ハリセンボン (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ハリセンボン
HARISENBON
メンバー 近藤春菜
箕輪はるか
別名 ハリセン
結成年 2003年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2004年 -
出身 NSC東京校9期
出会い NSC
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 漫才コント
ネタ作成者 両者
現在の代表番組 ニンゲン観察バラエティ モニタリング
ヒルナンデス!
幸せ!ボンビーガール
ラジオな2人
など
過去の代表番組 Goro's Bar
天才てれびくんMAX
エンタの神様
チュー'sDAYコミックス 侍チュート!
爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル
志村軒
など
同期 狩野英孝
しずるなど
受賞歴
2007年 M-1グランプリ4位
2009年 M-1グランプリ9位
テンプレートを表示

ハリセンボンは、吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属の女性お笑いコンビ。東京NSC9期生。2003年5月結成。2004年デビュー。略称は「ハリセン」。

メンバー[編集]

近藤春菜(こんどう はるな、1983年2月23日 - )[1]

箕輪はるか(みのわ はるか、1980年1月1日 - )[1]

来歴[編集]

  • 養成所で出会った2人は気が合い[6]、2003年5月にコンビを結成し、2004年にデビューを果たす[7]。実年齢と、かけ離れた中年顔が特徴[8]。ネタの中でもお互いの容姿を「死神。」「死神じゃねえよ。」「角野卓造。」「角野卓造じゃねえよ。」と貶し合う掛け合いが有名である。コンビ名の由来は「ハリセンボンは顔はかわいいが、怒ると強い」という考えからつけられた[9]。当初は近藤がボケ志望で箕輪がツッコミ志望だったが、実際に仕事をしていく中で逆のポジションが確立していった[6]
  • 吉本興業所属の若手芸人ユニット「劇団ガッツ」を犬の心が結成し、この劇団のメンバーに選ばれた。メンバーはハリセンボンの2人の他にミルククラウングランジもう中学生
  • 2005年TBSの芸人オーディション番組『ゲンセキ』にて、1年後輩のオリエンタルラジオらと共にコント番組『10カラット』のメンバーに選抜される。その後様々なテレビ番組に出演。週刊誌『FLASH』では「久々に現れた大型女性コンビ」と評される[10]
  • 2007年3月7日シングル『ともだちのうた』を発売しR and CからCDデビュー[11]。「吉本のPUFFY」と言われたこともある[12]オリコン最高195位で、売上はわずか400枚であった[11]
  • 2007年のM-1グランプリでは決勝に進出し、暫定3位に残るも、敗者復活枠のサンドウィッチマンに敗れ、4位に終わる。上沼恵美子には「品があり見やすくて上手くて完璧」と絶賛された。同時に「恋をすると漫才が面白くなくなる」と忠告された[要出典]が、大会後、箕輪に熱愛が報じられた。2008年大会では準決勝敗退。
    • 2009年大会では、2大会ぶりの決勝進出を果たすも最下位に終わった[13]この年も審査員を務めた上沼からは、箕輪に彼氏が出来たことについてツッコまれた。翌2010年度は3回戦で敗退。前年度決勝進出者が3回戦までで敗退するのは、2007年の変ホ長調、2008年のザブングルに次いで3組目[要出典]
    • ちなみに、彼女らが2009年に獲得した「595 / 700点」は、最下位に終わったコンビの中では最高得点[要出典]
  • 2012年、テレビ番組の上半期番組出演数で近藤が318番組で第1位、箕輪も第5位を獲得。圏外だった2011年から一気にランクアップし、2人は女性タレントで唯一TOP20入りを果たす。[14]
  • 「生命保険に入った方がいい芸人」(SBIアクサ生命による)で、第10位にランクインした。

出演[編集]

バラエティ[編集]

現在
過去出演していた番組

ラジオ[編集]

テレビドラマ[編集]

WEB[編集]

CM[編集]

雑誌[編集]

  • steady.「オンナはキレイでナンボ」(2006年 - )

舞台[編集]

  • 喜劇「ハムレット」&悲劇?「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」(2011年5月)渋谷区文化総合センター大和田さくらホール・シアター1010

MV[編集]

リリース作品[編集]

CD[編集]

  • ともだちのうた(2007年3月7日発売) - 映画『ちびケロ ケロボールの秘密!?』主題歌[11]
  • MTK the 12th(2008年)
  • ギャグムシ最強伝説おバカMAXバージョン(2012年7月11日、配信限定発売) - サワヤカブトwithバカムシトリオ(しずる&ハリセンボン)として[30]

DVD[編集]

