ダレル・メイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ダレル・メイ
Darrell May
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンバーナディーノ郡
生年月日 (1972-06-13) 1972年6月13日(44歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
170 lb =約77.1 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1992年 MLBドラフト46巡目
初出場 MLB / 1995年9月10日
NPB / 1998年5月24日
最終出場 MLB / 2005年7月15日
NPB / 2001年9月26日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ダレル・ケビン・メイ(Darrell Kevin May, 1972年6月13日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

1992年MLBドラフト46巡目でアトランタ・ブレーブスに指名され契約。1995年メジャー初昇格。1996年ピッツバーグ・パイレーツに移籍するが、シーズン途中でカリフォルニア・エンゼルスに移籍。

1998年から1999年までの2年間、阪神タイガースでプレー。先発ローテーションに定着し安定したピッチングを見せたが、打線の援護が乏しく2年間でわずか10勝に終わる。1999年5月29日の東京ドームでの対巨人戦で松井秀喜デッドボール(二塁走者の清水隆行の三盗阻止のためと思われる)を与え、これに、普段は死球に激高しない松井が怒りの表情を出して即バットを放り投げ、メイに2、3歩歩み寄った際、球審に止められてその場でうずくまり、これより球場全体が一瞬どよめいた。試合後、松井は『あれは絶対故意に違いない』とコメント。その後松井は試合でサヨナラ三塁打を放った(松井とは後に巨人でチームメイトとなり和解、後にニューヨーク・ヤンキースでもチームメイトとなった)。1999年7月18日の対巨人18回戦(甲子園)では、1点ビハインドの6回表2死二塁で高橋由伸がファーストゴロを打った際、ベースカバーに走ったが、ベースを踏んでないためにセーフとされ、抗議したメイは杉永政信審判の胸を突き、暴力行為で退場となった。抗議をしている間に二塁ランナーが生還してしまい、この失点が響いて阪神は2対3と競り負けた。

当時、阪神の監督であった野村克也と対立し、シーズン中に報道陣に向けて痛烈に野村を批判したコメントを発表[1]。さらに英語で書かれた中傷ビラを自ら配るなどの行為をしたことから、球団より罰金1,200万円と無期限謹慎処分を言い渡され失意のまま帰国[1]。シーズン終了後に解雇され自由契約となったが、この年3年連続で優勝を逃し、左腕投手の補強を進めていた読売ジャイアンツからオファーを受け、契約金、年俸を含めて1億5,000万円という阪神時代の4,200万円と比較すれば大幅な金額アップで巨人と契約した。移籍した際には、「野村監督との事はもう終わった事。いつまでもわだかまりは持ちたくない。あとはマウンドで答えを出すだけ」とコメントした。

2000年6月7日の対阪神戦(東京ドーム)で元チームメイトの和田豊が3回続けて打席を外した際、和田に危険球を投げて問題になった。退場処分にはなっていないが10日間の出場停止と罰金が科せられた。その日のインタビューでメイはインタビュアーの「あの危険球は元同僚の和田を狙ったものか」という質問に対し「To Him(彼を狙った)」と答える。この年は12勝を挙げる活躍で巨人のリーグ優勝・日本一に貢献。翌2001年も10勝と2年間で22勝を挙げてチームに貢献した。

2001年オフ、メジャー復帰を巨人に直訴して退団。2002年よりカンザスシティ・ロイヤルズと契約。2003年には10勝を挙げチームの勝ち頭となったが、翌2004年は一転19敗を喫し、チームおよびアメリカンリーグの負け頭となった。2005年サンディエゴ・パドレスに移籍したが、同年7月2日にニューヨーク・ヤンキースに移籍。2006年シンシナティ・レッズ傘下のAAA級ルイビルでプレーし、同年限りで現役引退。

阪神に恨みを抱いているイメージが強いが、2003年に阪神がリーグ優勝した際はデイリースポーツに祝福のコメントを寄せていた。チームメイトとの関係も良好で、特に藪恵壹と仲が良いことを本人が明かしている。

