ブレイディー・ラジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ブレイディー・ラジオ
Brady Raggio
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス
生年月日 1972年9月17日(44歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1992年 ドラフト20巡目
初出場 MLB / 1997年4月15日
NPB / 2000年4月7日
最終出場 MLB / 2003年7月12日
NPB / 2002年8月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ブレイディー・ラジオBrady John Raggio, 1972年9月17日 - )は、アメリカ合衆国出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

球速はあまりなく(140km/h台中盤程度)横手からのスライダーが主体の投球スタイル。アメリカ時代はセントルイス・カージナルスメジャーの経験もあるが、大半はマイナー生活だった。

2000年福岡ダイエーホークスに入団。ダイエーは前年にラジオと同じような境遇だったロドニー・ペドラザが入団したが、ペドラザが抑えに定着して日本一に大きく貢献したことで、二匹目のドジョウを狙ったこと、また当時の親会社の経営状況から、年俸が安く済むのが好都合なこともあってラジオの獲得となった。

入団1年目から先発ローテーションに入り、8勝を挙げリーグ優勝に貢献。2001年は開幕から好調であったが、当時左腕に極端に弱かった西武ライオンズ対策として獲得したクリス・ヘイニーとの併用のために二軍落ちした時期もあった。この年は開幕6連勝を飾るなど9勝を挙げる。しかし、2002年はほぼ五分の勝敗は残したものの防御率は5点台半ばに落ち込み、終盤戦は斉藤和巳などの若手起用のために出番がなく、来季の戦力構想から外れ解雇となった。

帰国後は米球界に復帰し、2003年アリゾナ・ダイヤモンドバックスでメジャーに昇格した。

2005年に現役引退した後、石油会社勤務を経て、AAA球団のリノ・エーシズの職員を勤めている[1]

日本では好不調の波が激しい欠点があったが、長年外国人の先発投手に泣かされ続けてきたホークスとしては比較的先発で長く活躍した投手で、2001年のシーズン9勝、通算23勝はラジオの退団時点ではともにホークスの福岡移転後の外国人投手の球団記録であった。その後、D.J.ホールトン2009年シーズンに11勝、2011年4月20日に通算24勝目を挙げ、ラジオの記録を更新している。

頭に血が上りやすい性格であり、2002年には一軍・二軍双方の試合で退場処分を受けた。綴りは違うものの「ラジオ」という名前から、ホークス在籍時にはKBCラジオジングルにも登場している。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1997 STL 15 4 0 0 0 1 2 0 -- .333 151 31.1 44 1 16 0 1 21 3 0 24 24 6.89 1.91
1998 4 1 0 0 0 1 1 0 -- .500 43 7.0 22 1 3 0 1 3 0 0 12 12 15.43 3.57
2000 ダイエー 25 24 1 0 0 8 6 0 -- .571 590 135.0 130 12 65 7 3 61 8 2 78 63 4.20 1.44
2001 22 22 2 0 0 9 6 0 -- .600 570 125.1 145 11 58 0 10 66 6 2 66 60 4.31 1.62
2002 15 15 0 0 0 6 5 0 -- .545 361 82.2 95 9 20 0 4 49 3 2 51 50 5.44 1.39
2003 ARI 10 0 0 0 0 0 0 1 3 ---- 38 8.1 9 1 6 1 0 8 0 0 6 6 6.48 1.80
NPB:3年 62 61 3 0 0 23 17 0 -- .575 1521 343.0 370 32 143 7 17 176 17 6 195 173 4.54 1.50
MLB:3年 29 5 0 0 0 2 3 1 3 .400 232 46.2 75 3 25 1 2 32 3 0 42 42 8.10 2.14
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 64 (1997年 - 同年途中)
  • 38 (1997年途中 - 同年終了)
  • 58 (1998年)
  • 36 (2000年 - 2003年)

脚注[編集]

  1. ^ Benjamin Hill (2009年1月30日). “Finding a way to stay in the game”. Minor League Baseball. 2012年4月15日閲覧。

関連項目[編集]