チョコレートプラネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
チョコレートプラネット
CHOCOLATE PLANET
メンバー 長田庄平
松尾駿
別名 チョコプラ
結成年 2006年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2006年 -
出身 NSC東京校11期
出会い NSC
旧コンビ名 テレキネシス(長田)
大和(松尾)
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 コント
ネタ作成者 長田庄平
過去の代表番組 ヨシモト∞パワー☆プリン
同期 エド・はるみ
パンサー向井
シソンヌ
タモンズ
井下好井
イモトアヤコなど
受賞歴
2008年 キングオブコント 決勝進出
2010年 ブラマヨ杯デコのみ焼きグランプリ 優勝(長田)
2014年 キングオブコント 準優勝
2015年 第36回ABCお笑いグランプリ 5位
2015年 NHK新人お笑い大賞 大賞[1]
テンプレートを表示

チョコレートプラネットは、吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー)に所属するお笑いコンビ東京NSC11期生。キングオブコント2008、2014ファイナリスト。

メンバー[編集]

長田庄平(おさだ しょうへい (1980-01-28) 1980年1月28日(37歳) - )ボケ担当
  • 京都府京都市出身。血液型A型
  • ネタ作りを担当。一部のコントでは、ツッコミも行う。また、コントで使う衣装や小道具も制作。
  • 京都学園高等学校嵯峨美術短期大学卒業[2]
  • 趣味はスノーボード陶芸モトクロス、ジョギング。
  • 上記のようにコントで使う小道具や衣装を作っているが、そのほかにもオリジナルのTシャツジーンズ等を作る。ロゴはコンビ名の頭文字、CとPを組み合わせた物。
  • 元陶芸教室の教師。
  • 広い肩幅が特徴。本人は「未だに間隔がわからないときがある」と言い、自動ドアにぶつかったりするらしい。ちなみに、成人男性の肩幅の平均が45cmなのに対し、長田の肩幅は57cmである。(ライスのシチサンLIVEより)
  • 脚が短い。本人曰く、「上半身は180cmクラス」
  • 高校時代は陸上競技の幅跳びの選手だった。『やりすぎコージー』で見事な跳躍を披露したことも。
  • 演歌が上手い。
  • 芸人になって最初はそうでもなかったが、2009年頃になって以降関西弁で喋る様になった。一部のネタでも関西弁で行う場合がある。
  • 部屋に流木があるらしい。
  • 『オサダショルダー』の名前で出場したR-1ぐらんぷり2011で、準決勝進出。
  • パンサーの向井慧と仲が良いが、NSC時代は向井のことを嫌っていたらしい(『マンスリーよしもとプラス』ジャングルポケット・斉藤談)。
  • 2015年11月4日のルミネtheよしもと出演後に街を歩いていたところひったくり事件の現場に遭遇、逃走する犯人を取り押さえ逮捕に貢献した。すぐに犯人が逮捕された事もあり、被害者の女性は被害届を出さなかったという[3]
松尾 駿(まつお しゅん)、 (1982-08-18) 1982年8月18日(34歳) - )ツッコミ担当
  • 一部のコントではボケも担当する。
  • 旧芸名は「松尾アンダーグラウンド」。2011年3月18日、トークライブ『僕らの休み時間』の最後に改名することを発表。理由は、「画数が恐ろしく悪かったから」。姓名判断によると、「愛嬌とユーモアしかない名前」「100点満点中10点」「売れるチャンスを潰した名前」と言われた。
  • 神奈川県箱根町出身。血液型O型
  • 神奈川県立小田原城北工業高等学校出身。
  • 趣味はバスケットボールスノーボード、音楽(レゲエ)、サッカーDJ
  • 2001年、放送の専門学校に入学(その後、廃校となった)。
  • 2003年当時は段ボール工場、2004年当時はユニクロに勤務していた[2]。そのため3分で裾上げができるらしい。
  • 父親がクリスタルキングの元ボーカルの田中昌之従兄弟
  • 2010年夏開始から2013年初夏に解消するまで、同期シソンヌのじろう、バースの近藤裕希、1期後輩のジャングルポケット太田博久と渋谷区幡ヶ谷で同居(じろうは先に3人が同居を開始したところに途中から転がり込んだ)を経験。
  • 以前住んでいた家が築47年のボロ家で、番組で専門家から「地盤が緩く壊れやすく、ここまでの家は見たことない」と言わしめたほどである。
  • 甲高い声を出すのが特技。それを生かして、「声を荒げたピース綾部」や「消臭力のCMソングを歌う外国人の少年」のモノマネをする。また「レーロレロレロ」という奇声を発することもある。
  • 左の乳首から謎の液体が出る。2011年9月3日のYNN神奈川配信にて実験したところ、しょっぱい母乳(囲碁将棋・根建談)が出た。

概要[編集]

  • 結成はNSC卒業間近の2006年1月。それまで、二人は別々のグループを組んでいた(長田はトリオだった)[2]
  • ヨシモト∞火曜一部企画のサバイバルショーで、2007年1月16日に10週勝ち残りを達成。ヨシモトファンダンゴTVでの5分間の冠番組を獲得した。
  • 2009年4月28日 - 5月2日、神保町花月にて初主演作「盲亀浮木」を上演。現在、神保町花月の最多出演を誇る。
  • 東京NSC11期以下の吉本若手芸人で構成されたユニット『東京ワン・ダース』のメンバー。そのほかは、井下好井タモンズジャングルポケット渡辺直美メメ
  • 第1回F-1ぐらんぷり優勝(2010年11月23日アームストロングのシチサンより)。この企画は、コンビで普段ネタを書いていない方(チョコレートプラネットは松尾)がネタを書き、そのネタで対決するというものである。
  • 2012年7月28日に放送された爆生レッドカーペット(フジテレビ系列)にて視聴者投票のカムバックレッドカーペットに選出されずに、竹中直人によって「レッドカーペット賞」に選ばれた。

