ビックボーイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ビックボーイズ漫才協会所属のお笑いコンビ。1992年結成。師匠はさがみ三太・良太

メンバー[編集]

26歳の時に神戸で鳶職をしていたとき、オレたちひょうきん族の素人コーナー「なんですかまん・コンテスト」に出演し、[1]それをきっかけに浅草フランス座で修行していた。
浅草キッドはフランス座での同期である。特技はパントマイム
過去に大道芸人の三雲いおりと「プリーズ」というコンビで活動していた。

概要・芸風[編集]

  • 元々なべは1986年に別の相方と「ビックボーイズ」として活動していたが、相方に逃げられたため羽生を2代目の相方とした。
  • 漫才の冒頭になべが「私がビックボーイ、彼がズ」と言い、羽生が「俺はスに点々かい」と返すと「いや、すってんてんだ」となべに言い返されるつかみがある。
  • 漫才の終盤に「たまらんぜ」というラップを歌うことがある。「たまらんぜ」は有線で聞くことが可能である。
やりすぎFBI(2008年12月22日放送)で取り上げられた。やりすぎFBI捜査官はナイツ塙。
  • 2006年11月に真打に昇進。
  • 2008年 ラップ「たまらんぜ!」CD化。
  • 毎月8日間 「浅草東洋館出演」
  • 毎年1回、「ビックボーイズとゆかいな仲間たち」を開催(浅草東洋館)*毎回多彩なゲストを招いて盛り上がる。今年は〝ナイツ〟が出演して会場を沸かせた。(2017年3月21日)

出演番組[編集]

志村けんのそっくりさんとして登場。紹介者は元「フリーサイズ」のたまこ

出典[編集]

  1. ^ 東京新聞2008年2月10日、毎日新聞2008年2月15日