ハロン湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

座標: 北緯20度54分 東経107度12分 / 北緯20.900度 東経107.200度 / 20.900; 107.200

世界遺産 ハロン湾
ベトナム
ハロン湾
ハロン湾
英名 Ha Long Bay
仏名 Baie d'Ha-Long
面積 1,500km²
登録区分 自然遺産
登録基準 (7),(8)
登録年 1994年
拡張年 2000年
IUCN分類 III(天然記念物)
備考 2000年登録基準追加
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
ハロン湾の位置
使用方法・表示

ハロン湾(ハロンわん、Vịnh Hạ Long泳下龍)は、ベトナム北部、トンキン湾北西部にある。漢字表記は下竜湾。クアンニン省ハロン市の南に位置し、カットバ島のほか大小3,000もの奇岩、島々が存在する。伝承では、中国がベトナムに侵攻してきた時、の親子が現れ敵を破り、口から吐き出した宝石が湾内の島々になったと伝えられている。 カットバ島以外の島は現在は無人だが、約7,000年前の新石器時代にはわずかに人が住んでいた。また、数世紀前までは海賊の隠れ家として利用され、また モンゴル軍の侵攻の際には軍事的に利用された。

彫刻作品のような島々の景観は、太陽の位置によって輝きが変化し、雨や霧によってまた趣のある雰囲気を醸し出す。 地質学的には北は桂林から、南はニンビンまでの広大な石灰岩台地の一角である。石灰岩台地が沈降し、侵食作用が進んで、現在の姿となった。

1994年にユネスコ世界遺産(自然遺産)に登録。

現地ツアー[編集]

  • ハノイよりシンカフェやキムカフェなどの旅行会社が日帰りツアーを組んでいる。ハロン湾クルーズや鍾乳洞観光などが含まれる。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (7) ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域を含むもの。
  • (8) 地球の歴史上の主要な段階を示す顕著な見本であるもの。これには生物の記録、地形の発達における重要な地学的進行過程、重要な地形的特性、自然地理的特性などが含まれる。