ナンシー・チェニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ナンシー・チェニー1957年9月18日 - )は、日本の元モデル、女優。上智大学国際学部卒(1980年)[1]

略歴[編集]

父がアメリカ人、母が日本人アメリカカリフォルニア州出身。アメリカ・ユタ州出身[1]。日本での生活が長く、華道茶道も嗜んだ。

上智大学のミス・ソフィアコンテストで準優勝している。大学在学中の1977年頃に、滞在先のハワイで日本の芸能関係者にスカウトされ、モデル・タレントとして芸能活動を開始した。1980年秋からキャロライン洋子の後任として『びっくり日本新記録』の6代目女性司会者となる[1]。脚が長くスタイル抜群の容姿から週刊プレイボーイ平凡パンチなどの表紙やグラビアも多数飾る。日本テレビ系列で放映されたドラマ『探偵物語』へのレギュラー出演でも人気を得たが、芸能活動は短期間で終えている。

アジア最大の財閥タイガーバームの3代目総裁・胡一虎の次男と結婚するが、のちに離婚。

現在は、英語などを教えながら、ビジネスの経験を生かしたセミナー等も行っている。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 戒厳令の夜(1980年、白夜プロ・東宝)
  • 甦る優作「探偵物語」特別編(1998年、セントラルアーツ)

CM[編集]

その他[編集]

  • モデル活動初期には「ナンシー」「ナンシー・チェイニー」名義で活動している時期もあった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c サンデー毎日、1980年10月5日号、p147

関連項目[編集]