは、ネタのスタイルがだいぶ変化している。デビュー当初は尖っていたため、ネタの時と素の人格が大きく異なるようなネタが多かった。しかし、年を重ねていくうちに、田中の自然体のキャラや武智のヤンキーキャラなど人柄をそのまま反映させたネタに変化していった。自身の今後について、武智は「死んだ後に名前が残るような漫才師になりたい」と語っている。

コンビエピソード[編集]

  • 武智から再結成しようと電話で誘った際、田中は「ちょっと1ヶ月くらい考えさせてもらえませんか?」と答えた。だが武智に「どんだけ考えんねん!もうええから今すぐ組めや!しばくぞ!」と言われ、思わず田中は「はい」と答えてしまった。また再結成の際、武智は「絶対怒らないから」と約束したが、その2日後に怒った。
  • 失踪事件後、周囲からは武智に対して厳しい声が多かったが、唯一、宮川花子(宮川大助・花子)だけは熱心に励ましてくれた。武智は花子に呼び出され、その真剣な姿勢は間違っていないと擁護してくれた。花子の温かさに感動した後、戻ってみると相方の大助は田中に「宇宙人はホンマにおんねん」と語っていた。
  • 村本大輔(ウーマンラッシュアワー)によると、相方武智が厳しかったbaseよしもと時代に、田中が顔をパンパンに腫らして劇場に来たことがあった。皆がどうしたのか心配すると、田中は「単独ライブ近いねん…」とだけ呟いたという。

主な出演番組[編集]

過去のレギュラー番組[編集]

過去の出演番組[編集]

ラジオ[編集]

賞レースなどでの戦績[編集]

  • M-1グランプリ2004~2006、2008、2009 準決勝進出
  • M-1グランプリ2010 準々決勝進出(予選順位34位)
  • 第8回笑わん会 最優秀賞
  • 第39回NHK上方漫才コンテスト 優秀賞
  • 第8回MBS新世代漫才アワード 準優勝
  • 第41回NHK上方漫才コンテスト 優勝
  • 第9回MBS新世代漫才アワード 優勝
  • THE MANZAI 2011 予選16位(ワイルドカード決定戦進出)
  • THE MANZAI 2012 予選8位で決勝進出
  • M-1グランプリ2015 決勝大会進出 5位
  • M-1グランプリ2016 決勝大会進出 3位
  • 第47回上方漫才大賞 新人賞(ノミネート)
  • 第48回上方漫才大賞 新人賞(ノミネート)
  • 第51回上方漫才大賞 奨励賞(ノミネート)
  • 第52回上方漫才大賞 奨励賞(受賞)

単独ライブ[編集]