ロージンバッグを触った後、掌に唾を吐く癖があった。相手チームから「スピットボール(不正投球)にあたり、反則行為ではないか」と指摘されたこともあり、しばしば審判から注意を受けていたが、メイ本人は全く気にする素振りを見せず止めることはなかった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1995 ATL 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 21 4.0 10 0 0 0 0 1 0 0 5 5 11.25 2.50
1996 PIT 5 2 0 0 0 0 1 0 -- .000 47 8.2 15 5 4 0 1 5 0 0 10 9 9.35 2.19
CAL
ANA
5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 13 2.2 3 1 2 0 0 1 0 0 3 3 10.12 1.88
'96計 10 2 0 0 0 0 1 0 -- .000 60 11.1 18 6 6 0 1 6 0 0 13 12 9.53 2.12
1997 29 2 0 0 0 2 1 0 -- .667 234 51.2 56 6 25 2 0 42 2 0 31 30 5.23 1.57
1998 阪神 21 21 1 1 0 4 9 0 -- .308 563 129.2 122 12 55 3 6 94 2 0 55 50 3.47 1.37
1999 18 18 0 0 0 6 7 0 -- .462 471 112.1 101 17 38 0 4 113 4 1 56 53 4.25 1.24
2000 巨人 24 24 3 3 0 12 7 0 -- .632 621 155.1 123 19 40 0 3 165 7 0 52 51 2.95 1.05
2001 26 26 1 0 1 10 8 0 -- .556 669 159.0 160 24 45 7 5 168 6 1 74 73 4.13 1.29
2002 KC 30 21 2 1 1 4 10 0 0 .286 579 131.1 144 28 50 3 1 95 2 0 83 78 5.35 1.48
2003 35 32 2 1 0 10 8 0 0 .556 868 210.0 197 31 53 1 2 115 5 0 98 88 3.77 1.19
2004 31 31 3 1 0 9 19 0 0 .321 832 186.0 234 38 55 4 2 120 2 0 130 116 5.61 1.55
2005 SD 22 8 0 0 0 1 3 0 0 .250 264 59.1 73 10 20 1 0 32 0 0 38 37 5.61 1.57
NYY 2 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 38 7.0 14 4 3 0 0 3 0 0 13 13 16.71 2.43
'05計 24 9 0 0 0 1 4 0 0 .200 302 66.1 87 14 23 1 0 35 0 0 51 50 6.78 1.66
MLB:7年 161 97 7 3 1 26 43 0 0 .377 2896 660.2 746 123 212 11 6 414 11 0 411 379 5.16 1.45
NPB:4年 89 89 5 4 1 32 31 0 -- .508 2324 556.1 506 72 178 10 18 540 19 2 237 227 3.67 1.23
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • CAL(カリフォルニア・エンゼルス)は、1997年にANA(アナハイム・エンゼルス)に球団名を変更

表彰[編集]

記録[編集]

NPB投手記録
NPB打撃記録
  • 初安打:1998年7月28日、対広島東洋カープ14回戦(阪神甲子園球場)、3回裏に佐々岡真司から左翼線二塁打
  • 初打点:1999年7月13日、対横浜ベイスターズ14回戦(阪神甲子園球場)、4回裏に三浦大輔から遊撃ゴロの間に記録

背番号[編集]

  • 34 (1995年、2003年 - 2005年途中)
  • 61 (1996年 - 同年途中)
  • 21 (1996年途中 - 同年終了)
  • 22 (1997年)
  • 69 (1998年 - 1999年)
  • 42 (2000年 - 2001年)
  • 31 (2002年)
  • 46 (2005年途中 - 同年終了)

脚注[編集]

  1. ^ a b 助っ人トラブル 審判にボール投げつけた投手には罰金4000万円”. スポーツニッポン. 2016年6月28日閲覧。

関連項目[編集]