フィーバーガールズI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

フィーバーガールズIは、1993年5月にSANKYOが開発、発売したファミコンゲーム『おたくの星座』に登場する「オーロラ五人娘」とのタイアップによるデジパチ。キャラクターデザインは江口寿史。保留玉連荘タイプ。同社初の液晶画面デジパチとして話題になった『フィーバーパワフル』と同様、3×3のタテ、ヨコ、ナナメのいずれかの絵柄揃い、または全停止絵柄が「オーロラ五人娘」の「オールガールズ」で大当たりが発生するというゲームシステムを採用している。 当時の販促用のポスターに元祖電脳アイドル、千葉麗子を起用、「パチンコ大好きSANKYO」と記載されていた。

特徴[編集]

  • ゲーム内容、大当たり確率は『フィーバーパワフル』と同じ。スーパーリーチなどは存在せずノーマルリーチのみ。
  • 連続回転中に限り、中央出目停止に法則性があった。この法則はリーチ時も崩れないため、中央出目停止待ちでのリーチ時は法則崩れ(止まるはずのコマで停止しない)で大当たりが確定するという楽しみがあった。
  • オロチョンパII/SP』(河内家菊水丸)、『OL娘I/II』(HI-ME)に続くタレントタイアップ第3弾。『おたくの星座』タレントによるキャンペーンも行われた。
  • リーチ時のセンター待ちとそれ以外のリーチ、オールガールズ時のリーチのBGМが異なる。
  • センター待ちのリーチ(タテ、ヨコ、ナナメ)では当たるときは3周目で、それ以外のリーチでは当たるときは4周目で当たる。
  • 右上がりはリーチの出現が少ないため、大当たりも出現しにくい。

保留玉連荘[編集]

  • 『フィーバーパワフル』と同じく、保留玉2個目~4個目に確率がアップする(1/16)。
  • 一度連チャンすると「パワフル」と同じく、保留1にもチャンスがスライドされすべての保留で1/16となる。

スペック[編集]

  • 『フィーバーガールズI』(1993年5月)
    • 大当たり確率 1/240
    • 賞球数 7&15 大当たり16R10C

※大当たり確率の値はメーカー発表

関連商品[編集]

関連項目[編集]