パレスチナ国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
パレスチナ国
دولة فلسطين
パレスチナの国旗 Coat of arms of Palestine.svg
国旗 国章
国の標語:不明
国歌فدائي, Fida'i(革命者)
パレスチナの位置
公用語 アラビア語
首都 東エルサレム
ラマッラー(事実上)
最大の都市 ガザ
政府
大統領 マフムード・アッバース
首相 ラーミー・ハムダッラー
面積
総計 6,020km2164位
水面積率 3.5%
人口
総計(2015年 4,668,000人(123位
人口密度 775.4人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(xxxx年 xxx,xxx新シェケル
GDP (MER)
合計(2014年 98.28億ドル(N/A位[1]
GDP (PPP)
合計(2014年 212.2億ドル(143位[1]
1人あたり 4,553ドル
独立宣言
独立宣言 1998年11月15日
国連総会オブザーバー 2012年11月29日
通貨 新シェケル (JOD, ILS)
時間帯 UTC +2(DST:+3)
ISO 3166-1 PS / PSE
ccTLD .ps
国際電話番号 970

パレスチナ国(パレスチナこく、アラビア語: دولة فلسطين‎, Dawlat Filasṭīn英語: State of Palestine)は、地中海の東部のパレスチナにある主権国家である。国際連合(UN)には未加盟であるが、2016年8月時点で136の国連加盟国が国家として承認している。なお、その領土はヨルダン川西岸地区およびガザ地区となり、東エルサレムを首都として定めている。

概要[編集]

1988年11月15日にパレスチナの独立宣言を発表し、パレスチナ国を国号として定めた。1993年にパレスチナ自治政府が発足して、長らくイスラエルの支配にあったパレスチナにパレスチナ人による自治が始まった。2012年11月に国際連合総会オブザーバーとして承認された。

関連項目[編集]

脚注[編集]