ハイジャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ハイジャック英語: hijack、hijacking)とは、武器による脅迫などの暴力的手段によって交通機関航空機鉄道船舶バスなど)を乗っ取り、占拠する行為。特に、航空機への行為に用いられることが多い。

セッションハイジャックなど交通手段以外でも不正に何かを乗っ取ることも慣用句的にハイジャックと呼ばれる。また、「メディアジャック」など非暴力・合法的な手段で対象を占拠した場合も比喩的に呼ばれる。

目的[編集]

ハイジャックの目的は様々で、亡命刑務所で服役している仲間(政治犯テロリストなど)の釈放、テロリズム身代金人質行為)など意図が明確なものから、乗り物自体に対する異常な興味や精神的錯乱、テロに便乗した模倣犯といったものにまで及ぶ。

1931年に初の航空機ハイジャックが起きて以降、1940年代後半から1950年代後半はいわゆる東側諸国において西側諸国への亡命を目的としたハイジャックが多発した。1960年代後半から1980年代前半にかけてはPFLP日本赤軍バーダー・マインホフ・グループなどの極左過激派によるハイジャックが頻繁に起きるようになった。また、アメリカ合衆国では犯罪者などがキューバ行きを要求する通称「キューバ急行」が多発していた。近年ではイスラム過激派によるアメリカ同時多発テロ事件におけるハイジャックのように、政治的要求をするのではなく、テロ実行の手段としたハイジャックも行われている。

語源[編集]

1920年代のアメリカで、駅馬車や自動車、列車等を乗っ取り、その貨物を強奪する行為として用いられるようになったのが起源とされる。語源についてはは諸説あるが、有名なものは以下のとおり。

  • 強盗が駅馬車の御者を呼び止める時に「Hi, Jack!(おい、お前)」と声をかけた事から成立したとする説。
  • 「(昔公道に乗馬で現れた)追いはぎ、辻強盗」を意味する「highwayman」と強盗犯を意味する「jacker」を組み合わせた「hijacker」の逆成とする説。
  • 強盗の「Stick'em up high, Jack(手を高く上げろ)」という文句から成立したとする説。

したがって、原語においては種類に関わらず乗り物を乗っ取る行為は基本的に「ハイジャック」と表現する。航空機乗っ取りに関しては「aircraft hijacking」、「air(craft) piracy」などと表現することが多く、小説『スカイジャック』が発表されて以降は「スカイジャック(skyjack)」という用法も生まれている。日本においては「jack」を「乗っ取り」の意味として捉え、「バスジャック」「電波ジャック」「番組ジャック」など多数の「○○ジャック」という和製英語が生まれることになった。ただし、英語圏においても自動車乗っ取りを「カージャック(carjacking)」、海上での乗っ取り行為(Maritime hijacking)を稀に「シージャック(seajacking)」と表記する例も見られる[1]

英語圏では、ジャック という名前が男性の一般的な略称であるため、ロサンゼルス国際空港のように、「Hi, Jack」(ハイ、ジャック)あるいは「Hey, Jack」(ヘイ、ジャック)と挨拶することは避け、不意の混乱を起こさないように呼びかけている場所もある。[要出典]

主なハイジャック事件の一覧[編集]

1970年代以前[編集]

ペルーでアメリカ合衆国籍(パンナム機)の郵便飛行機が、同国の反政府グループが宣伝ビラを撒く為にハイジャックされた。世界初の航空機ハイジャックとされる。
マカオから香港に向かう航空機がハイジャックされたが、犯行グループが誤って操縦士を射殺したため墜落し、犯人以外全員が死亡。
チェコ航空DC-3がハイジャックされ西ドイツに着陸。犯行グループ4人による亡命であったが、乗客2人も便乗して亡命。
北朝鮮工作員によるハイジャック事件。
ナショナル航空337便(コンベア440)がハイジャックされ、キューバに向かうように要求。アメリカで初めて成功したハイジャック事件である。犯人は14年後に逮捕されたが、法の不遡及の原則により当時は未制定だったハイジャック罪ではなく誘拐罪などにより懲役20年が言い渡された。
ノースウエスト航空ボーイング727がハイジャックされキューバへ。着陸した空港が狭かったという事情で乗客はDC-7で帰国し、ハイジャック機は回送便として帰還した。
ロンドンローマ経由テルアビブ行きの426便がローマを離陸した直後にPFLPのテロリストにハイジャックされ、アルジェに向った。
ローマ発アテネ行きのトランス・ワールド航空840便がPFLPのテロリストにハイジャックされた。
トランス・ワールド航空ボーイング707がアメリカ西海岸上空で、海兵隊員にハイジャックされた。ピストルを突きつけ、まずはコロラド州デンバーへ着陸。その後、大陸を横断してジョン・F・ケネディ国際空港へ向かった。ここでFBIが機内突入を試みるが、犯人の脅迫により中止。その後国際線の機長を要求し、大西洋を超えてローマへ飛行。犯人は着陸後にようやく逮捕されたが、総距離11,095キロを飛行し、ハイジャックの最長飛行記録となった。
大韓航空YS-11江陵を離陸後ハイジャックされ、犯人が北朝鮮に向かうように要求。その後同国に着陸し、乗客乗員11名と機体はそのまま抑留され、現在に至るまで帰還していない。

