バンコク語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

バンコク語(バンコクご、ภาษากรุงเทพ)はタイ王国バンコクなどの首都圏で話される。中央タイ語ภาษากลาง)と混同されるが多少の差異を含む。たとえて言うなら、日本語における、標準語東京方言の違いである。テレビ(特にニュース)や本では中央タイ語が使われるが、巷の会話ではバンコク語が使われる。ただし、中央語との接点が非常に曖昧なので、タイ人も完全に区別して使用しているわけではない。以下はあくまでテレビで使われている語と、巷で使用されている語との区別であることを断っておく。

中央タイ語との違い[編集]

中央タイ語とバンコク語違いには以下のようなものがある。

長母音の短母音化[編集]

長母音短母音化は以下のような場合である。

タイ語 意味 中央語発音 バンコク語発音
ภาษา 言語 phaasǎa phàsǎa
ศาสนา 宗教 sàatsanǎa sàtsanǎa

上記のように、一語の中の各音節に長音が連続したとき、最後の長音節を除き、短母音化する。音節短母音化はタイ語独自の語彙にはみられないが、外来語サンスクリット語由来の語彙にみられる。

アクセントの変化[編集]

タイ語 意味 中央語発音 バンコク語発音
นาฬิกา 時計 naalíkaa nalikaa

これも、アクセントが意味を決定するタイ語独自の語彙にはみられない。短母音を持つ音節が高声で発音しにくいために起こることが多い。

音節の省略

タイ語 意味 中央語発音 バンコク語発音
ประวัติศาสตร์ 歴史 prawàttìsàat prawàtsàat

こういう省略もサンスクリット語で起きることがある。

子音の発音の変化・消滅

英語日本語におけるchとshが区別されないので、がshで発音されることがある。イタリア語のrの音価を持つ)と(英語のlの音価を持つ)が区別されず、同様に発音される。また前者のrとlが合成子音で他の子音の後ろに来たとき、消滅する傾向がある。以下はその例である。

タイ語 意味 中央語発音 バンコク語発音
กลาง 中心の~ klaang kaang

語の変化[編集]

文章の後ろに付け、文章を丁寧にする言葉(日本語で言う「です」、「ます」言葉。)がタイ語にはある。男性はครับ[khráp]を使うが、実際にはคับ[kháp]、ค้าบ[kháap]がしゃべり言葉として使われる。女性もค่ะ[khâa]が使われるが実際にはฮ่า[hâa]と発音している。また子供語のจ้ะ[jâ]から派生した、จ้า[jâa]もある。このような変化はすべて書くにいとまがないので、このあたりで説明を終える。

独自の表記法[編集]

日本語で「携帯電話」を「ケータイ」と発音通りに書くように、また英語では「See you tonight.」を「CU 2nite」と書いたりするが、バンコク語にもこのような書き方がある。このような方法は、日本語や英語と同じように主に、携帯電話のメールインターネットを中心に広まっていった方法であるため、バンコク語とは言い切れないが、首都の若者を中心に広がっていったものである。例としてはก็(だから~)をก้อと書いたり、หนู(あたし。若年女性の一人称)をนู๋(注:この表記は実際にはあり得ない表記)と書いたりする。

まとめ[編集]

重ね重ね記すが、これはあくまで標準語とは認められない範疇の中央語で、書き言葉やテレビで使われていないと言うことが前提であり、地方出身者でもこれらのしゃべり方があるので、バンコク語ではあるが「バンコク独特の」言葉ではない。