マイケル・ドークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
マイケル・ドークス
基本情報
本名 マイケル・ドークス
階級 ヘビー級
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1958-08-10) 1958年8月10日
出身地 オハイオ州アクロン
死没日 (2012-08-12) 2012年8月12日(満54歳没)
死没地 オハイオ州アクロン
プロボクシング戦績
総試合数 61
勝ち 53
KO勝ち 34
敗け 6
引き分け 2
テンプレートを表示

マイケル・ドークスMichael Dokes、男性、1958年8月10日 - 2012年8月12日)は、アメリカ合衆国プロボクサーオハイオ州アクロン出身。

回転の速いコンビネーションを持ち味とする選手。

来歴[編集]

1976年10月15日、プロデビュー。

1982年1月30日、NABF北米ヘビー級王座を獲得した。

1982年12月10日、王者マイク・ウィーバーを1ラウンドTKOで破り、WBA世界ヘビー級王座を獲得。

1983年5月20日、ウィーバーと再戦し、15ラウンド判定ドローとなり、王座初防衛となった。

1983年9月23日、ゲリー・コーツィーに10ラウンドKOで敗れ、王座から陥落した。

1985年3月15日、WBC米大陸ヘビー級王座を獲得した。

1986年、コカイン密売の罪で逮捕され、執行猶予2年を宣告される[1]

1989年3月11日、イベンダー・ホリフィールドと対戦。中盤過ぎまでは、その持ち味である回転の速い連打でホリフィールドを再三苦しめる場面があったが、終盤消耗し、一瞬のチャンスから一気にホリフィールドに畳み掛けられ、10ラウンドTKO負けを喫した。

1993年2月6日、リディック・ボウの持つWBAIBF世界ヘビー級王座に挑戦するが、1ラウンドTKO負け。

1997年、引退。

2000年、性的暴行目的の誘拐と殺人未遂の罪で懲役10年が宣告される[1]

2008年、刑務所から仮釈放され出所する[1]

2012年8月12日、オハイオ州アクロンの自宅で死去[2]。54歳没。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Boxer Michael Dokes’ family wants street named after him”. Ohio.com (2013年3月2日). 2013年3月25日閲覧。
  2. ^ Michael Dokes, Former Champ, Passes Away at 54 Boxing News 2012年8月13日閲覧

関連項目[編集]

前王者
マイク・ウィーバー
WBA世界ヘビー級王者

1982年12月10日 - 1983年9月23日

次王者
ゲリー・コーツィー