1970年代[編集]

トランス・ワールド航空ボーイング707スイス航空DC-8エル・アル航空のボーイング707、パンナム航空ボーイング747の計4機の旅客機がPFLPのテロリストによって同時にハイジャックされ、収監されている同志の釈放を要求した。同乗していた私服警備員が銃撃戦の末犯人を射殺、拘束したエル・アル機と、機体の問題で着陸できなかったパンナム機以外の2機が、ヨルダンの砂漠にある空軍基地跡に強制着陸させられ、その直後にBOACビッカース VC-10もハイジャックされ、同地に着陸させられた。交渉の末全ての乗客が解放された後、示威行為のため3機の旅客機は爆破された。女性がハイジャック実行犯に含まれていた稀有な例である。
ハイジャックでは珍しい身代金を要求。犯人は飛行中の旅客機からパラシュートで脱出し以後消息不明、未解決事件となった。
ブリュッセルテルアビブに向っていたサベナ航空機がハイジャックされ、イスラエルの特殊部隊が制圧に成功した。
「被占領地の息子たち」と自称するパレスチナゲリラと日本赤軍の混成部隊が、アムステルダム羽田行きの日本航空ボーイング747をハイジャックし、リビアベニナ空港に着陸。人質を解放後同機を爆破し、犯人はリビア政府の黙認の元逃亡した。
テルアビブからパリに向かったエールフランス航空139便がPFLPとバーダー・マインホフの混成グループにハイジャックされ、リビアのベンガジを経由し、ユダヤ人以外の人質を釈放した後にウガンダエンテベ国際空港に着陸。同国の独裁者であるイディ・アミン大統領はPFLPを支持し、人質103名を空港ターミナル内に押し込めた。7月3日深夜、イスラエルの特殊部隊は人質を救出すべく救出作戦を決行。人質2名と強襲部隊指揮官のネタニヤフ中佐(後のイスラエル首相ベンヤミン・ネタニヤフの兄)が死亡したものの、そのほとんどを助け出した。この電撃作戦は3社で映画化され(「エンテベの勝利」「特攻サンダーボルト作戦」「サンダーボルト救出作戦」)世界中で物議を醸した。
スペインマリョルカ島パルマ・デ・マリョルカフランクフルト・アム・マイン行きのルフトハンザ航空181便(ボーイング737)が黒い九月を名乗るドイツ赤軍(バーダー・マインホフ)とPFLPの混成グループにハイジャックされ、ソマリアモガディシオに着陸させられたが、10月17日ミュンヘンオリンピック事件をきっかけに設立された西ドイツの対テロ特殊部隊である第9国境警備群が急襲し人質全員を解放した。

1980年代[編集]

