タナからイケダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
タナからイケダ
メンバー 田邊孟德
池田周平
結成年 2005年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2005年 -
出身 大阪NSC共に27期生
現在の活動状況 舞台、テレビ、ラジオなど
芸種 漫才
ネタ作成者 田邊孟德、池田周平
同期 GAG少年楽団ビーフケーキ学天即など
受賞歴
今宮戎漫才新人コンクール2009 福娘大賞&敢闘賞
テンプレートを表示

タナからイケダは、吉本興業よしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属のお笑いコンビ大阪NSC27期生。2005年9月結成。略称・タナイケ。

メンバー[編集]

田邊 孟德(たなべ たけのり、1983年7月12日 - )ツッコミ担当

京都府亀岡市出身。大阪市立中央高等学校卒業。
身長176cm、体重58kg。血液型B型。喫煙者。
趣味は掃除、読書、「天使にラブソングを」鑑賞。
特技は「マスク」ジム・キャリーのモノマネ。
顔のパーツが真ん中に寄っていることを「パーキュット(「顔面のパーツが真ん中にキュッと寄っている」の意)」といじられる。福山雅治に似ている。
2011年6月、自宅の風呂場で転び、両手を挙げた状態で右手小指を浴槽の縁に強打。3日後に骨折と分かり、28日に手術を受け、ギプスを付けて活動していた。
2011年8月7日の単独ライブ中に、結婚していたことと、双子の女児の父親であることを発表した。その後も1男を授かっている[1]

池田 周平(いけだ しゅうへい、1980年9月22日 - )ボケ担当

大阪府堺市出身。大阪府立東百舌鳥高等学校卒業。
身長170cm、体重72kg。血液型B型。喫煙者。
趣味は食事、睡眠、サウナ。
特技はジャンクフード大食い。
顔が市川海老蔵に似ており、ネタにする。
駒場孝(ミルクボーイ)、多田智佑トット)、松尾充駿(ビーフケーキ)、藤本聖(ジュリエッタ)とルームシェアしている。
現在ダイエット中で、1年間で10kgの減量に挑戦しており、YNN配信にて週1回ペースで体重測定をし、減量結果を報告している。

コンビ名の由来[編集]

吉本NSC道場のエントリーで、池田が田邊に相談もなしに二人のコンビ名として提出したのが、「たなから池田」。開催当日にそれを見た田邊は「これでは池田ピンの芸名ではないか」と反対し、それから現在のコンビ名である「タナからイケダ」の表記になった。しかし実際、「たなからいけだ」という名前は、NSC同期である堀泰之(おにく)が命名したものであり、池田自身も「勝手に決まっていた」と語っている[2]

概説[編集]

  • NSC入学前は、それぞれ一般企業に就職していた。
  • NSC卒業後にコンビに組んでおり、在学中は会話もしたことがなかった[3]
  • 結成前、田邊は別の相方とコンビを組んでいたが、池田はピンで活動していた。
  • 初舞台は、2005年9月のM-1グランプリ1回戦。
  • M-1グランプリ2010、3回戦進出、敗退。
  • 正統派漫才を主として活動しているが、キングオブコント2010に初めて出場し、3回戦進出、敗退。KOCに出ようと思ったきっかけを聞かれ田邊は「吉本が勝手に出してました」とコメントしている[4]
  • 2011年4月27日、吉本興業の「あなたの街に“住みます”プロジェクト」で、田邊の出身地である京都府の住みます芸人に選ばれたことを発表し、同年5月から2013年8月まで京都に移り住み、地域を盛り上げる活動を行っていた[5]
  • 2011年5月31日、京都精華大学にて、レイザーラモンRGと、よしもと祇園花月キャンペーンイベントに出席した[6]
  • 2011年6月、『あほやねん!すきやねん!』の月曜日企画「勝ち抜き笑リング」の芸人ネタ対決で3週勝ち残り、オモロイヤーとして認定された。
  • baseよしもと5upよしもとに出演していたが、2014年2月に卒業。

