バース (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
バース
メンバー 近藤裕希
中村亮介
結成年 2008年
解散年 2016年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京
活動時期 2008年4月 - 2016年2月16日
出身 東京NSC11期
旧コンビ名 アジサイ公園(近藤)
ブルースタンダード(近藤)
パリコレ(中村)
現在の活動状況 インディゴ(近藤)
芸種 コント、漫才
同期 シソンヌ チョコレートプラネット  など
テンプレートを表示

バースは、吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー)に所属するお笑いコンビ。東京NSC11期出身。2008年4月結成。2016年2月16日解散。

メンバー[編集]

  • 近藤 裕希(こんどう ゆうき、1985年7月29日 - )ツッコミ担当
愛知県名古屋市熱田区出身。
身長180cm、体重65kg、血液型はAB型、立教大学社会学部産業関係学科卒業。
大学は3年通って5年休学をしており、2013年4月に復学し芸人活動と並行して2年通学、2015年3月に卒業した。[1]
よしもと男前ランキング・2012年第35位、2013年49位、2014年7位、2015年36位。
四人兄弟の三男。次男はワタナベコメディースクールに通っており芸人をしていた(現在は辞めている。)。顔も背丈も西島永悟(元エリートヤンキー)に似ているらしい。
織田信長の家臣・森蘭丸(森成利)の末裔である。(※ただし、蘭丸に子供はいないのでその兄弟の末裔である。)母方が森家で家系図なども残っている。[2]
2010年夏から2013年初夏まで、同期でチョコレートプラネットの松尾・シソンヌのじろう、後輩のジャングルポケットの太田と同居していた(じろうは3人が同居しているところに途中から転がり込んできた。)。通称「幡ヶ谷芸人ハウス」。このメンバーでライブも行われていた。
子供のころから夢遊病であり、同居人たちのTwitterなどでその様子がよく紹介されている。夢遊病を発症させる企画を2011年9月に行った単独ライブで行ったが、その時は発症しなかった。
周りから「天然」と言われるような言動が多々ある。
かつては、現『パンサー』の向井慧、『トンファー』の小浜隆次とのトリオ『ブルースタンダード』のメンバーとして活動していた。そのパンサーの向井とは幼少期からの幼馴染であり、ブルースタンダード以前は『アジサイ公園』として二人で活動、また高校時代には『ダブルボランチ』としてスピードワゴンの冠番組(おそらく『てぃ〜んずワゴン たかぎまぢる』)に出演。M-1グランプリ2004ではダブルボランチとして出場し、2回戦に進出している。[3]
小学5年生の時、名古屋グランパスエイトのジュニアチームに入っていた。
先輩である畑中しんじろう率いる畑中アイドル軍団KABUTOの一員。愛称は『こんちゃん』。
普通自動車免許を持っている。[4]しかし、多くの芸人仲間から「こんちゃんに運転させてたら確実に今頃あの世逝きでしたよ。。(シソンヌ・じろう)」など運転がとても下手だと言われている。
好きな弁当は生姜焼き弁当。
カレーとハヤシライスならカレー派。
2012年8月に行った単独ライブ「リバース」のおよそ10日前に行ったオープニングVTR撮影で電話ボックスの上から後ろ向きで飛び降り、両踵にひびが入る全治1か月の怪我を負ったが、お客さんにばれたら笑ってもらえなくなるとの理由で10日間通常通りライブ等に出演し隠し通していた。「リバース」のエンディングでその事実を公表し、ゲスト出演した初恋タロー、山添(当時ピン、現相席スタート)もその事実を知らなかった。
2014年3月31日のラフブロサービス終了に伴ってブログも放置されていたが、2014年10月28日にyahoo!ブログに移行し再開することを宣言した。[5]
2016年6月に元トンファーのりゅうじとコンビ「インディゴ」を結成。りゅうじはブルースタンダードのときの相方で、コンビ名は同じく元ブルースタンダードでパンサー向井慧が命名した[6]
山口県下関市彦島[7]出身。
身長173cm、60kg血液型はO型、山口県立下関工業高等学校
NSC入学前にJR西日本テクノスに勤務していた経験がある。因みにネルソンズの岸と、高校と勤務先が同じである。(学年は岸が1つ上。)
元『パリコレ』メンバー。当時の相方は今は引退している。
坊主頭が特徴だったが2013年4月ごろから髪を伸ばし始めた。
スケートボードが得意。
カレーとハヤシライスならハヤシライス派。
比較的大人しい性格で感情をあまり出さない不思議系のため、同期や芸人仲間との付き合いもあまり無いが、同期ではタカダ・コーポレーションおやきやオープンスペース砂金などと、後輩ではちんぺい国場(元南国姉妹)や笑鷺濱口などと仲が良い。
ブログ等のSNSを長らく開設していなかったが2013年10月14日『トンファー&バースの地球サミット』で「RT選手権」を行うためにライブ中にTwitterアカウントを作成した。

概要[編集]

  • 2008年4月、近藤が中村を誘う形でコンビ結成。前のコンビ時代から二人は仲が良かった。中村を誘った理由は、「唯一無二な感じがしたから」。[8]
  • ネタは主にコントだが、2010年のキングオブコントでは一回戦で敗退し、同年のM-1グランプリでは準々決勝まで進んだ。予選順位も28位と、準々決勝敗退組の中でも好成績だった(準決勝には24位までが出場)。

出演[編集]

番組[編集]

単独ライブ[編集]

  • 2009年 8月 1日『高速バース』(シアターブラッツ)
  • 2011年 9月24日『出演者バース』(シアターブラッツ)
  • 2012年 8月26日『リバース』(シアターブラッツ)
  • 2014年 2月22日『バースト』(ヨシモト∞ホール

神保町花月[編集]

  • ロック54’s (2009年2月3日 - 2月8日)
  • 古手川ドリームランド(2009年5月19日 - 5月24日)
  • チャレンジ3DAYS 青空、バンザイ!(2009年8月4日 - 8月6日)
  • 神保町花月×Confetti企画 エチュ1チャンピオンリーグズ(2009年11月13日)
  • テンプテーション(2009年11月24日 - 26日、28日、29日)
  • 東京NSC11期生チャレンジ公演 memory(2010年9月28日 - 10月1日)
因みに近藤は主役を演じ、パンサー向井が演じた役の幼馴染役であった。(現実でも幼馴染。)
  • Deeeeeeeeeep!(前編) (2011年1月24日 - 27日、29日、30日)
  • Deeeeeeeeeep!(後編) (2011年2月23日 - 2月27日)
  • 武蔵(2011年5月3日 - 5月6日)
  • GOD GAME(2012年6月19日 - 6月24日)
  • マイ・ソウル・パートナー(2012年10月16日 - 10月19日, 21日)

脚注[編集]

  1. ^ バース近藤の「ホイコーロー」 恥ずかしながら大学生です。報告卒業より
  2. ^ 2014年4月29日のバースよしログ30より
  3. ^ M-1グランプリ2004予選データより
  4. ^ バース近藤の「ホイコーロー」 ライセンスより
  5. ^ バース近藤の「ホイコーロー」 再開より
  6. ^ “解散芸人同士が新コンビ結成 「インディゴ」とパンサー向井が命名”. ORICON STYLE. (2016年6月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2073390/full/ 2016年6月14日閲覧。 
  7. ^ マンスリーよしもとPLUS2009年12月号P79より
  8. ^ 神保町花月チャレンジ3DAYS 青空、バンザイ!出演者インタビューより

関連項目[編集]