マッチポンプ (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
マッチポンプ
メンバー 木村耕介
山田直人
結成年 2006年
解散年 2009年7月
事務所 東京松竹
活動時期 2006年 - 2009年7月
出身 松竹芸能タレントスクール11期生
出会い 帝京大学
現在の活動状況 解散(山田は「さんびーち」として活動)
芸種 漫才、コント
テンプレートを表示

マッチポンプは、松竹芸能に所属していたお笑いコンビ

来歴[編集]

二人共に帝京大学卒業。同大学4年生の時にお互いに知り合い、共にお笑い好きということで意気投合し、在学中の2006年に「思い出作りのために」とコンビを結成、その約1か月後にはM-1グランプリに出場。「次のネタの事を考えていた」というほど、会場の反応で手応えを感じていたとのことであったが、この年は1回戦で敗退。

その後、松竹芸能タレントスクールに11期生として入学。同校卒業後、松竹芸能に所属[1]

2009年7月末、木村が当初の志望だったミュージシャンを再び目指すとして引退したことにより解散[2]。山田は松竹芸能に残り、芸人を続けていくことを報告した[3]

解散翌月の8月、山田は河野智彰とのコンビ「ミヤ」を結成、ミヤとしての初舞台は8月11日の『LIVE疾風迅雷』(なかのZERO視聴覚ホール)だった[4]。同年9月27日には自分たちがMCを務めたライブ『第1回ミヤの集い』(新宿Fu-)を行った。同年10月1日より、ミヤとして松竹芸能に所属[5]

2010年10月17日を最後に方向性の違いを理由にミヤを解散。同じ時期にピン芸人「ひょうご」と共に「さんびーち」を結成して活動している(当初はM-1に出る為の即席コンビだったが、2010年12月24日を境に本格的に松竹のコンビとして活動する事を決める)。

メンバー[編集]

木村 耕介(きむら こうすけ、1984年10月23日 - )(31歳)

愛媛県新居浜市出身。身長171cm、体重70kg、AB型。
ギター似顔絵が趣味。なお、中学生時代は帰宅部だった。
最初はミュージシャン志望で高校生時代からのバンド仲間と一緒に上京。目標は奥田民生だったという。しかし大学入学後、次第に音楽活動をしなくなっていった[2]

山田 直人(やまだ なおと、1984年9月28日 - )(31歳)

京都府宇治市出身。身長171cm、体重63kg、O型。
中学生の時からボクシングをやっていた。

芸風[編集]

  • 代表的なコントとしては、すぐにケンカする熟年夫婦のシリーズのコントがあり、山田が妻役(女装)、木村が夫役(ハゲカツラ)で演じる。口ゲンカからビンタで叩き合うようになり、その後ビンタがリズムを刻むようになり、山田が踊り出し、木村がハーモニカを出して吹き出す、という流れが主となっている。山田が縄跳びをすることもある。テレビ出演の時などでは、このネタを披露することが多い。
  • ライブでは漫才を披露することもあり、この時は主に山田がツッコミ、木村がボケを担当する。

出演[編集]

脚注[編集]