  • 2004年
  • 2006年
    • 2月6日 - 「マラドーナVSカズ(baseよしもと/大阪)
    • 8月7日 - 「baseよしもと愚連隊」(baseよしもと/大阪)※武智のみ
    • 8月26日 - 「マラドーナVSロナウジーニョ(baseよしもと/大阪)
    • 11月13日 - 「baseよしもと愚連隊」(baseよしもと/大阪)※武智のみ
  • 2007年
    • 1月15日 - 「baseよしもと大フィーバー」(baseよしもと/大阪)※田中のみ
    • 02月17日 - 「マラドーナVS漫才」(baseよしもと/大阪)
    • 05月27日 - 「マラドーナVS漫才②」(baseよしもと/大阪)
    • 06月20日 - 「baseよしもと愚連隊」(baseよしもと/大阪)※武智のみ
    • 08月04日 - 「マラドーナVS漫才③」(baseよしもと/大阪)
  • 2009年
    • 02月07日 - 「スーパーマラドーナVSサンダー漫才」(baseよしもと/大阪)
    • 05月09日 - 「スーパーマラドーナVSファイアー漫才」(baseよしもと/大阪)
    • 07月18日 - 「お客様と田中」(baseよしもと/大阪)※田中のみ
    • 08月01日 - 「スーパーマラドーナVSミラクル漫才」(baseよしもと/大阪)
    • 10月04日 - 「スーパーマラドーナVSサンダーファイアーミラクル漫才」(baseよしもと/大阪)
    • 12月25日 - 「お客様と田中」(baseよしもと/大阪)※田中のみ
  • 2010年
    • 02月27日 - 「スーパーマラドーナVSサイクロン漫才」(baseよしもと/大阪)
    • 04月24日 - 「スーパーマラドーナVSメガトン漫才」(baseよしもと/大阪)
    • 06月12日 - 「スーパーマラドーナVSスペシューム漫才」(baseよしもと/大阪)
    • 06月19日 - 「武智ぶっ潰す!!」(baseよしもと/大阪)※田中のみ
    • 08月08日 - 「スーパーマラドーナVS東京」(新宿シアターモリエール/東京)
    • 08月21日 - 「スーパーマラドーナVSイーグル漫才」(baseよしもと/大阪)
    • 10月31日 - 「完全体」(baseよしもと/大阪)
  • 2011年
    • 03月27日 - 「スーパーマラドーナVSスパーク漫才」(5upよしもと/大阪)
    • 08月02日 - 「スーパーマラドーナVSエキセントリック漫才」(5upよしもと/大阪)
    • 08月23日 - 「スーパーマラドーナVSシアターモリエール」(新宿シアターモリエール/東京)
  • 2012年
    • 02月25日 - 「スーパー単独マラドーナ」(5upよしもと/大阪)
    • 04月21日 - 「スーパー単独マラドーナVol.2」(5upよしもと/大阪)
    • 07月07日 - 「スーパー単独マラドーナ3大都市ツアー2012」(5upよしもと/大阪)
    • 07月20日 - 「スーパー単独マラドーナ3大都市ツアー2012」(SUNSHINE STUDIO/愛知)
    • 07月22日 - 「スーパー単独マラドーナ3大都市ツアー2012」(新宿シアターモリエール/東京)
  • 2013年
    • 02月16日 - 「スーパー最後マラドーナ」(5upよしもと/大阪)
    • 04月16日 - 「スーパー単独マラドーナin ZAZA」(道頓堀ZAZA/大阪)
    • 05月12日 - 「スーパー単独マラドーナin 東京」(渋谷公演通りシアターD/東京)
    • 07月07日 - 「スーパー単独マラドーナin ZAZA」(道頓堀ZAZA/大阪)
    • 10月20日 - 「スーパーマラドーナの倍返しだ!」(HEP HALL/大阪)
  • 2014年
    • 01月27日 - 「スーパーマラドーナの10倍返しだ」(道頓堀ZAZA/大阪)
    • 04月02日 - 「スーパーマラドーナの100倍返しだ」(道頓堀ZAZA/大阪)
    • 04月02日 - 「スーパーマラドーナVS後輩芸人」(道頓堀ZAZA/大阪)
  • 2015年
    • 01月31日 - 「スーパー単独マラドーナ2015」(道頓堀ZAZA/大阪)
    • 06月06日 - 「スーパー単独マラドーナ2015」(道頓堀ZAZA/大阪)
    • 09月06日 - 「スーパー単独マラドーナ2015ファイナル」(道頓堀ZAZA/大阪)
  • 2016年
    • 01月24日 - 「スーパー・ルミネ・マラドーナ」(ルミネtheよしもと/東京)
    • 03月29日 - 「スーパー単独マラドーナ2016」(大丸心斎橋劇場/大阪)
    • 05月28日 - 「スーパー新ネタマラドーナ」(道頓堀ZAZA/大阪)
    • 08月03日 - 「スーパー新ネタマラドーナ2」(道頓堀ZAZA/大阪)
    • 08月23日 - 「スーパー・ルミネ・マラドーナ2」(ルミネtheよしもと/東京)
  • 2017年
    • 03月24日 - 「スーパー・ルミネ・マラドーナ3」(ルミネtheよしもと/東京)
    • 04月05日 - 「スーパー新ネタマラドーナ3」(大丸心斎橋劇場/大阪)
    • 05月30日 - 「スーパーマラドーナの新ネタとトーク」(道頓堀ZAZA/大阪)
    • 06月23日 - 「スーパーマラドーナの新ネタとトーク」(道頓堀ZAZA/大阪)
    • 08月09日 - 「スーパー・単独・マラドーナ」(YES THEATER/大阪)
    • 08月30日 - 「スーパー・ルミネ・マラドーナ4」(ルミネtheよしもと/東京)

脚注[編集]

  1. ^ a b c お笑いTV LIFE(Gakken)Vol.7(2010年2月)p.40
  2. ^ 「スーパーマラドーナ」田中、3月に結婚へ プロポーズは…”. スポーツニッポン (2016年2月28日). 2016年7月14日閲覧。
  3. ^ スーマラ・武智、NON STYLE・石田からまさかのコンビ芸を伝授される!? スーパーマラドーナ単独ライブ「スーパー・ルミネ・マラドーナ」レポート”. よしもとニュースセンター. よしもとクリエイティブエージェンシー (2016年2月12日). 2016年7月14日閲覧。
  4. ^ ごきげん!ブランニュ 2013年5月6日放送回”. gooテレビ (2013年5月6日). 2016年7月14日閲覧。
  5. ^ ごきげん!ブランニュ2013年7月29日放送回”. gooテレビ (2013年7月29日). 2017年1月19日閲覧。
  6. ^ 「パパ芸人通信簿」小出水、武智らが子供と初めての挑戦”. お笑いナタリー (2013年5月31日). 2016年7月14日閲覧。
  7. ^ スーパーマラドーナ、ノンスタ石田の助言で武智が田中を愛でるコンビ芸完成”. お笑いナタリー (2016年1月25日). 2016年7月14日閲覧。