トクトコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
トクトコ
メンバー 徳富啓太
床並ヒトシ
結成年 1992年
解散年 2009年
事務所 吉本興業
活動時期 1992年 - 2009年
出身 NSC(吉本総合芸能学院)11期生
出会い 大阪府立寝屋川高等学校の同級生
旧コンビ名 徳富床並
トクトミトコナミ
現在の活動状況 解散、徳富が「デジタルケイタ」で活動中。
芸種 漫才
同期 陣内智則
ケンドーコバヤシ
たむらけんじ
中川家など
受賞歴
第24回 NHK上方漫才コンテスト 優秀賞
テンプレートを表示

トクトコは、かつて吉本興業に所属していたお笑い芸人の二人組。1992年4月コンビ結成。同年5月にデビュー。当初のコンビ名は漢字表記の「徳富床並」。しばらくしてカタカナ表記の「トクトミトコナミ」に改名した後、元々から略してトクトコと通称されていたが、2006年頃に正式名称が「トクトコ」となった。2009年9月、解散。

メンバー[編集]

コンビ解散、ピン芸人への転身をきっかけにデジタルケイタに改名。
大阪府寝屋川市出身。B型。身長182 cm。体重73 kg。
芸人活動の傍ら、ショットバーの店主もしている。
大阪府寝屋川市出身。A型。NSC(吉本総合芸能学院)11期生。
本名は床並和(読みは同じ)。

概要[編集]

  • ボケの徳富とツッコミの床並による正統派漫才コンビ。
  • 二人は高校時代の同級生ではあるが、徳富は高校2年の時に中退。床並の高校卒業を待ち二人で大阪NSCの願書を出す。
  • フルCGによる漫才を企画し、M1グランプリ初のCG作品による特別出場を果たした。審査の対象外ではあったが2回戦まで進んだ。このCG作品はデジタルハリウッド卒業生らが制作したもので、作品はデジタルコンテンツグランプリの「新しい才能の部 優秀賞」に見事輝いた(この賞は制作者に対して送られたものである)。
  • 2009年9月、解散。徳富啓太は「デジタルケイタ」に改名して、日本初のGeek芸人(IT芸人・デジタル芸人)としてピン芸人の道を歩むことになる。
  • 床並ヒトシは、吉本公式のラフブロにあったブログ更新を停止しており、芸人活動を廃業したと見られるが、親交の深い芸人による公演のフライヤーのデザインなどは続けており、業界からは完全に離れず活動を続けている。

受賞歴[編集]