ホンキートンク (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ホンキートンク
メンバー 弾(間瀬範彦)
利(平山協実)
結成年 2003年
事務所 漫才協会(2003年 - )
落語協会鈴々舎馬風一門)
(2006年 - )
プロモーション・ススム
(2003年 - 2009年)
マセキ芸能社(2009年 - )
活動時期 2003年 -
師匠 星セント
出身 弾:日本の旗 日本愛知県半田市亀崎町
利:日本の旗 日本熊本県菊池郡旭志村
出会い 俳優養成所
旧コンビ名 A23デラックス(3人組、コント)[1]
Gプラン[1]
現在の活動状況 寄席や都内ライブなど中心
芸種 漫才
過去の代表番組 年忘れ漫才競演(NHK)
スパイスベータ(CBCテレビ
スゴネタ!(テレビ神奈川
公式サイト ホンキートンク公式ホームページ
受賞歴
テンプレートを表示

ホンキートンクは、落語協会漫才協会に所属する漫才師2003年11月結成[2]。10代目鈴々舎馬風ファミリー。

プロフィール[編集]

  • (だん、本名:間瀬 範彦 [ませ のりひこ][2]1971年9月26日[2] - )(45歳)
    愛知県半田市亀崎町出身[3][4]。身長167cm[2]ツッコミ担当。B型。愛知県立半田商業高等学校卒業[3]間瀬 弾の名義も使う[5][4]
    高校ではラグビー部の主将を務めたり、バンド活動を行っていた[4]。卒業後もアルバイトやバンド活動をしていたが、「地元で終わりたくない。人前に出たい」という思いから22歳で上京し芸能事務所と契約[4]山本直樹守ってあげたい』を原作にしたVシネマ『女教師 禁じられた情事』のオーディションに合格し役をもらったものの、本番中セリフも演技も駄目出しされ、俳優養成所に通うこととなった[4]。舞台やドラマの端役やアニメの声優をほそぼそとやりながら、28歳の時、星セント・ルイス星セントに出会い、付き人となる[4]
    2015年5月14日、ねづっち三浦昌朗らと共に漫才協会の理事に就任。
    元々星セントに付けられた名は「団」であったが、字画などが悪かったため星セントに申し出て「弾」の字へ変更した[6]
  • (とし、本名:平山 協実 [ひらやま やすみ]、1973年6月2日[2] - )(43歳)
    熊本県菊池郡旭志村(現菊池市)出身[2][7]。身長174cm[2]ボケ担当。O型。平山 利の名義も使う[5][7]。既婚。二児の父。
    大学卒業後、俳優を目指して上京[7]。アルバイトと舞台を繰り返す日々に行き詰まりを感じていた時に出会った星セント・ルイス星セントに出会い、お笑いの魅力に気づく[7]。本気でお笑いをやると決意し、俳優養成所で出会った間瀬と共に星セントに師事した[7]
    広田善一(ポケ)、平本閣(カク)とともに「3H(サンエイチ)」というライブユニットを組んでいる[8]

概要[編集]

2002年星セント・ルイス星セントに弟子入り。2003年11月結成し、プロモーション・ススムに所属。同年、漫才協会に入会。その後、2006年落語協会に入会。2009年、マセキ芸能社へ移籍。主に寄席、都内ライブ等にて活動する。

ロケット団ナイツ宮田陽・昇を加えた4組で「漫才協会の四天王」と呼ばれる[7][9]

2014年11月、漫才協会の第26第真打ちに昇進[7]。同年11月28日の第45回漫才大会にて昇進披露を行う[10]。プレゼンターとして落語協会より柳亭市馬が駆けつけた[11]

弟子入り前の2000年4月から6月にかけて『即興・カニクラブ』にIQというコンビ名で参加しており、同年4月13、14日に"陰と陽"(場所:ART GROUND エウロス)という単独ライブ行っている。

出演[編集]

TV[編集]

ラジオ[編集]

ライブ[編集]

  • TOMATO LIVE Vol.21-23(しもきた空間リバティ、2008年)[1]

イベント[編集]

舞台・寄席[編集]

ほか。

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f ホンキートンク”. タレントデータベース. タレントデータベース. 2016年7月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l ホンキートンク”. マセキ芸能社. マセキ芸能社. 2016年7月2日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 間瀬 範彦”. Facebook. 2016年7月2日閲覧。
  4. ^ a b c d e f “わが校の先輩 半田市亀崎小 漫才師・間瀬弾さん(43)”. 中日新聞知多版(朝刊) (中日新聞社). (2015年4月14日) 
  5. ^ a b ホンキートンク プロフィール”. プロモーション・ススム (2009年2月25日). 2016年7月2日閲覧。
  6. ^ 宮田陽とホンキートンク弾の Yo! So! Dan! 1”. Youtube. 漫才協会 (2015年4月29日). 2016年7月3日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g 菊池人 平山利さん (PDF)” (日本語). 広報きくち. 菊池市. 2016年7月3日閲覧。
  8. ^ 即興ライブユニット3H(サンエイチ)のHPです”. 2016年7月3日閲覧。
  9. ^ 落語家と漫才師“お笑い”結婚、野球が縁”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2010年2月17日). 2016年7月2日閲覧。
  10. ^ 漫才大会でひでやとかねきよのイリュージョン、ホンキートンク真打ち昇進披露も”. お笑いナタリー. ナターシャ (2014年11月29日). 2016年7月2日閲覧。
  11. ^ 東京かわら版 (2014年10月24日). “祝・真打昇進!意気込みを語るホンキートンク。ゲストはなんと<昼の部>鈴々舎馬風、<夜の部>柳亭市馬師匠です!!...”. Twitter. 2017年1月26日閲覧。
  12. ^ a b c ホンキートンクのTV出演情報”. ORICON STYLE. オリコン. 2016年7月2日閲覧。
  13. ^ 平成27年度花形演芸大賞決定のお知らせ”. 国立演芸場. 日本芸術文化振興会 (2016年3月31日). 2016年7月2日閲覧。