ニュースセンター9時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ニュースセンター9時
ジャンル 報道番組
放送時間 平日 21:00 - 21:40(40分)
放送期間 1974年4月 - 1988年3月
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本放送協会(NHK)
出演者 磯村尚徳
勝部領樹
末常尚志
小浜維人
木村太郎
宮崎緑
ほか
出演者を参照)
オープニング 当該項参照
テンプレートを表示

ニュースセンター9時』(ニュースセンターくじ)は、1974年4月から1988年3月まで平日 21:00 - 21:40 (JST、開始以来不変)にNHK総合テレビで放送された報道番組

後期では、英語の『NEWS CENTER 9』の頭文字から引用した『NC9』(エヌ・シー・ナイン)という略称が広く浸透した。

概要[編集]

平日午後9時からの40分間という、民放各局がバラエティドラマなどを放送するゴールデンタイムの時間帯に、あえて今日一日を振り返る番組として、1974年4月に放送を開始した。

CT-510スタジオは、この番組を基本にセットが改められたことにより、同じスタジオを使用していた他の番組(『きょうのスポーツとニュース』、『NHKニュースワイド』、『サンデースポーツスペシャル』など)でも、同じセットで番組が放送されており、この番組が終了するまでそのスタイルは継続された。

木村・宮崎両キャスターのイメージや得意分野を活かし、分野ごとにどちらが伝えるかを決めていた。科学技術分野は理系の宮崎が伝える、という格好だが、木村もコンピューターテクノロジーに詳しい。

1988年4月の改編で番組が終了し、平野次郎をメイン司会者に据えた『NHKニュースTODAY』にそのバトンを渡した。 --> 当番組は祝日や年末年始(概ね12月29日から1月3日)は番組を休止し、代替として10分程度の『NHKニュース』を放送していた。また、重大なニュースがあった場合には「ニュースセンター特集」と題して放送時間を拡大する場合があった[1]

歴代キャスター[編集]

期間 メインキャスター スポーツ 天気
月 - 水 木・金
1974.4 1976.3 磯村尚徳 福島幸雄 森田由紀子
1976.4 1977.3 斎藤恵子
1977.4 1978.3 勝部領樹
末常尚志
若月純子
1978.4 1979.3 古川小夜子
1979.4 1980.3 小浜維人 羽佐間正雄 野田和美
1980.3 1981.3 友杉祐子
1981.4 1982.3 草野仁
1982.4 1983.3 木村太郎
宮崎緑
(不在)
1983.4 1984.3 (不在)
1984.4 1985.3 倉嶋厚
1985.4 1988.3 倉嶋厚 山下洋

オープニングタイトル[編集]

ロゴに「9」の字を使用していた時期が長く、そのため「子供の寝る時間」の象徴的に当番組(のオープニング)を利用した世帯もあった。

初期から中期にかけては20時59分55秒からオープニング映像が始まっていた。秒付きアナログ時計が9時を差すためか、この時までは正午のニュース・夜7時のニュース同様時報スーパーの番組冒頭の10秒表示がなかった。

