テキサスコンビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

テキサスコンビは、1970年代中頃から1980年中頃に活躍した兄弟漫才コンビ。漫才協団・フクダオフィス所属。共に大阪府出身。

『てきさすコンビ』、『てきさす part II 』[1]、『てきさすパート2』など、芸名を頻繁にマイナーチェンジしていた。

人物と芸風[編集]

三田マサル[2]門下の三田みつおが、2歳下の弟まさおと結成。少年時代からの芸歴がある。

脱力系のインチキ手品と、とぼけて明るく、シュールながら愛敬のある芸風が人気を呼び、4週勝ち抜いた『ザ・テレビ演芸』では、漫才芸には人一倍厳しい司会者の横山やすし[3]からも賞賛され、弟分として可愛がられた。1980~81年の『お笑いスター誕生!!』グランプリシリーズでも4週勝ち抜き、銅賞受賞。

メンバー[編集]

高卒後、三田マサルに弟子入り。アフロヘアー人民服がトレードマーク。重い心臓病に襲われた後も、それすらネタにする意気軒昂振りだったが、志半ばで病没。
  • 三田まさお
みつおの実弟。おかっぱ。兄の没後は清水英明と『ニューテキサスコンビ』、村井のりこ(後の中島マリ)を加えた『テキサススリー』などで活動。

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ 当時人気のテレビドラマ『大都会 PART II 』に倣った。
  2. ^ 京唄子の3番目の夫で、森山ミツル(現:志織満助。鳳啓助の実弟)の元相方。その後吉本新喜劇の峰きよしと『三田マサル・キヨシ』(コント110番)を組み、サンダー本浦の名でピン活動もした。
  3. ^ 同番組で、下卑た家庭内暴力ネタを掛けた『ライト兄弟』(後のダウンタウン)に激怒。「お前ら、舐めとんのか! そんなもん漫才やない! チンピラの立ち話やないか! 八尾のチンピラが立ち話でもしとんのか、こら! 」などと酷評し、満座を凍らせた事件でも知られる。