テレサ野田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
てれさ のだ
テレサ 野田
本名 西園寺 環
さいおんじ たまき 
別名義 (旧芸名)
野田 たまき
テレサ・野田
テレサ 乃木
西園寺 たまき
テリー たまき
生年月日 (1957-01-04) 1957年1月4日(60歳)
出生地 日本の旗沖縄県那覇市
職業 女優歌手
活動期間 1971年 -
主な作品
映画
八月の濡れた砂』(1971年)
バラエティ
11PM』(1979年~1980年)

テレサ 野田(テレサ のだ、本名:西園寺 環(さいおんじ たまき)、1957年1月4日 - )は、日本女優歌手沖縄県那覇市出身。セクト・K所属。

人物[編集]

サンタマリア・アメリカンスクール卒業。特技は英会話。

「テレサ」は本人のクリスチャン・ネームである。旧芸名に野田 たまきテレサ・野田テレサ 乃木西園寺 たまきテリー たまきがある。

来歴[編集]

4歳の時に米国統治下の沖縄から上京、横浜のサンタマリア・スクール在学中に劇団いろはに入団した。

1971年、藤田敏八監督の日活青春映画『八月の濡れた砂』で「テレサ・野田」の芸名でデビュー。14歳らしい初々しさに加え、その大胆な演技に注目を集めるデビューとなる。特に、不良に輪姦されたあと、全裸で身体を海水で洗い流す登場シーンは話題になった。

1970年代に映画出演を重ね、いずれも都会的で不良っぽい女性を演じた。テレビドラマにおいては、スポ根もの、特撮もの、刑事もの、時代劇など幅広く出演している。またスリムでスタイルが良く、水着やヌードで多くの男性誌のグラビアを飾った。

1979年8月から翌1980年5月までの間は、日本テレビの人気深夜番組『11PM』で、大阪よみうりテレビから藤本義一が司会をする火・木曜日の9代目アシスタントも務めた。

一方で、歌手としても1977年に、フォーライフ・レコードから『ソファーのくぼみ』でデビューを果たしている。

1980年に、「西園寺たまき」の名でロック・シンガーに転向。自らがボーカルを務めるバンド「西園寺たまき & HIP」を結成する。1982年に「テリーたまき」と改名し、1983年には『愛あなたがすべて』で第12回東京音楽祭国内大会の歌唱賞を受賞している。バンド解散等不明な点が多いが、再び「テレサ野田」の名前で女優として活動していることから、結果的に歌手活動時と女優業で名前を使い分けた形となった。

ロック・バンド結成に際し、「10年間使ってきた“テレサ野田”の名から本名にもどって、今、生まれかわったような気持ちです。1年間レッスンを積んできたヴォーカリスト西園寺たまきの歌を聴いて下さい」とコメントを発表している。本名に関しては、プロフィールに「野田環」としている出版物やサイトも見受けられる。

エピソード[編集]

  • 1970年の日活映画『女子学園悪い遊び』のポスターに「野田たまき」という名前が印刷されているが、当映画のエンドロールにはその名前を発見することができず、ファンのあいだでも謎となっている。出演していれば実質的にこれがデビュー作となる。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ビデオ用作品[編集]

  • 大予言 復活の巨神 (1992年、東映ビデオ) - 津島美也子
  • 新・うれしはずかし物語3 天使のキスマーク (1992年、にっかつビデオ)

ディスコグラフィ[編集]

  • テレサ野田
ソファーのくぼみ (シングル、1977年12月、フォーライフ) 作詞/白石ありす、作曲/吉田拓郎
ラブ・カンバセーション (シングル、1978年5月、フォーライフ) 作詞/松本隆、作曲/吉田拓郎、編曲/馬飼野康二
トロピカル・ラブ (シングル、1979年5月、フォーライフ) 作詞/安井かずみ、作曲/加藤和彦
  • 西園寺たまき & HIP
ポイント・ゲッター (シングル、1981年、ビクター
進駐軍 (アルバム、1982年、ビクター)
  • テリーたまき
愛あなたがすべて

ほか

脚注[編集]

  1. ^ 「BonusColumn NHK少年ドラマシリーズ」『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房/イオン編、竹書房1995年11月30日、93頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9。