藤田晋也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
藤田 晋也
本名 藤田 晋也[1]
生年月日 1982年9月17日(34歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府
血液型 B型
身長 180cm[2]
方言 関西弁
最終学歴 辻学園調理技術専門学校
コンビ名 ドレミ倶楽部
相方 肥後DNA
芸風 漫才
立ち位置 向かって右
事務所 太田プロダクション
活動時期 2004年 -
過去の代表番組 爆問パニックフェイス、爆問パワフルフェイス、サタネプ☆ベストテン、カンニング竹山の銭ナール、笑っていいとも、誰だって波瀾爆笑、テレビ埼玉「格闘神話MARS」MC、日本テレビ『ごくせん』、NHK大河ドラマ『新選組!』[2]
公式サイト [1]

藤田 晋也(ふじた しんや)は、日本お笑いタレント大阪府出身。太田プロダクション所属。

略歴・概説[編集]

デビュー前は、辻調理師専門学校フランス料理など西洋料理を学び、卒業後はプロのシェフとしてホテルニューオータニなどのホテル、レストランで勤務[3][4]。その後お笑いタレントに転身し、2003年9月より活動を開始。かつてはコンビ「フジタと大介」で活動、その後ピン芸人「フジタシンヤ」となり、2007年6月に小学校、中学校時代の同級生とコンビ「Par-Do」パードゥ)を結成。その後解散し再びピンとなり、フジタ帝国となる。ピン時代の一人コントでは、「となりのトトロ」、「スーパーマリオブラザーズ」の星(スーパースター)など、着ぐるみを着てのキャラクターで演じるものなどがあった。

2010年9月末 エヌフォースプロモーションを退社、10月に元「ジュモンれもん」の肥後DNA博暁とピン芸人「イノシマ全治6ヶ月」とトリオ「ドレミ倶楽部」を結成。

2012年3月末 トリオからイノシマ全治6ヶ月脱退、コンビになり漫才がネタの主体となる。

ラジオテレビ、舞台、お笑いライブ、インターネット、イベント等多方面で活躍している。

2013年2月21日、芸名を本名の『藤田晋也』に改名すると発表[5]

2013年4月より、買い物ナビサイト『@DIME』内にて週一回「ドレミ倶楽部・藤田晋也の5分で簡単おつまみレシピ」の連載を開始([2])。

出演[編集]

ドレミ倶楽部#出演歴も参照。

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

  • いつの踊り子?もう一度会いたいだった?(三軒茶屋スタジオ・シアタースパーク1、2005年3月)[6]

インターネット[編集]

  • 若菜のカウンセリングルーム - 2007年9月-2008年4月、アシスタントパーソナリティー
  • おひげ電視台(2009年からUstreamで配信) - ゲスト

ライブ[編集]

  • 太田プロライブ 月笑
  • 太田プロJrライブ
  • すっとこどっこい(大川興業)
  • 幡ヶ谷ヤングライブ
  • サンパチライブ
  • NO brandライブ
  • なりあがり畑
  • 板橋芸人祭り[1]
  • ピラミッダー(Studio twl)

イベント[編集]

  • 打ち水大作戦2005
  • 打ち水大作戦2006
  • 打ち水大作戦2007
  • 打ち水大作戦2008[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c ニッポンの夜明け 芸人 フジタ帝国のブログ内
  2. ^ a b フジタ帝国とは - タレントデータベース Weblio辞書
  3. ^ ドレミ倶楽部公式プロフィールより。
  4. ^ @DIME「ドレミ倶楽部・藤田晋也の5分で簡単おつまみレシピ」2013年4月4日より。
  5. ^ フジタ帝国の帝国料理/どうも、ドレミ倶楽部・藤田です
  6. ^ a b c d エヌフォースプロモーションプロフィール エヌフォースプロモーションウェブサイト内