トレンディエンジェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
トレンディエンジェル
TRENDY ANGEL
メンバー 斎藤司
たかし
別名 トレエン
結成年 2004年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2004年 -
出身 NSC東京校10期
出会い NSC東京校
芸種 漫才
ネタ作成者 両者
同期 オリエンタルラジオ
フルーツポンチ
はんにゃ
公式サイト プロフィール
受賞歴
2013年 オンバト+第3代チャンピオン
2014年 THE MANZAI準優勝
2015年 M-1グランプリ優勝
テンプレートを表示

トレンディエンジェルは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビ。コンビ2名とも若ハゲという自らの容姿を直球勝負で生かしたネタを中心に2013年オンバト+第3代チャンピオン、2014年THE MANZAI準優勝、2015年M-1グランプリ王者。ライバルはダウンタウン浜田雅功。略称は「トレエン」。

メンバー[編集]

斎藤司(さいとう つかさ、1979年2月15日 - )ボケ担当。

  • 愛称は「つーおじさん」「斎藤さん」。
  • 舞台衣装はノーネクタイのスーツ姿。まれにネクタイをつける。
  • 神奈川県横浜市出身(生まれは東京都町田市
  • 血液型はAB型、身長172cm。
  • 弟妹が一人ずついる。
  • 日本大学商学部商業学科卒業後、アルバイト社員として楽天に入社。主に法人部門の営業マンとして勤務していた[1]。勤務態度と営業成績が良かったため上司から正社員へなるよう勧めを受けるも、お笑いへの思いが強く、この勧めを断っている[2]。楽天時代、同時期に部署こそ違うがGREEの創業者田中良和と同僚だった[3]
  • ダンス、ファッションに興味を持っている[4]
  • GACKT河村隆一堂本剛hyde桑田佳祐などの歌唱ものまねを得意としている。
  • 母親は高校生の時に乳癌で他界し、以後は父親の手によって育てられた[5]
  • 2016年春からポメラニアン(オス。名は虎太郎)を飼い始めた[6]

たかし(1986-01-30) 1986年1月30日(31歳) - ) ツッコミ担当。

芸風[編集]

漫才

主に漫才。つかみは斎藤がたかしに「お兄さん、トレンディだね」と肩を叩きながら呼びかけ、2人で「うん、トレンディエンジェル!」と合唱して互いの体を交差させながら、それぞれ片手を水平に胸の前にかざす決めポーズ[10]。その後、たかしがネタの入り前に同い年の有名人を挙げる[11]自己紹介、斎藤がそれに絡んだ自己紹介をする。

たかしのふりを受け、斎藤が「誰だと思ってんだオマエ、斎藤さんだぞ?」とスーツの上着の前を開く仕草をしながらセクシーボイスで自らを誇示する。[12]

斎藤の「ペッ」は、イケメンキャラを崩して発声する。

デビュー当初は、漫才と並行して、普通のコントも行っていたが、大谷ノブ彦ダイノジ)に「お前なんでハゲてんのに、ハゲを活かしたネタをやらないんだ」と言われ、「ハゲで笑いを取るような時代じゃないと思ってます」と答えたところ、「まずそれを処理しないと、お客さんが困惑するだろ」と助言された。そこからハゲネタをやり始めるようになった[1]

ネタ作りは両者でボケを出し合いながら行う[13]

ハゲラップ

ハゲをネタにすることが多い[12]ラップ形式でリズムを刻みながら、お互い髪が薄いことをネタにするハゲラッチョという持ち芸もある[14][15]。このネタは『エンタの神様』で「ハゲラップ」という名称がついた[16]。格言、明言をハゲネタにパロディ化することもある[11]

交友関係[編集]

プライベート[編集]

ichi Kis-My-Ft PE!(イチキスマイフット ペッ!)
  • Kis-My-Ft2へのリスペクトから生まれたユニット。
  • メンバーは、斎藤司(トレンディエンジェル)、一木陵平(ハンマミーヤ)、細野哲平(ありがとう)、しいはしジャスタウェイ(御茶ノ水男子)、ヤジマリー。(スカチャン)、きょん(ラフレクラン)、光永の7人[20]
  • 「やらせてもらってるからには、中途半端なものはできない」という意気込みの元、活動している[21]
ウォーターメロンボーイズ
  • 2014年9月1日の、ディズニーランドにて、総勢21人のおじさんがスイカの色合いをした服装で園内を練り歩き、お客さんを盛り上げた[22]