  • 1974年(昭和49年)4月1日 -
    午後9時を示すアナログ時計がブラックバックで映し出され、時報(通常の時報とは異なり、ピアノの重厚な音を使用)と同時にスタジオ副調整室の生放送の映像に切り替わり、一文字ずつ「ニュースセンター」と表示され、9の文字は7セグメントデジタル風に大写し。その横に「時」と表示された後、その日のヘッドラインの写真を写した。
  • - 1977年(昭和52年)3月
    音楽:大野雄二 - 大野の曲は2代目。前述の番組スタート時のテーマ曲はすぐに差し替えられた。
    9の文字をかたどったセット。上の空洞部分にアナログ時計があり午後9時を指そうとする。そして9時になるとカメラを引いて、セットに併記してあった「ニュースセンター9時(9はセットをそのまま使った)」の題名を表示。更にその空洞部分の時計がアップになりクロマキーでその日のトップ項目(あるいは注目ニュースヘッドライン、または収録スタジオの風景)の映像が写された。
  • 1977年(昭和52年)4月 - 1978年(昭和53年)3月
    音楽:三枝成彰
    9の文字をかたどったセットであるが、背景が若干変わっている。上の空洞部分にアナログ時計があり午後9時を指そうとする。そして9時になるとカメラを引いて、セットの全体が映し出されテロップで「ニュースセンター9時」の題名を表示。更にその空洞部分の時計がアップになりクロマキーでその日のトップ項目(あるいは注目ニュースヘッドライン、または収録スタジオの風景)の映像が写された。
  • 1978年(昭和53年)4月 - 1979年(昭和54年)3月
    2・3代目と同じく9の文字をかたどったセット。上の空洞部分にアナログ時計があり午後9時を指そうとする。そして9時になるとテロップで「ニュースセンター9時」と表示され、時計がアップになるとクロマキーでその日のトップ項目(あるいは注目ニュースヘッドライン、または収録スタジオの風景)の映像が写された。
  • 1979年(昭和54年)4月 -
    音楽:Jet Pluse(柏木玲子(電子オルガン))
    ブラックバックにスキャニメイトを使用したアニメーション。9時になった時点で「NC9」のオレンジ文字群が画面左上にあるブラックホールから回転して登場。最終的にデジタル調青縁取りの「9」の文字が右に大きく写った後にデジタル調オレンジ縁取り文字の「ニュースセンター」「時」が付け加えられ「ニュースセンター9時」タイトルが完成。その後ヘッドライン2 - 3項目の後、スタジオ全景をバックに放送日のテロップを出し、そして司会者の挨拶でニュースが始まる。
  • - 1982年(昭和57年)3月
    テロップを活用したアニメーション。バックは紺色。アナログ時計が9時を示す様子を再現し、それを9の文字で包み込むように小さくなり、略称「NC9」がオレンジ→白で表示される。その後、「NC9」の文字が残像を描きながら画面中央にいったん倒れた後、「ニュースセンター9時」の文字が画面中央から反転して登場し、白→オレンジの文字で残像を描きながら画面下に写される。
  • 1982年(昭和57年)4月 - 1983年(昭和58年)3月
    コンピュータグラフィックス。紺色のバックで、「NC9」のロゴが手前から奥に光を発しながら登場。その後「9」だけを残し、バックが黒くなってオレンジの立体ロゴが手前から現れ、最後に「ニュースセンター9時」として表示される。
  • 1983年(昭和58年)4月 - 1988年(昭和63年)4月1日
    音楽:喜多郎
    コンピュータグラフィックス。正式番組名「ニュースセンター9時」の字幕は一切出ず、まず「NC9」の文字を紺色バック・金色文字で写し、Cのところが玉のようなものになっている。その後青緑色に変わりNは内側、9は外側に倒れ、9のところから玉がアップになり、水溜りのような視覚を見せた後再び「NC9」の文字がズームアップされ、最後に紺色の水晶玉に「NC9」、さらに外側にこれを逆さまにしたタイトルが出る。
  • エンドカードには他の時間帯のような1枚画(1982年頃まで)を使わず、スタジオの様子(日によってお天気カメラ)を映しながらのテロップ出しを用いていた。
    • 初期は画面右上「ニュースセンター9時」、右下「終 NHK」
    • 中期は画面下に「ニュースセンター9時 終」(局名クレジットなし)
    • 後期は画面右下に「NC9 終」(同上)

備考[編集]

参考文献[編集]

  • 嶌信彦 『ニュースキャスターたちの24時間』講談社〈講談社+α文庫〉、1999年、78頁-94頁、99頁-100頁 ISBN 4-06-256317-7

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修部 『NHK年鑑'82』 日本放送出版協会、1982年、106頁。 
NHK総合テレビ 平日午後9時のニュース
前番組 番組名 次番組
ニュースセンター9時
(1974年4月 - 1988年3月)
NHKニュースTODAY
※21:00 - 22:20

※21:00 - 22:00