セイントフォー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
セイントフォー
出身地 日本の旗 日本
ジャンル アイドル歌謡曲
活動期間 1984年 - 1987年
レーベル リバスター音産
事務所 日芸
共同作業者 橋幸夫
メンバー

岩間沙織
浜田範子
鈴木幸恵

いわお潤
旧メンバー 板谷祐三子

セイントフォー(Saint Four)とは、加瀬邦彦が音楽プロデュースをしていた80年代のアイドルグループである。

メンバー[編集]

岩間沙織 
1964年7月7日生まれ。血液型O型。神奈川県出身。コーラス&バックダンス担当。技は側宙。イメージカラーは緑。称号:ファッショナブル・サオリ
※初代リーダー。グループ結成時からデビューするまでの2年間を務めた。
浜田範子 
1965年2月22日生まれ。血液型A型。埼玉県出身。リードボーカル担当。技は後方宙返り。イメージカラーはピンク。称号:ドラマティック・ノリコ
鈴木幸恵 
1966年5月15日生まれ。血液型A型。神奈川県出身。リードボーカル担当。技はピルエット。イメージカラーは青。称号:エキサイティング・ユキエ
※二代目リーダー。デビューから解散まで務めた。
板谷祐三子 
1968年3月5日生まれ。血液型A型。神奈川県出身。コーラス&バックダンス担当。技はバック転(のちに前方倒立回転に変更)。イメージカラーは赤。称号:パッショネート・ユミコ
※1986年3月脱退。セイントフォー在籍中は常に眼鏡を着用していた。
いわお潤 
本名、岩男潤子。1970年2月18日生まれ。血液型AB型。大分県出身。
※板谷脱退後に加入し、またグループ解散声明前に脱退。

主な経歴[編集]

1982年「あなたもスターに!」というプロダクションのダイレクトメールに応募して、約3万人の中から選ばれた4人。結成当初は岩間、鈴木、他2名による通称「四人組」としてレッスンをスタートしたが、他2名がグループ活動を辞退したため、浜田、板谷が加入しオリジナルメンバーとしてデビューを果たした。 デビュー当初は板谷・浜田・鈴木・岩間(立ち位置順)で構成され、後に板谷に替わっていわお潤が加入した。曲間にバック宙をするなど、アクロバティックなパフォーマンスが話題になった。

しかし、所属事務所の日芸とレコード会社リバスター音産との間で発生した契約上のトラブルに巻き込まれ、4枚目のシングルを発表した後は新曲が発売できない状態が続き、デビューから2年2か月後、本人たちの意思という形で解散した。

1985年、同グループの振付師である一の宮はじめが主宰したミュージカル『フィナーレには花束を…』に出演。同年、西ドイツの音楽番組に日本人の歌手を代表して「不思議Tokyoシンデレラ」と「ロマンチックの向こう側(2ndアルバム収録曲)」の2曲を披露した。

少年サンデー連載『炎の転校生』第8巻では著者の島本和彦が当時、彼女達に熱を上げていたことから「戦闘フォー」というキャラクターが登場している。また、ビデオ『FIRE KISS〜シークレット・メッセージ〜』には、彼の描き下ろしブックが予約特典として配布された。

1987年東宝が救済にたって、再出発に向けて準備をしていた映画『やるときゃやるぜ!!〜COME BACK HERO〜』の公開、テレビ放映、ビデオ発売を表明し実現した。このことを受けて岩間は「セイントフォーは不滅です!」と、涙ながらに語った。 また、解散直後に日本テレビ酒井広のうわさのスタジオ」にて、浜田と鈴木の二人が解散の経緯についてインタビューに答えている。

セイントフォー解散後、浜田範子・鈴木幸恵はロック系ボーカルデュオ「ピンクジャガー」として再デビュー。解散後、浜田は濱田のり子としてセクシー系の女優として活躍。岩間沙織も現在は女優として活動している。いわお潤は本名の岩男潤子に芸名を戻して、主に声優として活動するようになった。