芸風[編集]

  • 演劇的なコントを得意とする。
  • 主な持ちネタに古代ローマの人々や、長田が氷室京介和泉元彌に扮したコントなどがある。また、松尾がIKKOに扮したコントなどがある。
  • テレビでコントを演じる時は「くそ!! なんでやねん!!」というセリフを持ちギャグにしている。(実際には「くそ!! ッでやねん!!」と聞こえる。)

評価[編集]

芸人の萩本欽一は2014年放送の『キングオブコント2014』を視聴した際の感想として、決勝進出したチョコレートプラネットについて「最近の若い笑いにしちゃ、動きがわかってる」「決勝はネタが悪くて負けちゃったけど、動きはピカイチだった。」「動きの後の足や指を綺麗に収めることができている。」などと、チョコレートプラネットのコメディアンとしての動きを評価している[4]

出演[編集]

テレビ[編集]

不定期

過去のレギュラー

その他の出演

素子'sEYE」にて「イカロスの翼」(コント)を披露。キャッチコピーは「古代ローマの漫才師」。

ドラマ[編集]

ラジオ[編集]

MV[編集]

  • SAKANAMON 「クダラナインサイド」(2016年10月)松尾のみ[5]

Web[編集]

神保町花月[編集]

  • THE MOMO-TARO (2007年7月18日 - 7月27日)
  • 湘南すずらん大学物語#1 海とセレブとへタレたち (2007年9月1日 - 9月9日)
  • 湘南すずらん大学物語#2 本当にあった怖い部室 (2007年10月2日 - 10月8日)
  • 湘南すずらん大学 最終章 俺たちのビッグウェイブ (2007年11月6日 - 11月11日)
  • 神保町花月カウントダウン'08 〜ゆく芝居 くる芝居〜 (2007年12月31日)
  • 何者でもない俺たち#1 さりげなく出会って なにげなく見つめて (2008年1月8日 - 1月14日)
  • 何者でもない俺たち#2 150グラムの品格 (2008年2月5日 - 2月11日)
  • 何者でもない俺たち#3 愛と勇気のイレブンライダー (2008年3月4日 - 3月9日)
  • 花坂荘の人々#1 〜おなか、すいてない?〜 (2008年4月15日 - 4月20日)
  • 花坂荘の人々#2 〜ブラザーズ&ブラザーズ〜 (2008年5月13日 - 5月18日)
  • 花坂荘の人々#3 〜これから、そしてここから〜 (2008年6月17日 - 6月22日)
  • 湘南すずらん大学物語2008 〜波は何でも知っている〜 (2008年8月19日 - 8月24日)
  • オーディション (2008年11月5日 - 11月9日)
  • 何者でもない花坂荘物語 〜Christmas for you〜 (2008年12月23日 - 12月25日)
  • 友よ、静かに眠れ (2009年3月12日 - 3月16日)
  • 盲亀浮木 (2009年4月28日 - 5月2日) ※主演
  • 神保町花月×Confetti 企画 「第3回オールナイト神保町エチュ1グランプリ!!」 (2009年5月22日)
    • なお、このイベントでは長田が優勝している。
  • リーベ座の怪人 (2009年6月23日 - 6月27日)
  • テンプテーション(2009年11月24日 - 26日、28日、29日)
  • 東京NSC11期生公演 memory(2010年9月28日 - 10月1日)
    • なお、長田は演出を担当した。 

DVD[編集]

  • ルミネtheよしもと 業界イチの青田買い2008秋(2008年)

単独ライブ[編集]

  • 2008年
    • 1月28日 - 「birthday party」(シアターブラッツ/東京)初単独
    • 8月12日 - 「BAKKI BAKI!!」(笹塚ファクトリー/東京)
  • 2009年
    • 2月25日 - 「−EARTH−」(シアターブラッツ/東京)
    • 7月31日 - 「Tetrapod」(シアターブラッツ/東京)
  • 2012年
    • 8月31日 - 「千ノナイフガ肩ヲ刺ス」(北沢タウンホール/東京)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「NHK新人お笑い大賞」はチョコレートプラネット 満票に「いやー圧勝ですね」”. ORICON STYLE (2015年10月25日). 2015年10月25日閲覧。
  2. ^ a b c お笑いポポロ』2009年2月号内の記事より
  3. ^ チョコプラ長田、ひったくり捕まえた!ネタじゃない「本当ですから」”. スポニチアネックス (2015年11月5日). 2015年11月5日閲覧。
  4. ^ 高橋秀樹<萩本欽一インタビュー・緊急特別編>欽ちゃんが言った「木村拓哉」と『キング・オブ・コント2014』準優勝「チョコレートプラネット」の共通点」メディアゴン. 2014年10月16日。
  5. ^ パンサー菅とSAKANAMON藤森が入れ替わるMV、チョコプラ松尾らも登場”. お笑いナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年10月30日). 2016年11月4日閲覧。

関連項目[編集]