ライブ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ この回が仮面ライダーシリーズ通算1000回だったためコンビ名にちなみ出演[21]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f ハリセンボン プロフィール”. 吉本興業. 2017年7月23日閲覧。
  2. ^ a b 狛江市観光大使に近藤春菜さんが就任しました”. 狛江市役所 (2014年12月26日). 2017年7月23日閲覧。
  3. ^ ハリセン・近藤春菜「ぶちゃいく」3連覇で“殿堂入り””. ORICON STYLE (2015年3月2日). 2015年3月12日閲覧。
  4. ^ 2016年11月1日(火)OA 放送内容・面白コメント集”. 踊る!さんま御殿. 日本テレビ (2016年). 2017年7月23日閲覧。
  5. ^ 清田隆之 (2017年4月10日). 「ノート貸して」が言えなかった私たち. インタビュアー:箕輪はるか×寺嶋由芙. 早稲田ウィークリー.. https://www.waseda.jp/inst/weekly/features/specialissue-friend1/ 2017年7月23日閲覧。 
  6. ^ a b ハリセンボン (2014年7月18日). 持ち味を最大限に活かせるスタイルが切り開いた道【今月のAnother Action Star vol.16 ハリセンボンさん】. インタビュアー:横川良明. Woman type(キャリアデザインセンター).. http://womantype.jp/mag/archives/36026/2 2015年3月12日閲覧。 
  7. ^ 吉本興業による公式プロフィールより
  8. ^ お笑い芸人 豪快伝説 其の二十一『近藤春菜』”. リアルライブ (2012年7月25日). 2016年3月27日閲覧。
  9. ^ TVでた蔵「2015年12月8日放送 テレビ朝日 中居正広のミになる図書館」”. ワイヤーアクション (2015年12月8日). 2016年3月27日閲覧。
  10. ^ 2006年12月12日号[要ページ番号]
  11. ^ a b c ハリセンボンの“黒歴史”……映画主題歌でCDデビューするも400枚しか売れなかった”. RBB TODAY (2015年3月6日). 2015年3月12日閲覧。
  12. ^ バカソウル 2013年4月27日放送回”. gooテレビ (2013年4月27日). 2016年3月27日閲覧。
  13. ^ 中川家、ハリセンボンらがM-1秘話「漫才のDENDO」明日”. お笑いナタリー (2013年11月14日). 2015年3月12日閲覧。
  14. ^ 『上半期番組出演数』1位はハリセンボン近藤春菜 並み居る強敵抑え初首位”. ORICON STYLE (2012年7月12日). 2015年3月12日閲覧。
  15. ^ ブラマヨMC「モニタリング」:ゴールデンでハリセンボン加入”. お笑いナタリー (2013年4月10日). 2015年3月12日閲覧。
  16. ^ ブラマヨ、ロッチ、ハリセンが新番組「ピロロン学園」開校”. お笑いナタリー (2012年4月10日). 2015年3月12日閲覧。
  17. ^ ピース、オリラジ、千鳥、ブラマヨ、直美×ハリセン“見えるラジオ”開始”. お笑いナタリー (2015年1月26日). 2015年3月21日閲覧。
  18. ^ 遠藤ひろ (2008年8月20日). “この夏もっとも色香漂うアイドル!’08”. All About. 2015年3月12日閲覧。
  19. ^ ハリセンボンの初オールナイトニッポンでブス手当法案検討”. お笑いナタリー (2012年9月1日). 2015年3月12日閲覧。
  20. ^ ハリセンボン×山本彩のラジオドラマ、スナイパーやプレイガール演じる”. お笑いナタリー (2015年1月27日). 2015年3月12日閲覧。
  21. ^ ハリセンボン「仮面ライダー」でショッカー役”. お笑いナタリー (2011年3月25日). 2015年3月12日閲覧。
  22. ^ 『M-1』参戦も視野に!? マリエ&ハリセンボンが“OLユニット”マリセンボンを結成”. ORICON STYLE (2009年3月5日). 2015年3月12日閲覧。
  23. ^ 堀北真希、ハリセンボン箕輪は「かわいかった」”. ORICON STYLE (2012年5月11日). 2015年3月21日閲覧。
  24. ^ “ハリセンボン:渡辺直美らと新ユニット「すず」結成”. MANTANWEB. (2013年6月6日). http://mantan-web.jp/2013/06/06/20130606dog00m200061000c.html 2015年3月21日閲覧。 
  25. ^ ハリセンボン、生命保険会社の新テレビCMで“未来の味”選択”. お笑いナタリー (2014年12月26日). 2015年3月12日閲覧。
  26. ^ 『ベイマックス』にちなみ“純白ナース姿”でハリセンボンがCM公開収録”. ぴあ映画生活. ぴあ (2015年4月8日). 2017年7月23日閲覧。
  27. ^ “ハリセンボン、牛角の新CMで「カルビ専用ごはん専用カルビ」を堪能”. お笑いナタリー. (2016年7月15日). http://natalie.mu/owarai/news/194785 2016年7月19日閲覧。 
  28. ^ “いい部屋探しの妖精”になったハリセンボンが桜井日奈子とダンス”. お笑いナタリー (2017年6月30日). 2017年7月23日閲覧。
  29. ^ “ハリセンボン、グラミー賞受賞歌手のMVで踊った”. スポーツ報知. (2016年3月16日). オリジナル2016年3月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160317052327/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160315-OHT1T50122.html 2017年7月23日閲覧。 
  30. ^ しずる&ハリセンボンの昆虫ユニットが本日新曲リリース”. お笑いナタリー (2012年7月11日). 2015年3月12日閲覧。
  31. ^ ハリセンボン、結婚を前提とした単独ライブ”. お笑いナタリー (2014年8月14日). 2015年3月12日閲覧。