2013年3月17日、当グループのデビュー曲を作曲したザ・ワイルドワンズ加瀬邦彦が運営する東京・ケネディーハウス銀座にて、当グループのボーカルレッスンの指導と楽曲提供をしていた上田司のバースデーライブにゲストとして、一日限りで濱田・岩間・鈴木の3人が解散以来初のステージライブを26年振りに披露。濱田のオフィシャルブログでの告知から広がり、チケットは完売、ライブは大成功となった。

2013年11月3日、東京・ケネディーハウス銀座にて濱田・岩間・鈴木の3人でのワンマン〜復活ライブ!!〜が正式決定。同年10月29日、日刊スポーツに復活ライブの記事が掲載。11月3日のライブ以降、今後は3か月おきに定期的にライブを開催する事が報告されている。 しかし板谷祐三子とは連絡がつかないことが2015年4月10日放送のTBS爆報! THE フライデー」にて公表された。

2015年12月、爆報! THE フライデー(TBS)に、解散以来28年振りに岩間、濱田、鈴木の三人が揃ってテレビ出演をした。

エピソード[編集]

過去に濱田・鈴木へインタビューを行っている[1]プロインタビュアーの吉田豪は、セイントフォーは事務所による「オーディション詐欺」であったと断じている[2]。無差別にダイレクトメールを送り、応募してきた者から30〜40万円の登録料を取るというもので、月3万円の給料も未払いだったという。彼女たちの主演映画「ザ・オーディション」も、セイントフォーの妹分を募集して同様に登録料を取るためのもので、それに応募して追加メンバーになった岩男は彼女の知らない間に両親がさらに大金を支払っていたという。

事務所の方針により、グループのマンネリ化を防ぐため結成から2年ごとにリーダーを変えていく方針だった。

デビュー直後に出演した『ザ・トップテン』(日本テレビ)の「もうすぐトップテン」というコーナーでは、結成当時から「え〜」「うっそ〜」「やだ〜」などのいわゆる「ぶりっ子言葉」を使ったら1回100円の罰金という決まりがあり、結構貯まっていると浜田が語った。このとき浜田は、緊張のあまりため息をつきながらのコメントに、司会の堺正章に「あんた、一言一言しゃべるたびに疲れるんですか?」と、突っ込まれていた。

1985年1月5日、『オレたちひょうきん族』の「ひょうきんベストテン」(フジテレビ)に出演した。

コーナー司会の山村美智子(当時フジテレビアナウンサー)から「TOKYO不思議シンデレラ」と誤って紹介されて登場した。冒頭では、覇気がない言動のためか、島田紳助を相当困惑させていた。肝心の歌の部分は「西川のりお扮するレオタードオバQ(他は書き割り)とヒップアップ&コント赤信号の相撲ダンサーズ」のコラボレーションで終わっている。また板谷も、本番中に西川のりおからセクハラを受け、終盤にはとうとう泣き出してしまうというハプニングがあった。なお、当コーナーへの出演は、この回だけだった。

カバーなど[編集]

2004年7月には、アニメ『爆裂天使』(ビクターエンタテインメント)のイメージ・ソングとして声優陣の渡辺明乃豊口めぐみ高橋美佳子田中理恵ら四人による、当グループのデビュー曲「不思議Tokyoシンデレラ」をカヴァーした。カップリングにも「太陽を抱きしめろ」が同じくカヴァーされた。

2010年9月、テレビアニメ『そらのおとしものf(フォルテ)』からの青春歌謡ユニット「ソラの少女TAI♪」(日本コロムビア)が配信限定で「不思議Tokyoシンデレラ」をカヴァーした。その後CD化され『そらのおとしものfプレゼンツ そらの少女TAI♪』に収録されている。

2011年1月から、新潟県を中心に活動しているローカルアイドルRYUTist」(りゅーてぃすと)が、「不思議Tokyoシンデレラ」をカヴァーし、LIVEで披露している。

2013年7月18日放送のNHK連続テレビ小説あまちゃん』のワンシーンに、同局で当時放送されていた『レッツゴーヤング』に出演し「太陽を抱きしめろ」を歌唱した時の映像が使用された。濱田の公式ブログでも、鈴木、岩間との間でニュースとして話題になったことを綴っている[3]。また同ドラマでは、この放送回の他にも、本グループの曲が流れたり、映像にレコードジャケットが映し出されたりなどしていた。

