トレイ・ムーア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
トレイ・ムーア
Trey Moore
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ヒューストン
生年月日 (1972-10-02) 1972年10月2日(44歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1994年 MLBドラフト2巡目
初出場 MLB / 1998年4月5日
NPB / 2002年3月30日
最終出場 MLB / 2001年7月15日
NPB / 2004年7月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

トレイ・ムーアWarren Neal "Trey" Moore III[1], 1972年10月2日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

アマチュア時代[編集]

テキサスA&M大学時代は投手だけでなく一塁手としても出場することがあった。1994年のMLBドラフト2巡目でシアトル・マリナーズに指名されて契約。

メジャー時代[編集]

1998年モントリオール・エクスポズメジャー初昇格。

2001年アトランタ・ブレーブスに移籍。翌年から阪神タイガースに入団することが決まった。

打撃に力を入れていた投手であり、大学時代には一塁手として先発出場もしていた。エクスポズに在籍していた1998年には代打として起用されたこともある(結果は三振)[2]

阪神時代[編集]

来日1年目の2002年先発ローテーション投手として27試合に登板し、規定投球回にも到達して10勝11敗、防御率3.33の成績を挙げた。

2003年5月17日読売ジャイアンツ戦(甲子園球場)では、木佐貫洋から決勝適時打を三遊間に放ち、投打で活躍した。また、オールスターゲームのファン投票では一塁手代表として多くの票が集まり、一塁手部門3位に入った[3]。この年は前年より調子を落とし、規定投球回を逃したものの2年連続となる10勝を挙げ、チームのリーグ優勝に貢献した。日本シリーズでは第3戦と7戦に先発した。第3戦は和田毅からチーム初安打を放った。本業のピッチングでは勝ち投手にならなかったものの7回1失点と好投した。しかし、第7戦は3回5失点と打ち込まれ、敗戦投手となってしまい日本一を逃した。同年オフに阪神を退団。

オリックス時代[編集]

2004年は2年連続二桁勝利の実績を買われ、投手陣が弱点だったオリックス・ブルーウェーブに移籍。阪神での優勝経験があることから救世主になり得る存在になるかと思われたが、6勝しか挙げられず防御率も6点台と不振で16試合の登板に終わりチーム防御率5.65に足並みを揃える成績しか残せず、この年もチームは最下位に終わってしまった。同年オフに大阪近鉄バファローズと合併することに伴い解雇された。

引退後[編集]

現役引退後は地元テキサスで野球教室のコーチとしてピッチングとバッティングを教えている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1998 MON 13 11 0 0 0 2 5 0 -- .286 277 61.0 78 5 17 3 1 35 2 0 37 34 5.02 1.56
2000 8 8 0 0 0 1 5 0 0 .167 178 35.1 55 7 21 1 4 24 1 1 31 26 6.62 2.15
2001 ATL 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 21 4.0 7 0 2 0 0 1 1 0 5 5 11.25 2.25
2002 阪神 27 27 4 2 0 10 11 0 -- .476 760 181.1 165 19 60 2 7 116 7 0 76 67 3.33 1.24
2003 21 20 1 1 0 10 6 0 -- .625 493 111.2 122 7 39 1 5 94 3 0 59 54 4.35 1.44
2004 オリックス 16 16 1 0 0 6 6 0 -- .500 409 83.2 105 12 57 1 8 63 4 0 68 58 6.24 1.94
MLB:3年 23 19 0 0 0 3 10 0 0 .231 476 100.1 140 12 40 4 5 60 4 1 73 65 5.83 1.79
NPB:3年 64 63 6 3 0 26 23 0 -- .531 1662 376.2 392 38 156 4 20 273 14 0 203 179 4.28 1.45

通算打撃成績[編集]

MLB
  • 23試合、打率.231、26打数6安打0打点
NPB
  • 48試合、打率.295、105打数31安打11打点
※試合数は打席に立たなかったオリックス時代を除く

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

MLB投手記録
NPB投手記録
NPB打撃記録
  • 初打席・初安打:2002年3月30日、対読売ジャイアンツ1回戦(東京ドーム)、3回表に工藤公康から右前安打
  • 初打点:2002年4月20日、対読売ジャイアンツ4回戦(阪神甲子園球場)、6回裏に西山一宇から右前適時打
NPBその他の記録

背番号[編集]

  • 29 (1998年)
  • 50 (2001年)
  • 17 (2002年 - 2003年)
  • 49 (2004年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.thebaseballcube.com/players/M/Trey-Moore.shtml
  2. ^ 週刊ベースボール、2003年5月5日号、P.50-53
  3. ^ 2003年度サンヨーオールスターゲーム ファン投票結果日本野球機構オフィシャルサイト 2015年1月5日閲覧。
  4. ^ :やきゅう数語録セントラル・リーグ公式サイト 2015年1月5日閲覧。

関連項目[編集]