ディーオー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
D.O.
ジャンル アダルトゲーム
企業名 株式会社ディーオー
審査 ソフ倫
最新作 なないろ*クリップ 〜最後のステージ〜
2016年10月28日
公式サイト D.O.ホームページ
テンプレートを表示

株式会社ディーオー(D.O.)は、雄図グループの一員で、アダルトゲームの開発・販売を行っているメーカー。D.O.は「Digital Objet」の略。創業は1990年だが、それ以前も「アダルティン」のブランド名で1987年からソフトをリリースしており、アダルトゲーム業界でも老舗の部類に入る。田中ロミオ(当時は山田一)や水無神知宏が在籍していたことで有名。創業当時はまだコンピュータソフトウェア倫理機構もなく規制もゆるい時代で、CGにモザイクがかかったシーンでキーボードの"D"と"O"を押すとモザイクが外れる細工を施していたこともあった。

チャレンジ精神旺盛なブランドとして、音声入力に対応したり、不正コピー対策としてアクティベーションを導入するなどしている。

2006年10月20日に「続妖獣戦記 〜真説・砂塵の黙示録〜」を発売して以降、新作の発売はなく、2009年5月に株式会社コンテンツトラフィックに統合された。

2013年5月に活動を再開し、PlayStation3用ソフト「家族計画 Re:紡ぐ糸」の制作を発表した。

作品一覧[編集]

アダルティン時代[編集]

  • 1987年
    • 7月 - 「いけにえの街」
    • 7月 - 「ロリータバイオレンス」
  • 1988年
    • 4月
      • 「バニーちゃんのヒ・ミ・ツ」
      • 「ときめきスポーツギャル」
    • 5月 - 「少女303」
    • 10月 - 「ペンションストーリー 花の清里」
    • 「ときめきスポーツギャル2」
    • 「ときめきスポーツギャル3」

2000年まで(主な作品)[編集]

2001年[編集]

2002年[編集]

2003年[編集]

2004年[編集]

2006年[編集]

2014年[編集]

2016年[編集]

  • 10月28日 - 「なないろ*クリップ 〜最後のステージ〜」

関連人物[編集]