デニッシュ (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

デニッシュ日本お笑いコンビ2006年6月結成。山中企画を経てフリーとなり、2009年10月よりワタナベエンターテインメント所属。2010年5月10日をもって解散。

メンバー[編集]

埼玉県寄居町出身。身長169cm。東北生活文化大学 家政学部 卒業。
中学高校家庭科保健の教員免許を持っている[1]
デニッシュより前、高校時代の同級生とコンビを組んで活動していたが、このコンビは2年ほどで解散[1]
デニッシュ解散後、ピン芸人として活動。東京ポッド許可局TBSラジオ)に出演した際、家事の心得三か条(ゴミ捨て、座り小便、ありがとうの挨拶)などを話し、その場で番組パーソナリティのサンキュータツオらに「中村シュフ」の芸名を勧められ、以後中村シュフとして活動している[1]
妻は最初のコンビの相方の知り合いで、客の1人だった。デニッシュ時代は中村の自宅が稽古場代わりにもなったため、後の妻の自宅に身を寄せて当時から家事の一切を担っていた。2011年3月12日に挙式[2]。2015年時点で、2人(長女・次女)の子持ち[3]
岩手県盛岡市出身。身長167cm。東京NSC8期生。
解散後はピン芸人ミヤシタガクとして活動。2014年R-1ぐらんぷり決勝進出。同年よりタイタン預り、2015年正式所属。

略歴[編集]

単独ライブ[編集]

  • 2007年
    • 03月23日 - 「デニッシュ単独ライブ」(新宿Fu-
    • 05月26日 - 「デニッシュ単独ライブ vol.2」(新宿Fu-)
    • 07月29日 - 「デニッシュ単独ライブ vol.3」(新宿Fu-)

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

インターネット[編集]

著書[編集]

  • 主夫になってはじめてわかった主婦のこと(猿江商會)- 中村シュフ・著

連載[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『CIRCUS MAX』2015年8月号(KKベストセラーズ)「プチ鹿島の芸人人生劇場 中村シュフ」(46ページ)より
  2. ^ 「なぜ夫の家事は妻に嫌われるのか」 専業主夫芸人・中村シュフさんが語る"主婦業"のこと”. HUFFPOST LIFESTYLE JAPAN (2015年4月7日). 2015年7月18日閲覧。
  3. ^ 中村シュフの日刊『主夫の友』での自己紹介より。