賞レース[編集]

  • 2004年 M-1グランプリ 2回戦進出
  • 2005年 M-1グランプリ 2回戦進出
  • 2006年 M-1グランプリ 3回戦進出
  • 2007年 M-1グランプリ 3回戦進出
  • 2008年 M-1グランプリ 準決勝進出
  • 2009年 M-1グランプリ 準々決勝進出
  • 2011年 THE MANZAI ワイルドカード決定戦進出
  • 2012年 THE MANZAI 決勝Bブロック3位
  • 2013年 オンバト+第3回チャンピオン大会優勝(3代目チャンピオン)
  • 2013年 THE MANZAI 認定漫才師 ※ワラテンテストプレーヤー抜擢
  • 2014年 THE MANZAI 決勝Bブロック1位・最終決戦2位
    • THE MANZAI 2014決勝で見せたネタは、一度も観客の前で試したことのない全くの新ネタであった[23]
    • 新ネタを決勝でいきなり披露した事について、ジャングルポケット斎藤は「普通の人はそんなこと出来ない」と語っている(2014年12月18日よしログにて)[24]
    • 過去4回のTHE MANZAI決勝の最終決戦に上がったコンビの中で最も「芸歴」が短いコンビである。またツッコミ担当のたかし(28歳)はその中でも最年少の芸人。
    • トレンディエンジェルの優勝予想ランキングは33位/50組、サーキットランキング決勝進出者11位/11組。
    • トレンディエンジェルが勝ち上がった決勝Bブロックはサーキットランキング1位の学天即、2位の囲碁将棋、3位の馬鹿よ貴方はが集まったため「死のグループ」と呼ばれていた(なお、前年である2013年のサーキットランキング上位3組は1位のウーマンラッシュアワーがBブロック、2位の千鳥がAブロック、3位の東京ダイナマイトがCブロックと分かれていた)。
  • 2015年 M-1グランプリ 優勝(決勝2位・敗者復活枠)※敗者復活枠からの優勝はサンドウィッチマン以来史上2回目でノーシードからの優勝は初。
    • 「オンバト+」と「M-1グランプリ」の両方で優勝した唯一の芸人となった[25]

受賞[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

過去の出演番組[編集]

バラエティ[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

  • トレンディエンジェルのPePePeラジオ(2016年1月 - 、文化放送) - パーソナリティ [28]

CM[編集]

ライブ・舞台[編集]

  • LIVE STAND
  • 神保町花月公演
    • スターの光! (2007年8月11日 - 8月17日)
    • 難民先生! (2008年4月30日 - 5月6日)
    • TRNDY ANGEL WORLD TOUR "JAPeeeeeN!!"(2016年4月29日 - 8月14日)

テレビアニメ[編集]

書籍[編集]

  • 日めくりカレンダー「まいにち、ハゲラッチョ! 〜コンプレックスがキミの武器になる〜」(2016年4月8日、ヨシモトブックス)[33]

CD[編集]

