パート2 (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

パート2(パートツー)は、元松竹芸能所属の漫才コンビ。「4コマ漫才」で有名。すでに解散している。

メンバー[編集]

以前は上原ステップの芸名で「上原ホップ・ステップ」のコンビで活動していた[1]
妻は、元ミヤ蝶代・花代の花代。

概要[編集]

ともに松竹芸能タレント養成所出身。1975年に森、原、真田実でトリオ漫才「ヤングにっぽんず」を結成、デビュー。真田実が俳優に転向したため、1979年に「ヤングにっぽんず」を解散し、「パート2」を結成した。

当初は普通の漫才を行っていたが、追っかけの女の子からヒントをもらって1983年頃、「4コマ漫才」を考案。持ち時間の中で短いコントを次々と披露する、現在の「ショートコント」の形を作り出し、人気を得るようになった。

1984年には、『お笑いスター誕生!!』の第2回オープントーナメントサバイバルシリーズで優勝し、100万円を獲得。賞金を事務所に手渡した際、「この金で僕らを売り出してください」と訴えた。

東京進出を目指していたが、事務所に止められたため、そのまま関西で活動。時事ネタを組み合わせた4コマ漫才で中堅の位置を確保していたが、2000年7月に解散。

その後、原はスナックの雇われ店長、森は寿司屋チェーン店の雇われ店長をしていたがすぐに再結成。ケーエープロダクションに所属したが、またもや解散した。

原は2003年に殺陣コントグループを結成したが、すぐに解散。二人のその後の活動は不明。

4コマ漫才[編集]

最初の挨拶は「今日のお越しを、ありがとう(あ、よいしょ)〜 岩おこし(あ、そりゃ)〜 粟おこし(あ、どっこい)〜 ようお越し(何のこっちゃ) パート2、4コマ漫才!」

ブリッジとして「チャララララン、チャララランオクラホマミキサーのメロディ)」と歌った後、タイトルを言って短いコントを披露し、終わればブリッジを入れて次のコントに移る。

最後の挨拶は「またのお越しを、待ってます(あ、よいしょ)〜 岩おこし(あ、そりゃ)〜 粟おこし(あ、どっこい)〜 またお越し(パート2でした)」

現在のショートコントの原型といわれている[2]

エピソード[編集]

  • 「ヤングにっぽんず」時代に第8回NHK上方漫才コンテストで優秀努力賞を受賞し、NHKの三枝の笑タイムのレギュラー出演が決まったが、原が友人の誕生会に出席し酒を飲んで寝過ごし、翌日朝九時からの生放送に遅刻したためNHKから一年間の謹慎処分を受けた[2]

受賞歴[編集]

ビデオ[編集]

  • 「コント100連発〜笑撃のマシン」(VHSビデオ、1995年10月発売、ハピネット)品番:B00005G1I4

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 相羽秋夫『現代上方演芸人名鑑』、少年社、1980。
  2. ^ a b 大阪ゲラゲラ学会編『もうひとつの上方演芸』、たちばな出版、1997。