デンジャラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
デンジャラス
DANGEROUS
メンバー ノッチ
安田和博
別名 アダモチャン
結成年 1988年
事務所 太田プロダクション
活動時期 1988年 -
出身 劇団東京ヴォードヴィルショー
出会い 劇団東京ヴォードヴィルショー
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 漫才ものまね
ネタ作成者 両者
過去の代表番組 ボキャブラ天国
同期 爆笑問題など
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

デンジャラス太田プロ所属のお笑いコンビである。

メンバー[編集]

ノッチ(本名:佐藤 望(さとう のぞむ))
1965年7月26日生まれ 愛媛県新居浜市出身 ボケ担当。血液型はA型。
安田和博(やすだ かずひろ)
1967年11月17日生まれ 東京都西多摩郡瑞穂町出身 ツッコミ担当。血液型はA型。

芸風[編集]

1990年代半ば、フジテレビのバラエティー番組『タモリのボキャブラ天国』で人気を博し、最近はアメリカ大統領バラク・オバマのモノマネで復活を遂げた。その名の通り、デンジャラス(危ない=危険)なキャラをノッチが演じ、まともであるはずの安田が巻き込まれていくというナンセンスな芸風。例えば「青春、青春、そりゃ売春!」とノッチがやると間髪入れずに「このバカタレが!」と安田が突っ込むというギャグなど。 とんねるずと共演の際、二人から「あんぜんび」(ミナトッチ、モリヤッチ)と呼ばれている。

経歴[編集]

1980年代後半 - 1990年代前半[編集]

劇団東京ヴォードヴィルショー劇団七曜日などの小劇団で芝居を覚え、1988年コンビ結成。1990年から本格的に活動する。
未だに若手芸人扱いされることもあるが、意外に芸歴は長く同期は爆笑問題などがいる。
結成当初は東京渋谷La・mamaでの「ラ・ママ新人コント大会」などを拠点にし、お笑い第三世代ブーム終盤には、期待の若手としてホンジャマカ、バカルディ(現:さまぁ〜ず)らと共にテレビやライブに出演、人気を博す。

1990年代[編集]

1990年代半ば、『タモリのボキャブラ天国』シリーズに出演。ノッチのキャラクターが改めて注目を集めた。両脇の下に手の平をかざし、あいさつする「ノッチです」が有名。

1995年4月からSBSラジオで放送された『デンジャラスのラジカルモンスター』にてパーソナリティーを担当。月〜金の帯番組であったが、彼らは水曜日を担当した。当時は知名度が低かったが、徐々に番組は静岡県内の中高生の注目を集め、ボキャブラ天国ブームも後押ししたことから大人気となった。番組内ではノッチが作詞作曲し歌う「ラブ〜虹のかけ橋」も誕生し、限定販売がされた。

1998年3月になるとラジカルモンスターが終了し、4月から新しい帯番組として『らじおの王様』がスタート。「デンジャラスのらじおの王様」としてリニューアルされ、2000年9月まで放送された。ゲスト出演が多かったのはX-GUNU-turn(解散)やノンキーズ(解散)などの『ボキャブラ天国』メンバー。

この頃、一時期、ノッチ人気に煽られ解散を考えたこともあったというが、「お互い傷つけ合うのはやめよう」と和解し、さらに絆を深めた。

ノッチはロケで訪れたアメリカの空港での入国手続きの際、「I am a Japanese comedian! I am dangerous!(私は、日本のコメディアンです!私は危険です!)」と発言し、取り押さえられたことがあるとのこと(土田晃之談)。

2000年代前半[編集]

ノッチがひとりで缶コーヒーのワンダ・モーニングショットのCMで所ジョージと共演するなど、デンジャラスとしての露出が少ないため、「やっぱり解散?」説も流れたが、2006年新春には『人気芸人100人大集合お笑い国盗りクイズ!!芸能界誰についてく?仁義なき派閥抗争特大スペシャル!』などいくつかのバラエティ番組に出演した。

2006年1月3日にフジテレビで放送された『イマだ!タレント再生工場 「ノムさん」』にノッチが出演した際には、『ラジカルモンスター』でパーソナリティーを担当し合った元大事MANブラザーズバンド立川俊之と同席であった。

同じ事務所の芸人との共演は多く、『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』の時には竜兵会メンバーである土田晃之とよく共演する(彼とはU-turn時代から共演が続いている)。

また、2006年5月からはインターネット放送GyaOにて、先述の竜兵会をベースとした番組『竜兵会』にデンジャラス両名がレギュラー出演しており、安田はコーナー進行、番組構成も務める。

2010年代[編集]

最近ではノッチがアメリカのバラク・オバマ大統領に少し似ていることから、オバマと、安田がそのSPに扮したネタを披露している。

少しとは言うものの、オバマ本人への突撃番組(大統領選挙期間)の際、演説の最中、オバマ自身から「お前はオバマだ」と指差しで「公認そっくりさん」にされたことは、その後、本人が本当に当選してしまっただけに、その稀にみるカリスマ的運の良さから、デンジャラス復活の伝説にさえなっている。また、再ブレイクと共に恐妻家キャラも確立し、妻と共にテレビ出演をする事もある。

一方、安田はコンビの「じゃない方」としてノッチとの大きな格差が生じ、不遇な扱いを受けていた。 が、最近は先輩であるダチョウ倶楽部上島竜兵のグダグダなトークを横でフォローしたり ついには、「上島がしゃべらんとすることを要約し、本人よりも上手く伝え」たり様々な形で上島を補佐し、「上島のブレーン」としてのキャラを確立しつつある。上島自身は「俺の座付き作家」などといったり、さまざまな番組でブレーンとして呼んでおいたりしている。また、相方のノッチがトークに弱いため、ノッチが言いたいことを上手く伝えたり、すべった時などにフォローする役目も担っている。 有吉の応援にかけつける役で最近ではサンデーナイト・ドリーマーに頻繁に出演するようになった。有吉のお気に入り先輩芸人は上島と安田となっている。

テレビ番組[編集]

映画[編集]