  • 耳で感じる斎藤さんだぞ 〜女は耳で恋に落ちる〜(2016年6月17日、よしもとアール・アンド・シー)[34]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 参考:2008年10月20日付サンケイスポーツ芸能面『次は任せなさい お笑いニューヒーロー』
  2. ^ あいつ今何してる?」テレビ朝日系列、2016年1月20日放送回
  3. ^ 2012年1月17日斎藤司ブログ『GREEやりすぎ』』
  4. ^ よしもと公式サイト
  5. ^ Sponichi Annex 2016年9月10日「トレエン斎藤、17歳で母が死去 戸惑った父との距離感と送られてきた5万円」(2016年9月10日閲覧)
  6. ^ 2016年10月31日放送、フジテレビ「しあわせが一番」に愛犬と出演。
  7. ^ THE MANZAIで注目”若ハゲ”コンビはいつからハゲたのか(芸能) - 女性自身[光文社女性週刊誌]
  8. ^ [1],goo
  9. ^ [2],goo
  10. ^ このポーズは、チェキッ娘内のユニット『リトルマーメイド』(矢作美樹町田恵)の「リトルマーメイドで〜す!」と言う時の振りに須藤がヒントを得て始めたものだという 2008年10月20日付サンケイスポーツ芸能面『次は任せなさい お笑いニューヒーロー』
  11. ^ a b THE MANZAIで注目”若ハゲ”コンビはいつからハゲたのか【トレンディエンジェル】”. 女性自身 (2013年1月27日). 2015年5月16日閲覧。
  12. ^ a b たかしに「斎藤さん? 江頭さん(杉田玄白の場合もあり)じゃないの?」と返され、真似をすることもある。トレンディエンジェル単独ライブ『ルミネthe(*σ´ω`*)σぺ!』 よしもとニュースセンター 2014年12月25日
  13. ^ トレンディエンジェルインタビュー お笑いナタリー
  14. ^ エンタの神様 番組ホームページ「トレンディエンジェル(プロフィール)」
  15. ^ 第30回新里まつり(桐生市新里商工会)
  16. ^ エンタの神様 番組ホームページ「トレンディエンジェル」より。
  17. ^ バイク川崎バイク BKBbunbunのツイート (527062134262226944) 2014年10月28日
  18. ^ アントニー(マテンロウhsa199029のツイート (551993407166357504) 2015年1月4日
  19. ^ 村本、NSC説明会で熱弁「恨みと復讐が夢への第一歩」 お笑いナタリー 2014年1月27日
  20. ^ お笑い芸人によるマジ歌イベント「ブロッキンジャパン2013冬」ライブレポート☆ 2013年12月27日(2014年12月30日閲覧)
  21. ^ トレンディエンジェル斉藤の「お兄さん、トレンディだね!」 2013年9月1日(2014年12月30日閲覧)
  22. ^ 今日は北海道 斉藤ブログ 2014年9月3日
  23. ^ 高山雄次郎 takayamayujirouのツイート (544181891906011138) 2014年12月14日
  24. ^ よしログ THE MANZAI優勝後に大吉が華丸に送ったメールに芸人が感動! GyaO
  25. ^ 但し、「オンバト+」の前に放送されていた「爆笑オンエアバトル」と「M-1グランプリ」で優勝したアンタッチャブルNON STYLEを含めると史上3組目となる。
  26. ^ ““今年もっとも活躍した男”トレエンがこの1年を回想「ペッという間でした」”. お笑いナタリー. (2016年11月21日). http://natalie.mu/owarai/news/210241 2016年11月22日閲覧。 
  27. ^ トレンディエンジェル ドラマ初出演に自信?「小栗旬に近づけた」”. スポニチアネックス (2015年12月22日). 2015年12月22日閲覧。
  28. ^ トレンディエンジェル、文化放送の初冠レギュラーに「カッコよさ出したい」”. お笑いナタリー (2015年12月28日). 2015年12月28日閲覧。
  29. ^ “グラブったトレンディエンジェルCMで松重豊と共演”. 日刊スポーツ. (2015年12月25日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1583515.html 2015年12月25日閲覧。 
  30. ^ “トレンディエンジェル M−1副賞のユニクロCMに出演 ニットキャップで「イケメンに」!?”. 毎日新聞. (2015年12月24日). http://mainichi.jp/articles/20151224/dyo/00m/200/024000c 2016年1月4日閲覧。 
  31. ^ “トレンディエンジェルたかしが上司役、ボートレースCMで部下斎藤にパワハラ”. お笑いナタリー. (2016年7月1日). http://natalie.mu/owarai/news/192863 2016年7月1日閲覧。 
  32. ^ 「Simeji」新CM発表!独特過ぎる世界観!トレンディエンジェル斎藤さんが華麗に演じる「Simejiさん」新CM斎藤さんの決めゼリフ、「Simejiさんだぞ」と共に起こる“まさか”のラストに注目!”. オリコン (2016年7月13日). 2016年8月29日閲覧。
  33. ^ “トレンディエンジェルにファンがハゲドンッ!斎藤「芸人は大変な仕事」”. お笑いナタリー. (2016年4月7日). http://natalie.mu/owarai/news/182731 2016年4月8日閲覧。 
  34. ^ “トレエン斎藤が子宮に愛を囁くシチュエーションCD発売、たかしとのBLも”. お笑いナタリー. (2016年5月27日). http://natalie.mu/owarai/news/188132 2016年5月27日閲覧。