フリジア語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
フリジア語
Frysk
話される国 オランダの旗 オランダ
ドイツの旗 ドイツ
地域 オランダの旗フリースラント州
オランダの旗フローニンゲン州
ドイツの旗ニーダーザクセン州
ドイツの旗シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州
話者数 40万人
言語系統
表記体系 ラテン文字
公的地位
公用語 オランダの旗 オランダ
ドイツの旗 ドイツ
統制機関 オランダ:Fryske Akademy
ドイツ:なし
非公的機関:Seelter Buund(東フリジア語)、Nordfriisk Instituut(北フリジア語)
言語コード
ISO 639-1 fy
ISO 639-2 fry
ISO 639-3 各種:
stq — 東フリジア語
frr — 北フリジア語
fry — 西フリジア語
現在のフリジア語話者の分布
テンプレートを表示
ドイツ語北フリジア語の2言語併記による案内。それぞれ上がドイツ語、下が北フリジア語。(ドイツ、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州フーズムの警察署)

フリジア語Frysk東フリジア語: Fräiskeオランダ語: Friesドイツ語: Friesisch英語: Frisian)は、オランダフリースラント州周辺およびドイツ北海沿岸にまたがるフリースラントで用いられる言語である。インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派西ゲルマン語群アングロ・フリジア語群に属する。フリース語フリスク語フリースラント語フリースランド語 とも呼ばれる。

概要[編集]

英語と共にアングロ・フリジア語群に属す言語だとされるが、英語とフリジア語の意思疎通は不可能である。現在使われている言語の中では、英語と共通点を持ち、最も英語に近い言語とされる。単語には古英語アングロサクソン人の言語古フリジア語の面影が強く残っているとされる。

言語学的にはオランダ語や低ザクセン語等の低地ドイツ語とは語群以下のレベルで系統が異なるにもかかわらず、長年にわたる接触と交流のために外見上はオランダ語や低地ドイツ語に似てきており[1]、オランダ語の方言のひとつと見なされることも多く、オランダ語・フリジア語が互いに意思疎通が可能だとされている。名前が紛らわしいが、オランダ語の西フリースラント方言や、低地ドイツ語の東フリースラント方言とは別の言語である。

時代区分[編集]

近隣のゲルマン語派に合わせて次のように区分する例がある[1]

  • 古フリジア語 - 13世紀〜1550年頃
  • 中フリジア語 - 1550年頃〜1800年頃
  • 新フリジア語 - 1800年頃〜

下位分類[編集]

フリジア語は、以下の3つの言語(または方言)に分類される。西フリジア語の話者が最も多く、フリジア語といえば西フリジア語のことを指す場合もある。

文献・書籍[編集]

  • 児玉仁士・著 『フリジア語文法―オランダのもう一つの言語』 〈大学書林〉 1992年10月発行 ISBN 4475018056
  • 同上 『フリジア語辞典』 〈大学書林〉 2004年5月発行 ISBN 4475001536
  • 町田健・監修、清水誠・著(同時収録) 『ニューエクスプレス・スペシャル ヨーロッパのおもしろ言語』 〈白水社〉 2010年7月20日第1刷発行 ISBN 978-4-560-08540-0

脚注[編集]

  1. ^ a b 亀井孝河野六郎千野栄一編著、『言語学大辞典セレクション・ヨーロッパの言語』三省堂、1998年、400頁。ISBN 4-475-01805-6

関連項目[編集]