瀋陽上海行き中国民航トライデントTr-2E(B-296)が6名の武装グループにハイジャックされ、通信士と航法士が銃撃され負傷。大韓民国春川市在韓アメリカ軍基地に緊急着陸。その後犯人はアメリカへの亡命を求め投降、逮捕された。後にソウル地方裁判所で懲役2年から6年の実刑判決を受けたが、1984年8月13日に当時国交のあった台湾へ亡命した。当時外交関係がなかった中韓両国が事後処理で朝鮮戦争後初の直接交渉を行った。なお犯行グループは「反共義士」として報奨金を受け取ったが、首謀者は後に誘拐殺人事件を引き起こし、2001年に死刑になった。
中国民航の上海行きIl-18が5人組にハイジャックされ、機内で爆弾を爆発、負傷者を出したものの無事に着陸。犯行グループは逮捕され翌月全員死刑となった。公表されているものとしては中国で最初のハイジャック事件。
アテネからローマへ向かったトランス・ワールド航空847便(ボーイング727)が、地中海上空を飛行中にイスラム過激派を名乗る2人組にハイジャックされ、アメリカ人乗客が1名射殺される。その後、アメリカ政府はこの事件の報復としてリビアの指導者であるムアンマル・アル=カッザーフィーの自宅を爆撃、娘を含む親類や側近数名を殺害した。
アテネ発カイロ行きのエジプト航空648便が国際テロ組織「アブ・ニダル」にハイジャックされ、リビアに向かうよう要求。目的は、中東問題に対するエジプト政府の姿勢に抗議するためであったが、燃料が不足していたためハイジャック機はマルタに緊急着陸した。着陸後主犯格のオマル・レザックは乗客3人を射殺した。事件発生から25時間後にエジプトの特殊部隊が強行突入し、犯人との銃撃戦の末奪還したが、乗客56名が死亡した。犯人3人のうち2人は死亡、主犯格のレザックは重傷で発見された。彼はマルタでの裁判で懲役25年の判決を言い渡されたが、服役7年後に恩赦が行われ釈放された。しかしFBIICPOの協力を得、レザックをナイジェリアで拘束した。現在、彼はアメリカ国内で終身刑に服している。
カラチの空港で、パンアメリカン航空73便がアブ・ニダルにハイジャックされ、同国軍部隊との銃撃戦などにより、乗客・乗員20人が死亡[2][3][4]
北京発上海経由ニューヨーク行きの中国国際航空公司CA981便(ボーイング747)が上海に向かう途中ハイジャックされ日本に着陸。犯人は政治犯を主張したが、中国に引き渡され刑事犯として懲役8年が確定。

1990年代[編集]

中華人民共和国福州広州行きの中国南方航空機がハイジャックされ、その後同機は犯人の指示通りに台北に着陸、犯人は投降し公安当局に拘束された。亡命が目的と思われる。
アルジェリアオルリー空港行きのエールフランス機が武装イスラム集団にハイジャックされ、GIGNが人質を救出した。
アディスアベバアビジャン行きのエチオピア航空機がハイジャックされ、犯人グループが到達不可能なオーストラリア行きを要求、途中のコモロで燃料切れにより墜落、乗員乗客123名が死亡した。犯人グループも死亡したため、何故そのような無理な要求をしたかは謎となった。

2000年代[編集]

アレクサンドリアカイロ行きのエジプト航空181便がエジプト人の男にハイジャックされ、キプロスラルナカ国際空港に着陸。犯人は元妻との面会を要求したが逮捕され、乗客乗員は全員解放された。

日本におけるハイジャック[編集]

日本においては、特に1970年3月31日の赤軍派によるよど号ハイジャック事件(よど号乗っ取り事件)が初のハイジャックとして有名である。これは運輸政務次官・山村新次郎が人質の身代わりになり、犯人グループが北朝鮮への亡命に成功するなど、解決に際して非常に問題の多い事件であった。さらに、この時点ではハイジャック自体を処罰する法律は存在しておらず、この事件を受けて、航空機の強取等の処罰に関する法律、いわゆる「ハイジャック防止法」が成立し施行された。なお、日本航空のハイジャック事件は日本航空ハイジャック事件、全日空のハイジャック事件は全日本空輸ハイジャック事件もそれぞれ参照。

主なハイジャック事件[編集]

ハイジャック防止法が初めて適用された事件である。
日本赤軍がバングラデシュダッカでハイジャック事件を起こし、日本政府は超法規的措置として、服役中のメンバー6人を釈放させている。この事件を契機に、警視庁大阪府警察、一部の道県警察では、ハイジャック(他、一般の日本の警察官機動隊では対応し切れない事件)に対応する特殊部隊としてSATを組織している。
羽田空港函館空港行きの全日空857便(ボーイング747SR)が精神疾患で休職中の銀行員によりハイジャックされる。翌日SAT突入し人質全員を解放。
航空機と運航システムに異常な興味を示した犯人が客室乗務員を脅し操縦席に乱入、機長を刺殺して操縦桿を握り、機体を急降下させた。日本で初めて死者が発生したハイジャック事件となった。
ハイジャックを除く民間航空機に対して行われたテロ行為や破壊行為については、航空機テロ・破壊行為の一覧を参照のこと。

ハイジャック防止のための取り組み[編集]

1970年代初頭に過激派などによるハイジャックが頻繁に起きるようになり、各国はその対応に追われ、空港でのセキュリティチェックの強化やハイジャックに対応した特殊部隊の創設などを行った。また、1978年、西ドイツのボンで開催された第4回7カ国首脳会議では、「航空機ハイジャックに関する声明(ボン声明)」が採択された。