ディスコグラフィ[編集]

シングル  
  1. 不思議Tokyoシンデレラ (1984年11月5日)- デビューシングル。作曲・加瀬邦彦オリコン最高35位(売上総数5.3万枚)
     映画「ザ・オーディション」主題歌
     ハウス「ヤング・ジャワカレー」CMソング
    (c/w) 恋気 DE ナマイ気
  2. 太陽を抱きしめろ (1985年3月21日)- オリコン最高15位(売上総数6.2万枚)
    (c/w) ミリオン聖裸(セラー)
  3. ハイッ!先生 (1985年7月21日))- オリコン最高35位(売上総数2.5万枚)
    (c/w) ビートガール
  4. ハートジャックWAR (1985年9月21日)- オリコン最高46位(売上総数1.1万枚)
    (c/w) ラブ・サスペンス
アルバム 
  1. THE AUDITION (1984年11月21日)LP/カセット
    1. 不思議 Tokyo シンデレラ
    2. 恋気 DE ナマイ気
    3. A-cup Scandal
    4. 恋愛☆ミステリー
    5. 未来聖女
    6. ヒューマン・タッチ
    7. 断崖
    8. 雨の予感
    9. プロポーション
    10. 魔術師は嘘つき
  2. 太陽を抱きしめろ (1985年5月21日)LP/カセット
    1. 夢に愛に恋
    2. Please believe in love(板谷祐三子ソロ曲)
    3. 傷だらけのキックオフ
    4. センチメンタルの向こう側
    5. ミリオン聖裸(セラー)
    6. 太陽を抱きしめろ
    7. アメリカン・ドリーム
    8. Mr.ロンリーによろしく(岩間沙織ソロ曲)
    9. ファイヤー〜灼熱物語〜
    10. 少年は鳥になった
  3. セイントフォーBEST HIT14 (1985年8月21日)CD
    1. 不思議Tokyoシンデレラ
    2. 恋気DEナマイ気
    3. A-cup Scandal
    4. 恋愛ミステリー
    5. 未来聖女
    6. 夢に愛に恋
    7. ヒューマンタッチ
    8. 断崖
    9. 雨の予感
    10. プロポーション
    11. 魔術師は嘘つき
    12. ミリオン聖裸(セラー)
    13. 太陽を抱きしめろ
    14. Rock'n Roll Dreams come through
  4. We're SAINT FOUR〜セイントフォーIII〜 (1985年9月21日)LP/カセット/CD
    1. ビートガール
    2. Rock'n Roll Girl(鈴木幸恵ソロ曲・作詞名義:MEGU)
    3. ロマンチック街道
    4. Rock'n Roll Dreams come through
    5. 真夜中のTelephone Call
    6. ハイッ!先生
    7. ね・が・い(浜田範子ソロ曲・作詞名義:NON)
    8. Super Scandal
    9. ハート急上昇
  5. ザ・ベスト・オブ・セイントフォー(1985年11月21日)LP/カセット/CD
  6. Myこれ!クション セイントフォー best(ポニーキャニオン)(2002年10月17日)
    1. 不思議Tokyoシンデレラ
    2. 恋気DEナマイ気
    3. 太陽を抱きしめろ
    4. ミリオン聖裸(セラー)
    5. ハイッ!先生
    6. ビートガール
    7. ハート・ジャックWAR
    8. ラブ・サスペンス
    9. 雨の予感
    10. 夢に愛に恋
    11. Please believe in love(板谷祐三子ソロ曲)
    12. 傷だらけのキックオフ
    13. センチメンタルの向こう側
    14. Mr.ロンリーによろしく(岩間沙織ソロ曲)
    15. ファイアー〜灼熱物語〜
    16. 少年は鳥になった


