ホーム・チーム (お笑い)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ホーム・チーム
メンバー 与座嘉秋
檜山 豊
結成年 1996年
解散年 2010年
事務所 マセキ芸能社
活動時期 1996年 - 2010年
現在の活動状況 解散(与座のみピンで活動)
芸種 漫才コント
ネタ作成者 与座嘉秋
過去の代表番組 爆笑オンエアバトル
爆笑レッドカーペット
新春ホワイトカーペット
エンタの神様
笑いの金メダル
など
テンプレートを表示

ホーム・チームは、日本お笑いコンビ日本映画学校(現・日本映画大学)10期生。2010年12月をもって解散。かつてはマセキ芸能社に所属していた[1]

メンバー[編集]

茨城県日立市出身。血液型O型。立ち位置は右でツッコミ担当。
2007年10月22日のトークライブにて結婚を報告。2008年3月8日に長男が誕生。2012年4月、離婚を発表[2]
サッカー日本代表鈴木隆行は、高校の同級生である。
コンビ解散後、芸能界を引退した[2]。2012年、映画『死ガ二人ヲワカツマデ… 第二章 「南瓜花 -nananka-」』の脚本を手がける[2]
2014年、演劇集団「チーム・ギンクラ」を結成した。
沖縄県沖縄市出身。血液型O型。立ち位置は左でボケ担当。
コンビ解散後は「与座よしあき」として、ピンで活動中。

概要[編集]

日本映画学校在学中に出会い、1996年にコンビを結成する。事務所の先輩にウッチャンナンチャン出川哲朗などがいる。

1999年より放送開始されたNHK爆笑オンエアバトル』の番組初期から出演。着実に成績を残し、番組で好成績を残した芸人に授与されるゴールドバトラーに認定された。ホーム・チームが番組で記録したオンエア回数25回という数字は、番組最高記録として2010年に番組が終了するまで破られることはなかった。

2人共単独で俳優としても活動し、檜山はフジテレビの『人にやさしく』で香取慎吾の親友役、与座は映画『雨あがる』などに出演。与座はカンフー映画のファンで、『映画の達人』出演時には、「ジャッキー・チェンの二度見」をし、『ドランクモンキー 酔拳』など映画について熱く語った。共に『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』に出演し、檜山はリングスの格闘家のモノマネをする。

2010年12月29日に公演された単独ライブ『ハルマゲドン』をもって解散。与座はピン芸人として以後も芸能活動を続け、檜山は芸能界を引退した。

出演[編集]

バラエティ[編集]

テレビ
アニメの全キャラクターの声を担当している。
インターネット

ドラマ[編集]

CM[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • Theatre劇団子第18回公演「カーラヂオが終われば」(2006年11月23日 - 26日、武蔵野市立吉祥寺シアター)

VHS・DVD[編集]

  • 爆笑オンエアバトル ホーム・チーム(2003年3月19日発売)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ホーム・チーム”. マセキ芸能社. 2010年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月9日閲覧。
  2. ^ a b c 元ホーム・チームの檜山豊、芸能界復帰をキッパリ否定…9月公開映画で脚本執筆”. CINEMATODAY. 2012年7月31日閲覧。

関連項目[編集]

檜山豊
与座よしあき