ベニシア・スタンリー・スミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

ベニシア・スタンリー・スミス(Venetia Stanley-Smith、1950年 - )はイギリスロンドン出身のハーブ研究家・英会話学校経営者。夫は山岳写真家の梶山正

曽祖父の兄はイギリスの外務大臣インド副王兼総督を務めたジョージ・カーゾン (初代カーゾン・オヴ・ケドルストン侯爵)であり、祖父リチャード・ナサニエル・カーゾンはスカーズデール子爵。

人物[編集]

生家は、イギリスの建築家ロバート・アダムが手がけたケドルストンホール(2014年4月現在は、ナショナルトラストが管理[1])と呼ばれるカーゾン家のマナーハウスであった。国外などで生活を送った後、10歳からヒースフィールドという寄宿舎制の女子校で学ぶ。19歳の時に母国を離れてバックパッカーとしてインドに辿り着き、暫く現地でグルに従事しながら生活をしていたが、1971年に船で日本の九州南部に渡り、東京岡山の生活を経て、1978年から京都で英会話学校の経営を始める。

1996年大原に移住、これがきっかけとなり、テレビ・新聞・講演・カレンダーなどメディアが取り上げている。NHK「わたしのアイデアガーデニングコンテスト」のガーデニング部門で1位に輝いた。また、NHK「猫のしっぽ カエルの手 京都 大原 ベニシアの手づくり暮らし」のスタッフによるドキュメンタリー映画が2013年9月14日に公開された。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.nationaltrust.org.uk/kedleston-hall/

テレビ出演[編集]

著書[編集]

  • 『ベニシアのハーブ便り 京都・大原の古民家暮らし』(2007年世界文化社
  • 『ベニシアの京都里山暮らし 大原に安住の地を求めて』(2009年、世界文化社)
  • 『ベニシアの京都里山日記 大原で出逢った宝物たち』(2009年、世界文化社)
  • 『猫のしっぽ カエルの手:ベニシアのエッセイ集 ベニシアの手づくり暮らし』 3編、世界文化社 ‐DVD BOOK(各編、DVD:2枚+エッセイ集1冊)
    • 春・夏編(2010年 4月)ISBN 978-4-418-10002-6
    • 秋・冬編(2010年10月)ISBN 978-4-418-10003-3
    • 英国里帰り編(2011年6月)ISBN 978-4-418-11006-3
  • 『ベニシアの言葉の宝箱(猫のしっぽ カエルの手)』(2012年 11月)‐DVD BOOK(エッセイ集1冊+DVD:1枚)ISBN 978-4-418-12003-1

ドキュメンタリー映画[編集]

  • ベニシアさんの四季の庭(2013年9月14日公開)