ベニシア・スタンリー・スミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ベニシア・スタンリー・スミス(Venetia Stanley-Smith、1950年12月27日 - )はイギリスロンドン出身のハーブ研究家・英会話学校経営者。夫は山岳写真家の梶山正

曽祖父の異母兄はイギリスの外務大臣インド副王兼総督を務めた初代カーゾン侯爵(初代スカーズデール子爵)ジョージ・カーゾンであり、祖父リチャード・ナサニエル・カーゾンは第2代スカーズデール子爵

人物[編集]

1950年に第2代スカーズデール子爵リチャード・ナサニエル・カーゾン(1898–1977)の三女・ジュリアナ・カーゾンと、シェークスピア劇俳優を夢見ていた父デレク・スタンリー・スミスの間に生まれる[1][2][3]。 母の実家は、イギリスの建築家ロバート・アダムが手がけたケドルストンホール(2014年4月現在は、ナショナルトラストが管理[4])と呼ばれるカーゾン家のマナーハウスであった。スカースデイル子爵2世には男子がなく、爵位は1959年に親戚の家系が継いだ[5]

2歳のときに両親が離婚し[6]、再婚を繰り返す母ジュリアナに従って国内外を転居し、6歳からジャージー島セント・ヘリアの小学校に通い、10歳から6年間ヒースフィールドという寄宿舎制の女子校で学ぶ。ロンドンの女子高に進学し、花嫁学校を経て[7]、19歳の時に母国を離れてバックパッカーとしてインドに辿り着き、暫く現地でグルに従事しながら生活をしていたが、1971年に船で日本の九州南部に渡り、1974年に日本人男性と結婚[2]東京岡山の生活を経て、1978年から京都で英会話学校の経営を始める。

1992年に登山家の梶山と再婚し、1996年大原に移住、これがきっかけとなり、テレビ・新聞・講演・カレンダーなどメディアが取り上げている。打ち込める趣味としてガーデニングを始め、友人のアドバイスでハーブを育て始め、6年後の2002年にNHKの「わたしのアイデアガーデニングコンテスト」で特別賞を受賞したことをきっかけに、ハーブ教室を始めるなど、ハーブ専門家として活動を始め、2007年に初めての著書『ベニシアのハーブ便り』を上梓し、その後エッセイ本やDVDなども出版[8]。また、NHK「猫のしっぽ カエルの手 京都 大原 ベニシアの手づくり暮らし」のスタッフによるドキュメンタリー映画が2013年9月14日に公開された。

子に長女・サチア、次女・ジュリー、長男・主慈、梶山との間に次男・悠仁がいる[8][2]。次女が産後鬱から統合失調症を発症したことを公表している[9]。また、母親の4回の結婚により6人の兄弟姉妹がおり、異父妹の一人は同じくガーデニングを趣味としアイルランドのティペラリー州ニーナーでCurraquill Gardenを運営している[10]

脚注[編集]

  1. ^ Lundy, Darryl. “Hon. Juliana Eveline Curzon” (英語). thepeerage.com. 2016年3月9日閲覧。
  2. ^ a b c 試写会日記『ベニシアさんの四季の庭』ヒルズ・クラブ、2013年9月20日
  3. ^ 私の父の物語ベネシアインターナショナル英会話スクール、2013年 3月 1日
  4. ^ http://www.nationaltrust.org.uk/kedleston-hall/
  5. ^ Francis John Nathaniel Curzon, 3rd Viscount ScarsdaleWikipedia英語版
  6. ^ Hon. Juliana Eveline CurzonThe Peerage
  7. ^ 社交界デビューへの道のり ベネシアインターナショナル英会話スクール、2015年 4月 1日
  8. ^ a b 京都大原の里に暮らし始めて梶山正、『チルチンビト』
  9. ^ ベニシアからのメッセージ「統合失調症と生きる」ベネシアインターナショナル英会話スクール、2004年
  10. ^ Curraquill Gardenfacebook

テレビ出演[編集]

著書[編集]

  • 『ベニシアのハーブ便り 京都・大原の古民家暮らし』(2007年世界文化社
  • 『ベニシアの京都里山暮らし 大原に安住の地を求めて』(2009年、世界文化社)
  • 『ベニシアの京都里山日記 大原で出逢った宝物たち』(2009年、世界文化社)
  • 『猫のしっぽ カエルの手:ベニシアのエッセイ集 ベニシアの手づくり暮らし』 3編、世界文化社 ‐DVD BOOK(各編、DVD:2枚+エッセイ集1冊)
    • 春・夏編(2010年 4月)ISBN 978-4-418-10002-6
    • 秋・冬編(2010年10月)ISBN 978-4-418-10003-3
    • 英国里帰り編(2011年6月)ISBN 978-4-418-11006-3
  • 『ベニシアの言葉の宝箱(猫のしっぽ カエルの手)』(2012年 11月)‐DVD BOOK(エッセイ集1冊+DVD:1枚)ISBN 978-4-418-12003-1

ドキュメンタリー映画[編集]

  • ベニシアさんの四季の庭(2013年9月14日公開)