プラザ合意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
プラザホテル

プラザ合意(プラザごうい、: Plaza Accord)とは、1985年9月22日G5(先進5か国蔵相中央銀行総裁会議)により発表された、為替レート安定化に関する合意。呼び名は、会場となったアメリカニューヨーク市のプラザホテルにちなむ。

会議に出席したG5蔵相は、ゲルハルト・シュトルテンベルク(西ドイツ財務相)、ピエール・ベレゴヴォワ(フランス経済・財政相)、ジェイムズ・ベイカー(アメリカ合衆国財務長官)、ナイジェル・ローソン(イギリス大蔵大臣)、竹下登(日本大蔵大臣)。歴史的な会議ではあったが、事前に内容は決められており、会議自体の所要時間はわずか20分程度であったといわれる。

概要[編集]

1985年~1988年までの為替レート(日次)。プラザ合意が行われてから数日間で、急激に円高が進行している
1981年1月~1990年12月までのDEM/USDFRF/USD、GBP/USD、JPY/USDの推移、1980年代前半は主要通貨安ドル高であり、プラザ合意前後にドル安に転じている[1]

1980年代前半、レーガン政権下のアメリカでは、前政権から引き継いだ高インフレ抑制政策として、厳しい金融引締めを実施していた。金利は2桁に達し、世界中のマネーがアメリカへ集中し、ドル相場は高めに推移して、輸出減少と輸入拡大(貿易不均衡)をもたらした。さらに、高金利により民間投資は抑制され、需給バランスが改善した。結果として、インフレからの脱出には成功した反面、莫大な貿易赤字が計上され、財政赤字も累積していった(『双子の赤字』参照)。

インフレが沈静した後は金融緩和が進行し、景気回復で貿易赤字増大に拍車がかかった。金利低下により『貿易赤字の国』の通貨であるドルの魅力が薄れ、ドル相場は次第に不安定になった。

こうした状況の下、1970年代末期のようなドル危機の再発を恐れた先進国は、協調的なドル安を図ることで合意した。とりわけ、アメリカの対日貿易赤字が顕著であったため、 実質的にドル安に誘導する内容であった。これが『プラザ合意』である。

発表の翌日の1日(24時間)で、ドル円レートは1ドル235円から約20円下落した。1年後にはドルの価値はほぼ半減し、150円台で取引されるようになった[2]

日本においては急速な円高によって『円高不況』が起きると懸念されたが日本銀行公定歩合を引き下げずに5%のまま据え置き、逆に無担保コールレートを6%弱から一挙に8%台へと上昇させるという短期市場金利の「高目放置」に踏み切った[3][4]。その後、公定歩合の引き下げに動いたのは翌1986年になってからであった。このため、1985年には非常に金融引き締め的な経済環境になっていたと推測され[5]、その結果その後数年間のインフレ率は低迷した。このインフレ率の低迷と公定歩合の引き下げ長期化予想を反映して名目金利が低下したことが、貨幣錯覚を伴って不動産株式に対する投機をうながし、バブル景気をもたらしたと考えられる。

また円高により、「半額セール」とまでいわれた米国資産の買い漁りや海外旅行のブームが起き、賃金の安い国に工場を移転する企業も増えた。とりわけ東南アジアに直接投資することが急増したため、「奇跡」ともいわれる東南アジアの経済発展をうながすことになった。

その後、進みすぎたドル安に歯止めをかけるべく、為替レートを安定させるために1987年、再び各国が協調介入することをうたったルーブル合意が結ばれた。

議論・評価[編集]

プラザ合意についてはバブル崩壊後にさまざまな議論がなされたが、バブル景気とその後の失われた20年(長期の経済低迷)の起点ではないかとの見解がある。

輸出が需要創出の大きな柱である日本が為替レートを恣意的に調節することは大きなリスクを伴う。協調介入によって人為的に円高に導いた結果、輸出産業は競争力を相対的に失い、自然な経済成長リズムの破綻に繋がった。日本にとって不利になるこの合意がなされた背景には、以前から加熱していた黄禍論貿易摩擦があった。

