チェリーの果実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
チェリーの果実
左から、ヨシダマチコ、ムラキミナミ(2009年)
メンバー ヨシダマチコ
ムラキミナミ
結成年 2004年10月
解散年 2009年9月
事務所 オスカープロモーション
活動時期 2004年10月 - 2009年9月
出身 ワタナベコメディスクール1期生
出会い 小学生時代からの幼馴染み
現在の活動状況 解散
芸種 漫才コント、リズム芸
現在の代表番組 なし
過去の代表番組 エンタの天使、オナゴコロ
テンプレートを表示

チェリーの果実(チェリーのかじつ)は、オスカープロモーションに所属していたお笑いコンビ

「チェリカジ」の略称で言われることもあった。

メンバー[編集]

  • ムラキ ミナミ(1987-02-17) 1987年2月17日(30歳) - )
    本名は村木 みなみ(むらき みなみ)
    ボケ担当。
    神奈川県出身。身長159cm
    特技はクラリネット。持っている資格は英語検定3級など。
    実家はアパレルの会社を営んでいる[1]
    ピン芸人「桜ん坊ヘタ子」としてライブに出演したこともある。「第4回芸人ウォーズ」(2008年5月4日、東京都中野区なかの芸能小劇場)では、指揮者に扮した音楽ネタなどをやっていた。この他、この名前でR-1ぐらんぷり2009にも出場。

来歴[編集]

2人は小学生の時からの幼馴染み同士である[2]

2004年10月、ともに高校生だった時にワタナベコメディスクールに1期生として入学(2005年9月卒業)。第1回ワタナベエンターテインメントの『お笑いメジャーリーグ計画』で準グランプリを受賞。

フリーで活動した後、2007年7月からオスカープロモーションのお笑いライブに出演、その後オスカープロに所属となる。

姉御ぉゆりかめっちぇん、ラブ子(元ラブリーミントで、後のピン芸人・水戸とみ)、牧野ステテコとの5組7人によるユニット「ご褒美ガールズ」でも活動したことがある。なお、姉御ぉゆりか、めっちぇんの赤羽奈々瀬、ラブ子、牧野ステテコはワタナベコメディスクールの同期生(1期生)、めっちぇんの菰岡真実は後輩(2期生)である。

2009年9月に解散を発表、同年9月10日の『笑品開発ライブ』(東京都中野区・野方区民ホール)がライブでは最後の出演となり、その後数本の営業などの仕事を経た後に活動を終了。ただ、同年10月から『オナゴコロ』(サンテレビ)のレギュラー出演が始まったため、正式には同番組の2人での出演が終了したのと同時に活動終了となっている。

2009年12月に、ヨシダマチコ(マチ)は元すきゃんぴのちゃこと『ねことら』を結成。2010年1月8日のライブ『ガールズガーデン新春スペシャル』(Studio twl)がねことらとしての初出演となった。その後もマチはねことらメンバーとしてオスカープロモーションに所属、オスカープロお笑いライブなどに出演していた。2010年3月に『ねことら』は解散。[3]

芸風[編集]

以前は、笑顔が多いムラキのボケに対し、あまり表情を変えないヨシダのツッコミが特徴の漫才などを演じ、ボケられるたびにヨシダが「ブ~~!」と言うなどして背中から後ろへ倒れるというリアクションもしていた。この時は、最後に「そう~だって~私たち、○○○ですから~」などの台詞を発するものや、二人一緒に後ろへ倒れるというなどの締めのパターンがあった。

その後、二人でギャルに扮してギャル語を多用するコント、「○○○(有名人など)のアゲアゲコール」のリズム芸のネタ、などが定番ネタとなっていた。

出演[編集]

テレビ
  • 先端研 (日本テレビ
  • エンタの天使(日本テレビ) - 2009年3月4日(第9回)、キャッチコピーは「DOWN系アゲギャ拍子(リズム)」
  • スポーツ笑タイム☆スポワラ (J SPORTS)
  • オナゴコロ(サンテレビ) - 『教えてage嬢』コーナーのレギュラーパーソナリティ。2009年10月からしばらくの間は2人で、その後はマチ(ヨシダマチコ)のみ出演。
インターネットテレビ
ラジオ

掲載雑誌[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日刊ゲンダイ2009年3月7日付『天下とれるか!?』での本人たちの記事より
  2. ^ 麻布台出版社「お笑いポポロ」2005年2月号でのインタビュー(111ページ)より。
  3. ^ ちゃこのブログ 2010年3月10日更新分より