受賞歴[編集]

出囃子[編集]

3.6MILK 「MY SWEET HOME」

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • ハンドレッドレディオ・第2部「タナからイケダのマンスリー番長」(MBSラジオ、2011年6月2日 - 6月30日)
  • オンスト 金曜「○○のオンスト」(YES-fm、2011年7月1日 - 7月29日)
  • よしもと祇園花月Presents GIONラジオ 月-水レギュラー(KBS京都ラジオ、2011年7月18日 -)

インターネット配信[編集]

  • YOSHIMOTO NETA NETWORK[YNN] (USTREAM
タナからイケダの"京都っても良かった"配信ー!!!!! - 2011年5月16日〜 毎日22時より配信中

舞台[編集]

単独ライブ
  • 「初1回目のタンドーク」(baseよしもと、2010年3月22日)
  • 「夏1回目のタンドーク」(baseよしもと、2010年7月25日)
  • 「痛みに耐えてよく頑張った。単独したっ!」(5upよしもと、2011年8月7日)
  • 「京都ってもよかっ単独」(5upよしもと、2012年8月29日)
  • 「漫才先生、単独ライブがしたいです。〜ネタを制するものは賞も制す〜」(5upよしもと、2013年3月25日)
  • 「帰ってきた!夏1回目のタンドーク」(baseよしもと、2013年7月30日)
  • 煌Jr.ワンコインライブ「タナからイケダの30分」(5upよしもと、2013年10月7日)
  • 「10年目の真実」(5upよしもと、2014年2月24日)
  • 「ZAZA1回目のタンドーク」(道頓堀ZAZA HOUSE、2014年5月4日)
  • 「ワレワレハ漫才師ダ1」(道頓堀ZAZA POCKET'S、2015年1月11日)
  • 「ワレワレハ漫才師ダ2」(道頓堀ZAZA POCKET'S、2015年2月23日)
  • 「ワレワレハ漫才師ダ3」(道頓堀ZAZA POCKET'S、2015年5月12日)
  • 「ワレワレハ漫才師ダ4」(道頓堀ZAZA POCKET'S、2015年6月23日)
  • 「ワレワレハ漫才師ダ5」(道頓堀ZAZA POCKET'S、2015年7月21日)
  • 「ワレワレハ漫才師ダ6」(道頓堀ZAZA POCKET'S、2015年8月22日)
  • 「ワレワレハ10周年ダ」(大丸心斎橋劇場、2015年9月30日)
  • 「ワレワレハ漫才師ダ7」(道頓堀ZAZA POCKET'S、2015年10月29日)
  • 「ワレワレハ漫才師ダ8」(道頓堀ZAZA POCKET'S、2015年12月11日)
  • 「コモチからトシオトコ」(道頓堀ZAZA HOUSE、2016年3月19日)
  • 「神方MANZAI〜青龍〜」(道頓堀ZAZA POCKET'S、2017年3月6日)

DVD[編集]

  • 凸base(デコベース)〜baseよしもとネタ全集2010〜(2010年1月1日発売)
  • 凹base(ボコベース)〜baseよしもと水泳大会2010〜(2010年1月1日発売)
  • 凸base(デコベース)〜baseよしもとネタ全集2011〜(2011年1月26日発売)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第11回漫才アワードで決勝に進出した際の紹介より(2013年11月4日MBSテレビの『ちちんぷいぷい×MBS漫才アワード あっぱれ!ハイスクール』で紹介VTRを放送)
  2. ^ 2011年7月4日 USTREAM配信より
  3. ^ 2011年5月23日 USTREAM配信より
  4. ^ キングオブコント2010 ブログ(2010年7月17日)
  5. ^ 住みます芸人一覧 [リンク切れ]
  6. ^ よしもとニュースセンター [リンク切れ]
  7. ^ タナからイケダ池田周平のCatch&cook自力海鮮丼ブログ旅 [リンク切れ]