パラダイスGoGo!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
パラダイスGoGo!!
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
プロデューサー 石田弘
出演者 乙女塾
田代まさし
桑野信義
久本雅美
B21スペシャル
ほか
番組開始から
放送時間 月曜日 - 金曜日17:00~18:00(60分)
放送期間 1989年4月17日~9月29日
1989年10月から
放送時間 月曜日 - 金曜日17:00~17:30(30分)
放送期間 1989年10月16日~1990年3月16日
パラGo!サタデー
放送時間 土曜日14:00 - 14:30(30分)
放送期間 ~1990年3月17日
出演者 田代まさし
中井美穂(フジテレビアナウンサー、当時)
テンプレートを表示

パラダイスGoGo!!』(パラダイスゴーゴー)は、1989年4月17日から1990年3月16日までフジテレビで放送されていたバラエティ番組。 通称:パラGo

概要[編集]

前身は1988年10月8日から1989年3月25日まで土曜13:00 - 14:25に放送していた『田代まさしのオイシイじゃん』。

時間帯移動に伴う新番組化を機に、フジテレビが主催・運営していたタレント育成講座の乙女塾メンバーを前面に押し出す形でレギュラー出演させるようになった。

永作博美が在籍したribbon三浦理恵子が在籍したCoCoなどがこの番組からデビューを果たす。また、この番組の1コーナー『勝ち抜きフォーク合戦』に出場し、勝ち抜いたのをきっかけに真心ブラザーズがメジャーデビューを果たしている。

スタッフとしては『オールナイトフジ』『夕やけニャンニャン』の制作陣を中心に組まれ、まさに局をあげて「おニャン子クラブ」、『夕やけニャンニャン』の再来を目指した番組であった。また当時、姉妹番組として『パラGo!サタデー(パラゴーサタデー)』(以下『サタデー』)も放送された(土曜14:00 - 14:30)。

開始当初は1時間番組であったものの、途中から30分番組へと縮小。この時点で関東以外のネット局ではすべて放送が打ち切られ、関東ローカルとなった。1年で放送は終了。同年4月からは『サタデー』を継承した『週刊スタミナ天国』が開始し(土曜13:00 - 14:25)、結果的にもとの番組形態に戻ることになった。

また、放送のなかった関西でMBSラジオの『Radio THIS』に「乙女塾のパラダイスGoGo!!」というコーナーがあり、毎回メンバーの1人(CoCo・ribbon中心)が出演していた。

放送時間[編集]

  • 月曜日〜金曜日 17:00〜18:00(1時間番組。1989年9月まで)
  • 月曜日〜金曜日 17:00〜17:30(30分番組。1989年10月-1990年3月)

出演者[編集]

スタッフ[編集]

制作[編集]

  • プロデューサー:笠井一二
  • ディレクター(曜日別担当)
    • 月曜担当:石本幸一
    • 火曜担当:深瀬雄介、遠藤達也
  • 制作デスク:関根弘之
  • TK:舟岡由紀、土田芳美

構成[編集]

  • 柴田俊生、成田はじめ、野中浩之、井辺清、吉野晃章、松山源一、海老克哉
  • DNP(企画ブレーン)
  • SOLD OUT(企画ブレーン)

技術[編集]

美術[編集]

  • 美術制作:松尾嘉之
  • デザイン:根本研二
  • 美術進行:石森慎司
  • 大道具:那須野清
  • 装飾:宮下順一、鈴木春美
  • 持道具:栗原美智代
  • 衣裳:土田清
  • メイク:田川達郎
  • 視覚効果:浅田雅美
  • 電飾:酒井直光
  • アクリル装飾:佐々木真由美、平田良彦
  • タイトル:川崎利治
  • スタイリスト:隅田みどり

※スタッフロールはオープニングで出演者、構成から衣装協力まで、エンディングでプロデューサー、ディレクター名と「制作著作:フジテレビ」に分かれて表記されていた。

番組テーマ曲[編集]

フジテレビ 月-金曜帯17時台前半(1989年4月-1990年3月)
前番組 番組名 次番組
(再放送枠)
パラダイスGoGo!!
(月~木)(再放送枠)
(金)かりあげクン
※火曜17時台後半から移動
フジテレビ 月-金曜帯17時台後半(1989年4月-9月)
(再放送枠)
パラダイスGoGo!!