オムニバス形態アルバム  
  1. Myこれ!コレクション カタログVOL.2(ポニーキャニオン)収録曲「不思議Tokyoシンデレラ」(2002年9月19日)
  2. Myこれ!コレクション 女性アイドル主演ムービー本人歌唱主題歌スペシャル(ポニーキャニオン)収録曲「不思議Tokyoシンデレラ」(2003年4月23日)
  3. 「あまちゃん」を彩る80年代ヒット曲集『春子の部屋〜あまちゃん80'sHITS〜ビクター編』収録曲「不思議Tokyoシンデレラ」(2013年8月28日)
  4. 上坂すみれPresents 80年代歌謡決定盤 Compilation(キングレコード)収録曲「恋気DEナマイ気」(2014年12月10日)
未発表曲  
  1. 初恋の並木道 - 歌のレッスン用としてデビューまで歌われていた。1985年3月芝郵便貯金ホールでのデビューコンサートにて歌った。
  2. 夜のダンサー(1stアルバム「未来聖女」別詞曲) - 同じくデビューコンサートにて歌った。
  3. ファイヤーKissで火をつけて - 1985年7月日比谷野外音楽堂でのコンサートにて歌った。
  4. ドリームライト - 1986年1月メンバーそれぞれの出身地でコンサートを行ったときに歌った。

以下、メンバーチェンジにより潤加入後

  1. スリリング - メンバーチェンジとレコード会社移籍にあたり新生セイントフォーの紹介版として1986年6月に発売予定だった。歌の途中に「SAY!SAY!セイントフォー」という掛け声があった。
  2. COME BACK HERO - 移籍第2弾。勝負版として1986年8月発売予定だった。
  3. トライアングルラブ
  4. ラストショー

以上、4曲は『セイントフォーの“みんな起きてる?”』( アール・エフ・ラジオ日本)の最終回で披露された。

書籍・ビデオ[編集]

書籍
  1. ザ・オーディション(文庫本)(1984年11月)藤公之介著者(せいこう社)
  2. 抱きしめてセイントフォー(写真集)(1985年6月)(スコラ別冊)
  3. セイントフォーじゃじゃネコ通信「お・は・よ・!」(フォト&エッセイ集)(1985年11月)(リイド社)
ビデオ 
  1. 抱きしめてセイントフォー(1985年7月)(バンダイミュージック・エンターテイメント) - 芝郵便貯金ホールでのライブほか収録。
  2. FIRE KISS〜シークレット・メッセージ〜(1985年12月)(東映ビデオ) - 日比谷野外音楽堂のライブやショートストーリー、4人のトークなどを収録。
  3. WE'RE SAINT FOUR(1987年3月)(ジャパンホームビデオ) - 監督廣木隆一、脚本吉本昌弘によるフジテレビ系「月曜ドラマランド」での放送を予定して撮影されたドラマ作品。潤が加入した後、唯一一般発売された作品で、幻のオリジナル5曲(COME BACK HERO他)を収録。

※他に、ファンクラブ会員限定で販売された「セイントフォー旅立ちコンサート1部・2部(日仏会館)」がある。

出演作品[編集]

映画 
  1. ザ・オーディション(1984年新城卓監督)(東宝東和配給)
  2. やるときゃやるぜ!〜COME BACK HERO〜(1987年山名兌二監督)(東宝/ジョイパックフィルム) - ビデオ版の本編終了後「COME BACK HERO」のPVの一部が収録された。
CM  
ラジオ 

ライブ[編集]

  • 2013年3月17日 上田司バースデーライブ(ゲスト出演)(東京・銀座ケネディーハウス)参加メンバーは濱田、岩間、鈴木
  • 2013年11月3日 セイントフォーワンマン〜復活!ライブ〜第1部、第2部(東京・銀座ケネディーハウス)参加メンバーは濱田、岩間、鈴木

脚注[編集]

  1. ^ 「元アイドル2」(ワニマガジン社)に所収
  2. ^ 新感覚映画トークバラエティ「THE☆BEST」特集(2/3)”. 音楽ナタリー. 2015年1月17日閲覧。
  3. ^ “あまちゃん”. 濱田のり子オフィシャルブログ「ハートのおもてなし」. (2013年7月22日). http://ameblo.jp/noriko-hamada/entry-11577704114.html 2013年8月23日閲覧。