1978年3月に新東京国際空港は日本発のハイジャック防止組織として成田国際空港に財団法人空港保安事業センターを開設した(なお、センターの本部は東京国際空港である)。

1980年代-1990年代にはその勢いは一時的に収まったものの、アメリカ合衆国2001年9月11日、ハイジャックされた航空機によるアメリカ同時多発テロ事件が発生したことから、ハイジャックの防止は再び世界的課題となる。

各国の空港で手荷物・身体検査・本人確認の徹底や乗客名簿の公安当局への提出、鋏付きソーイングキットやミニ爪切りなどあらゆる“刃が付いた・棒状鋼”の機内持ち込み禁止、果ては機内食カトラリー(スプーン・フォーク・ナイフ)がスチール製から樹脂製へ変更されるなど(エコノミークラスのみ。ビジネスクラスファーストクラスでは現在もステンレスを採用している航空会社もある。)、警備が大幅に強化されるようになった。

2007年2月23日、アメリカ合衆国国土安全保障省は、ヒト一人の全身を透視出来る、大型全身X線スキャナを空港に試験導入(被検者は金属探知で異状ありとされた人物に限るという)。これにより危険物持込や薬物密輸阻止に資するとしているが、アメリカ自由人権協会は“搭乗予定者を裸に剥くも同然であり人権侵害”として、議会に完全実施の禁止措置を要請している。

ハイジャックに対応する保安要員として、スカイマーシャルが搭乗する国もある。アメリカ(連邦航空保安局)やイスラエルにおいては、ハイジャックに際してはスカイマーシャルに犯人への対処を任せつつ、パイロットは強化ドアに護られたコクピットに篭って、一刻も早く機体を緊急着陸させることとなっている。

2010年1月、イギリスヒースロー空港を始めとする全ての空港に全身スキャナーを導入、搭乗者に搭乗前通過を義務付けている。

航空機の奪取や航空機内での犯罪に関しては、各国とも重大な事案と認識されており、その対応に関して複数の国際条約が制定されている。

ハイジャックを扱った作品[編集]

映画[編集]

  • ハイジャック英語版(原題:Skyjacked、1972年)
ジョン・ギラーミン監督、出演はチャールトン・ヘストンジェームズ・ブローリンイヴェット・ミミュー、音楽ペリー・ボトキン・ジュニア。妄想に駆られた者がアメリカ合衆国の国内線旅客機を乗っ取りモスクワに行けと要求するが、ソヴィエト連邦はその受け入れを拒否する。
ケビン・フックス監督。
スチュアート・ベアード監督。
ウォルフガング・ペーターゼン監督。VC-25エアフォースワン」をハイジャックしたテロリストとの闘いを描く。
サイモン・ウェスト監督。輸送機をハイジャックした凶悪犯と元陸軍突撃隊員との闘いを描く。
  • エア・レイジ(2000年)
エド・レイモンド(フレッド・オーレン・レイ)監督。ボーイング747をハイジャックしたテロリスト特殊部隊の闘いを描く。劇中では何故か747の初号機のデモカラーが用いられていた。
ポール・グリーングラス監督。ユナイテッド航空93便テロ事件を扱ったノンフィクションの映画。
ジャウマ・コレット=セラ監督。 航空保安官のビル・マークスと姿の見えないハイジャック犯との戦いを描く。

漫画・アニメ[編集]

  • ゴルゴ13(1968年〜)
    さいとう・たかを作。ゴルゴ13においても、7巻「AT PIN-HOLE!」・19巻「ジェット・ストリーム」・49巻「ガリンペイロ」・118巻「未明の標的」・134巻「高度7000メートル」などのエピソードでハイジャックが主題となっている(巻数はリイド社のSPコミックスを示す)。
  • エロイカより愛をこめて
    青池保子作。NATO情報部将校「鉄のクラウス」から「ルビヤンカ・レポート」を奪取するため、KGBの「銀のオーロラ」がロンドン発ボン行きのルフトハンザ機をハイジャックする。

小説[編集]

  • シャドー81
    ルシアン・ネイハム作。ハイジャッカーは最新鋭の戦闘機を操るパイロットで、乗っ取った機内にはいない。対象の旅客機の背後につき、後方から空対空ミサイルという“銃”を突きつけて政府を脅迫する、変り種作品。

ハイジャック派生の言葉一覧[編集]

犯罪・不正行為[編集]

正規の方法で行われるジャック[編集]

  • メディアジャック(テレビ-、サイトジャック)
宣伝広告としても用いられる。上記の電波ジャックもこの意で使用される場合がある。

脚注[編集]