リュウゼツラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
リュウゼツラン属
Agave americana a-m.jpg
リュウゼツラン
Agave americana var. marginata
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: クサスギカズラ目 Asparagales
: クサスギカズラ科 Asparagaceae
亜科 : リュウゼツラン亜科 Agavoideae
: リュウゼツラン属 Agave
学名
Agave L.
英名
Agave,Century plant

本文参照

リュウゼツラン(竜舌蘭、Agave)は、リュウゼツラン科リュウゼツラン属の単子葉植物の総称。100種以上が知られている。学名 Agaveカール・フォン・リンネギリシャ神話アガウエーから名付けたもので[1]、メキシコではマゲイ西: maguey)とも呼ばれている[2][注 1]。リュウゼツラン属では208の種が知られている。

メキシコを中心に米国南西部中南米熱帯域に自生するほか、食用繊維作物、あるいは観葉植物として広く栽培されている。和名に「蘭」とあるが、ラン科 (Orchidaceae) に近い植物ではない。また形状がアフリカ原産のアロエに似ているが、アロエはツルボラン科の植物である。

性質[編集]

先が鋭く尖り、縁にトゲを持つ厚い多肉質からなる大きなロゼットを形成する。は大半の種では短く太いため、から直に葉が生えているようにも見える。

気候土壌にもよるが一般に成長は遅く、を咲かせるまでに数十年を要するものも多い。あまりの成長の遅さに、100年(1世紀)に一度開花すると誤認されたことから、英語で“century plant”(センチュリー・プラント、「世紀の植物」)という別名がある[3]

花はロゼットの中心から「マスト」と呼ばれる背の高い花茎が伸び、その先に短い筒状のものがたくさんつく。ごく少数の例外を除いて、基本的には開花・結実後に植物は枯れる一回結実性(一稔性植物)である[注 2]種子による繁殖以外にも、球芽を形成したり、茎の根元から(ひこばえ)を密生することによって、新しい個体を増殖する。

ある種のリュウゼツランの汁に触れると皮膚かぶれることがあり、症状は1〜2週間ほど続く。外見上治癒した後も1年間ほどは痒みが再発することがある。しかし乾燥したリュウゼツランの葉であれば、素手で扱ってもこれらの症状はほとんど現れない。

アオノリュウゼツラン[編集]

開花期のアオノリュウゼツラン (Porto Covo, ポルトガル) - 葉は殆ど枯れている。
アオノリュウゼツランの花

リュウゼツランの一種。数十年をかけ成長したのち1度だけ花を咲かせ枯死してしまう[3]。まず、「栄養成長期」には葉を次々に出して栄養を貯めていく。原産地である熱帯地域では栄養成長期は10-20年に渡り、その後開花する。日本では30-50年で開花する[4]。 開花期になると「生殖成長」へと切り替わり、葉から花茎へと養分の転流が起こり、下の葉から枯れ始めると同時に花茎が急成長をする。花茎は1日に10cm程成長し、2ヶ月ほどで大きいもので高さ10メートルにもなり数千の花をつける。花は下の方から咲き始め、それぞれの花では雄しべが枯れ始めると雌しべが成長するという受粉に困難がある成長形態であるが、メキシコでは蜜や花粉を食べるオオコウモリ(en:greater long-nosed bat)が受粉を仲介している[5]。午後6時以降夜間に大量の蜜を分泌しているとの観測があり、コウモリの活動時間と合致している[4]

また数千という多量の花をつけるが、結実するのは上の方の2-3割の花で、残りの花は人工授粉をしても結実しない。下の方の花は花粉をより多く供給するため、また花茎が折れた時などの保険として咲いていると考えられている[5]

日本の植物園では神奈川県藤沢市の江の島サムエル・コッキング苑(旧・江の島植物園)に数十株が展示されている[3]

リュウゼツランとユッカの違い[編集]

近縁の種であるリュウゼツラン属とユッカ属は原生地が主にメキシコ・米国南西部の乾燥地帯、多肉植物で葉の形、ロゼット状の形態など類似点が多い。 

主な違い(例外もある)は[6][7]

  • 葉はいずれも放射状に生えるがリュウゼツランの方がより肉厚で葉の先の針、縁の鋸刃状の棘があるのに対し、ユッカはより薄く、細く、葉は真っ直ぐで棘がない。またユッカは成長に伴い幹を形成し高く成長するがリュウゼツランは殆ど幹を形成しない。 
  • 受粉はユッカはユッカガによるが、リュウゼツランは蜂、蛾、鳥、コウモリなどによる。 リュウゼツランの大半は1回結実性で10年から数十年に1度しか開花せず、結実後には枯れるが、ユッカは成熟個体はほぼ毎年開花し結実後も枯れず成長を続ける。

用途[編集]

リュウゼツランの葉、茎、花茎、花は可食部であり、植生のある乾燥地帯の先住民は食料としていた。花および花茎はそれぞれ数キログラムが収穫可能である。

食用[編集]

