ハイソサエティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ハイソサエティー
High Societyぬ
別名 ハイソ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル アイドル歌謡
活動期間 1966年 - 1973年
レーベル CBS・ソニーレコード
(CBS・ソニーレーベル(1970年 - 1971年)→EPICレーベル1971年 - 1973年))
事務所 ジャニーズ事務所
共同作業者 ジャニー喜多川
メリー喜多川
ジャニーズ
フォーリーブス
旧メンバー メンバー脱退メンバー参照

ハイソサエティーは、過去に芸能事務所の「ジャニーズ事務所」に所属していたバンドグループである。 ジャニーズフォーリーブスのバックバンドとして活動した。 このグループ名は、ジャニーズ事務所の副社長・メリー喜多川の夫であり作家の、藤島泰輔1965年発表の小説『日本の上流社会―高貴なる秘境を探検する』に由来。 愛称は「ハイソ」。 後に「スーパーエイジス」と「アニメーション」の2つのバンドに枝分かれしていった。

メンバー[編集]

  • 髙橋洋一 (リーダー)(キーボード・リードギター)
    愛称・洋ちゃん。1953年11月1日生まれ。東京都渋谷区出身。尚、ハイソサエティーからスーパーエイジスに至るまで他のメンバーが幾度も変わる中、一番長い間所属していたメンバー。ジャニーズ事務所の一番目グループだったジャニーズのメンバーとも交流がある。ジャニーズフォーリーブス江木俊夫とは中学校が同じ)、郷ひろみ等多くの音楽監督を務めた。
    ボストンから帰国後は、たのきん3球コンサートやタケカワユキヒデ等の音楽監督を務めた。ジャニーズ事務所では珍しく本格派な音楽家として後に多くのCMやテレビドラマ(NHK連続テレビ小説京、ふたり』等)の音楽担当をした。再度米国留学し、ハーバードメディカルスクールとキャルフォルニア大学医学部に編入。現在は米国心臓協会正会員、日本循環器学会正会員、JASRAC正会員。[1]
  • 村田勝美 (ドラム)
    愛称・カッちゃん。滋賀県大津市出身。弟は元・プロボクサー村田英次郎
  • 峯井貴史 (ベース)(愛称・ミネくん)
    みねい たかし。1953年3月12日生まれ。東京都出身。 後に「峰井貴史」に改名し、事務所の後輩である「アニメーション」の徳永じゅんと共に、1977年に「黒沢明とロス・プリモス」に加入し、1979年までコーラス&ギターとして活動。その後、1982年に「ロス・プリモス」に再加入した。 尚、作曲家として活動する際の名前は平仮名で「みねい たかし」。
  • 杉征夫 (ベース)
    すぎ ゆきお。愛称・スギさん。後に「リューベン&カンパニー」のメンバーになり、同じくベースを担当。 また、「アニメーション」出身の長沢悟と共に、再結成後のフォーリーブスのバックバンド「To-Da Five」のメンバーとしても活躍。
  • 元持勲 (サイドギター)
    もともち いさお。グループ加入以前は、音楽家兼ピアニストの栗原茂に師事して音楽を学んだ。伯母が清川虹子

          現在ハワイ在住 地元日本語ラジオKZOO毎週水曜ナイトシャッフルに出演中

  • 横内健亨 (ギター)
    よこうち たけひろ。 後に「ウォッカ・コリンズ」→「オレンジ」→「TENSAW」といったバンドへ次々に参加したり、ムッシュかまやつのバックを担当した。 現在は「横内タケ」に改名。
  • この他にもまだ数名が参加。メンバー構成は実に流動的で入れ替わりが激しく、最終的には延べ15名以上の人間が参加した。

脱退メンバー[編集]