1980年代前半にはアメリカの莫大な経常赤字により日本では輸出が急伸し、経常黒字は著しく増大した。これにより、輸出産業を中心に好業績の企業が相次いだ(ハイテク景気)。当時アメリカは、財政赤字と貿易赤字という、いわゆる「双子の赤字」を抱えており、日欧諸国はアメリカによりもたらされる経常黒字が物価上昇圧力になっているという指摘があった。これらの世界経済不均衡を是正するための効果的な手段としてドル安への誘導がなされたという指摘がある。ドル安にすれば米国の貿易赤字(とりわけ対日貿易赤字)が目減りすると期待された。

当時の内閣総理大臣・中曽根康弘、大蔵大臣・竹下登、日銀総裁・澄田智らによって決断されたこの政策は、日本がアメリカの赤字解消のための為替操作を容認した対米妥協策との解釈が一般的である。

協調介入の効果[編集]

本来、為替レートなどを誘導する場合はソフトランディングへ誘導するのが一般的である。すなわち、実体経済への急激なインパクトを避け、投機的な資金の流出、流入を防止することで市場の安定性を確保し、同時に市場需給に基づく自由かつ柔軟な取引によって自律的に国際収支調整されることが期待される。

しかし、ある特別な場合において、複数の国間で為替レートを一定の水準まで誘導するよう、市場介入を協力して行う場合がある。協調介入といわれるこの手法は、自国の通貨の安定性を保つために行われる自国通貨への介入、すなわち単独介入とはその目的において大きく異なる。単独介入とは、急激な為替レートの変動があったとき、これによって実体経済への悪影響が懸念されるため、これを安定させる目的で行われるものであり、為替レートを一定の方向へ誘導する目的で行われるものではない。これに対し、協調介入は、ある種の経済的なゆがみ・不均衡があり、それによって複数の国の利害が総合的に悪いと判断されるときに、当該国間で協議し行うものであり、為替レートを人為的に一方向へ操作するほどの強い影響力がある。ただし、協調介入を行っても、マーケットがこれを予測してすでに織り込んでいる場合があり、サプライズ感がとぼしく、大きな影響を与えない場合もありえる。

協調介入が特殊であるとされる理由として、為替レートの誘導目標をあらかじめ公開する点である。一般的に、単独介入が誘導目標を公開しないのとは対照的である。このため、市場参加者の思惑売買を誘導することが可能となる。プラザ合意後、当時の大蔵大臣・竹下登が「円-ドルレートは1ドル=190円でもかまわない」と発言したことを受けて一気に円高が進んだことなどからも、市場参加者の思惑を誘う協調介入は大きな影響力があることがわかる。また、協調介入が実施されるケースはごくまれであり、プラザ合意が行われた当時は、大きな経済的ゆがみが認識されていたことが窺える。

また、こうした性格上、協調介入ではソフトランディングが非常に難しいという指摘があり、一方で経済のねじれを一気に解消する手法として積極的に活用するべきとの意見もあるようである。ただし、変動相場制における国際収支調整機能は、金融政策が経済調整を担う現代においてはほとんど喪失されている。これは金融政策で物価変動を抑制する限りマクロバランスの対外不均衡が調整されないためである。

参考文献[編集]

  1. ^ Fed of St. Louis HP”. 2009年5月4日閲覧。
  2. ^ 為替の日次データ(1970年~1989年)連邦準備制度理事会。2009年1月25日閲覧。
  3. ^ 日本銀行の金融政策(1984年~1989年)-プラザ合意と「バブル」の生成-, 黒田晃生, 明治大学社会科学研究所紀要
  4. ^ 最近における短期金融市場の動向について, 日本銀行調査月報:1986年2月号
  5. ^ わが国の均衡実質金利, 図表12-15によると、この時期には金融引き締め度合いを示す金利ギャップが非常に大きくなっている。

関連項目[編集]