リュウゼツランの仲間では、開花期になると、それまでの栄養成長で蓄えたデンプン糖化が起き、大量の分を含んだ液体の転流が花茎に起こる。メキシコでは先史時代から、若い花茎をそのままサトウキビのように消費したり、花茎を切り取って切り口を掘りくぼめることで、この液体を集め、そのまま甘味料とした。この樹液を煮詰めたものはアガベシロップあるいはマゲイシロップの呼び名で甘味料として利用される。この甘味料は血糖指数(GI: glycemic index)が低い甘味料として利用される[8]

アオノリュウゼツランやテキラリュウゼツラン等の樹液を発酵させたものはプルケ先コロンブス期から作られてきた。またアオノリュウゼツランやテキラリュウゼツラン等からは蒸留酒も作られている[注 3]。樹齢数年から12年の花茎を伸ばす前の段階で収穫し葉を切り除く。肥大化した茎の部分(葉を切断した姿がパイナップルに似ており「ピーニャ(西: piña)」と呼ばれる)の重さは36-91kgになる。この「ピーニャ」を蒸し焼きにして糖化を引き起こし、これを搾って得た糖液をアルコール発酵させ蒸留したものでメスカルという蒸留酒である。特にメスカルの1ブランドであるメキシコのハリスコ州で作られるテキーラは世界的に飲まれている。

繊維[編集]

リュウゼツランのいくつかの種では、葉から繊維をとることができ、サイザルアサアロー繊維(ピタ)・ヘネケンなどが知られる。は、水を吸うと非常に収縮する。そのため、推理小説では、殺したい人物の自由を奪ってその首にリュウゼツランの縄を巻き、数時間後にが降ることを予測して屋外に放置し、アリバイを作るというトリックが用いられることもある。

観賞用[編集]

観葉植物としても広く栽培されている。様々な入りの変種があり、縁が黄色になったもの、葉の中心に根元から先端まで斑が入ったものなどがある。ヨーロッパに初めに持ち込んだのはスペインポルトガル探検家とみられるが、人気が出始めたのは、19世紀に蒐集家が様々な種を輸入するようになってからである。大型のものは、温暖な地域ではで栽培される。小型種は多肉植物として温室栽培される。これがアガベとして広く知られている。

乾燥して薄く切った花茎は、剃刀革砥がわりになる。また、葉を絞った液は、泡立つため、石鹸のように使われる。メキシコのネイティブ・アメリカンは、リュウゼツランからペン、縫い物や織物に使うなどを作っていた。

その他[編集]

乾燥された葉は、燃料として使用されたり、日本茅葺のように屋根材にして葺かれたりする。乾燥された花茎は、などの建築材としても使用された。インドでは、線路沿いに生垣として植えられている。

花茎は管楽器のディジュリドゥの材料として非常に高い評価を得ている。

分類[編集]

以前はユリ科リュウゼツラン科、研究者によってはヒガンバナ科に分類されていた[9]

2009年に公表されたAPG IIIの体系ではクサスギカズラ科とされ、その中のリュウゼツラン亜科に分類されている。

リュウゼツランの仲間は同一種内での個体変異が大きく、また系統の不明なものや野生変種も多いため、分類は難しい。ヨーロッパで栽培されている種の中には自然と異なる環境で何代も無性生殖を繰り返したため、天然のいかなる種とも似ていないものが存在する。

代表的な種[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ メキシコではリュウゼツランをナワトル語で「metl」、サポテク語で「doba」、オトミ族は「uadá」、タラスコ族は「akamba」、他にも「pita」、「cabuya」、「fique」、「mezcal」と地域・種族により様々な名称で呼ばれていたが、スペイン人がカリブ海の島で使われていた名称「マゲイ (maguey)」を持ち込み、今では広くマゲイやアガベが使われている。
  2. ^ 日本において結実しなかった為か、何度も花を咲かせる例が報告されている。 「リュウゼツラン…二十数年ぶりに花」 読売新聞、2012年8月20日付
  3. ^ 先コロンブス期に蒸留酒が作られていたかははっきりしていないが、スペイン人到来後に蒸留酒が広く作られるようになった。

出典[編集]

  1. ^ Online Etymology Dictionary”. 2012年8月13日閲覧。
  2. ^ García-Mendoza, A. J. (2012). México, país de magueyes. La Jornada, Artículo sobre los distintos tipos de magueyes o mezcales o agaves
  3. ^ a b c “「世紀の植物」開花 江の島・植物園でアオノリュウゼツラン”. 神奈川新聞. (2014年7月26日). http://www.kanaloco.jp/article/75250 2014年7月26日閲覧。 
  4. ^ a b 奈良教育大学大学院 生命・地球科学 「神秘の花 リュウゼツラン」
  5. ^ a b 東北大学理学部・生物学科 「リュウゼツラン」 閲覧2012-8-30
  6. ^ Silverbell Nursery Cactus, Agave & Yucca閲覧2012-9-1
  7. ^ eHow What is the difference between a Yucca and and Agave? 閲覧2012-9-1
  8. ^ 若年成人女性におけるマゲイシロップの食後高血糖抑制効果 栄養学雑誌 Vol.70 (2012) No.6 p.331-336
  9. ^ Family Amaryllidaceae”. 2012年8月13日閲覧。

関連項目[編集]