  • 粟野和とし (あわの かずとし。「栗野(くりの)」は間違い。粟野トムの兄)
  • 粟野トム (あわの とむ。粟野和としの弟)
  • 佐山たけし (ドラム)
    途中から「佐山タケシ」に改名。喜劇俳優、佐山俊二の長男。後にマジシャンに転向。
  • 新庄一 (ベース)
    本名「新城一」。以前は「ザ・スピリッツ」で「新城みのる」名義で活動。漢字の綴りのせいで「あらい しょういち」や「しん しょういち」などと読まれがちだが、正しい名前の読み方は「しんじょう はじめ」である。 途中で脱退し、「新庄ハジメ」に改名して、1970年10月に「寺内タケシとブルージーンズ」に加入。
  • 山岡国士 (途中から「山丘邦夫」に改名。本名は山岡國士。)(エレクトーン
  • 永田英二 (愛称・英坊、英ちゃん)
    一時期、「永田英二とハイソサエティー」として、ボーカルで参加していた。当時中学1年生。
  • 柳瀬薫 (ドラム)
    すぐに脱退して半年ほど事務所を離れた後、「やなせかおる」の名で「ジューク・ボックス」のメンバーとして復帰した。

概要[編集]

  • 1966年結成。 同年5月から日本劇場の「ウエスタン・カーニバル」に出演し始め、ジャニーズのバックバンドとして活動。1968年8月からはフォーリーブスのバックバンドとなり、1972年まで延べ18回連続での出演を果たした。
  • 1968年9月、永田英二をボーカリストに迎え、一時期だけ「永田英二とハイソサエティー」の名で活動。
  • 1970年11月、CBSソニーから、いきなりLPレコードでデビュー。
  • 1971年10月、CBSソニーの新レーベル「EPIC」の第1号タレントとしてシングルレコード発売。 1971年度のレコード会社内での新人賞を受賞。
  • 1973年、永田英二を正式にボーカリストに迎え入れた新たなバンド「スーパーエイジス」を発足するため、高橋と村田が脱退。 しばらく残りのメンバーだけで「ハイソサエティー」として活動していたが、同年にバンド名を新たに「アニメーション」に改名した。 

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • 不思議な恋の物語 c/w 君を奪いたい(高橋洋一ソロ) (1971年10月、EPIC)

アルバム[編集]

  • 世界へジャンプ ハイソ・サンライズ・プレゼント (1970年11月、CBSソニー)
  • ハロー・ハロー・ハロー (EPIC)

主な出演作品[編集]

ミュージカル[編集]

  • フォーリーブス・ライブ・ミュージカル―少年たちシリーズ―『生きていくのは僕たちだ!』
    1972年1月、帝国劇場芸術祭参加作品)
  • ミュージカル 僕がうたうとき! (1972年8月)

日本劇場でのステージ[編集]

  • 第29回ウエスタン・カーニバル (1966年5月5日 - 12日)
  • 第30回ウエスタン・カーニバル (1966年8月27日 - 9月2日)
  • 第31回新春日劇ウエスタン・カーニバル (1967年1月15日 - 21日)
  • 第32回ウエスタン・カーニバル (1967年5月5日 - 12日)
  • 第33回ウエスタン・カーニバル (1967年8月26日 - 9月1日)
  • 第34回ウエスタン・カーニバル (1968年1月15日- 22日)
  • 第35回ウエスタン・カーニバル (1968年5月4日- 10日)
  • 第36回ウエスタン・カーニバル (1968年8月26日- 9月2日)
  • 第37回ウエスタン・カーニバル (1969年1月14日- 21日)
  • 第38回ウエスタン・カーニバル (1969年5月5日- 12日)
  • 第39回ウエスタン・カーニバル (1969年8月25日- 9月1日)
  • 第40回ウエスタン・カーニバル (1970年1月15日 - 22日)
  • 第41回ウエスタン・カーニバル (1970年5月2日 - 8日)
  • 第42回ウエスタン・カーニバル (1970年8月25日 - 9月1日)
  • 第43回日劇新春ウエスタン・カーニバル (1971年1月15日 - 22日)
  • 第44回日劇ウエスタン・カーニバル~みんなで踊ろう! (1971年4月23日 - 29日)
  • 第45回ウエスタン・カーニバル (1971年8月27日 - 9月2日)
  • 第46回ウエスタン・カーニバル (1972年1月15日 - 22日)
  • 第49回ウエスタン・カーニバル (1973年5月4日)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 略歴 - 高橋洋一 公式サイト