マリオ・ケンペス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
マリオ・ケンペス Football pictogram.svg
Mario Kempes 2006.jpg
名前
本名 マリオ・アルベルト・ケンペス
Mario Alberto Kempes
愛称 El Matador (エル・マタドール、闘牛士)[1],
El Toro (エル・トロ、雄牛)
ラテン文字 Mario KEMPES
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1954-07-15) 1954年7月15日(62歳)
出身地 ベル・ビジェスペイン語版
身長 182cm
体重 78kg
選手情報
ポジション FW
利き足
ユース
アルゼンチンの旗 インスティトゥート
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1970-1973 アルゼンチンの旗 インスティトゥート 13 (11)
1974-1976 アルゼンチンの旗 ロサリオ・セントラル 107 (85)
1977-1981 スペインの旗 バレンシア 142 (95)
1981-1982 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 29 (15)
1982-1984 スペインの旗 バレンシア 42 (21)
1984-1986 スペインの旗 エルクレス 38 (10)
1986-1987 オーストリアの旗 ファースト・ヴィエナ 20 (7)
1987-1990 オーストリアの旗 ザンクト・ペルテン 96 (34)
1990-1992 オーストリアの旗 クレムザー 39 (7)
1995 チリの旗 フェルナンデス・ビアル 11 (5)
1999 インドネシアの旗 ペリタ・ジャヤ 15 (10)
通算 537 (290)
代表歴
1973-1982 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 43 (20)
監督歴
1996 インドネシアの旗 ペリタ・ジャヤ
1996 アルバニアの旗 ルシュニャ
1997-1998 ベネズエラの旗 ミネロス・デ・グアヤナ
1999 ボリビアの旗 ザ・ストロンゲスト
2000 ボリビアの旗 ブルーミング
2000-2001 ボリビアの旗 インデペンディエンテ・ペトロレロ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

マリオ・アルベルト・ケンペスMario Alberto Kempes, 1954年7月15日 - )は、アルゼンチンコルドバ州出身の元サッカー選手、サッカー指導者。アルゼンチン代表であった。ポジションはフォワード。ペナルティエリア内に陣取るセンターフォワードではなく、運動量の多いフォワードとして知られ、しばしばペナルティエリア外からもゴールを狙った。

経歴[編集]

選手時代[編集]

クラブ[編集]

父親のマリオもサッカー選手であった。7歳の時にジュニアチームでサッカーを始め、14歳の時に地元のタジェレス・デ・コルドバの下部組織に加わった。1971年、インスティトゥートACコルドバからデビューし、オズワルド・アルディレスなどとともにプレー。1974年にCAロサリオ・セントラルに移籍し、同年にはプリメーラ・ディビシオンで25得点を挙げて得点王に輝いた。セントラルでは105試合で85得点を記録して傑出したゴールスコアラーとしての地位を確立した。1976年にリーガ・エスパニョーラバレンシアCFに移籍し、1976-77シーズン(24得点)と1977-78シーズン(28得点)には2シーズン連続でピチーチ賞(得点王)のタイトルを獲得した。スペインでの活躍や1978 FIFAワールドカップでの活躍などから、1978年にはベネズエラのエル・ムンド誌が選出する南米年間最優秀選手賞を受賞した。1978-79シーズンにはコパ・デル・レイで優勝し、1979-80シーズンにはUEFAカップウィナーズカップで優勝。1980年にはUEFAチャンピオンズカップ王者のノッティンガム・フォレストFC(イングランド)を破ってUEFAスーパーカップのタイトルも獲得した。1981年には母国のCAリーベル・プレートに移籍したが、再びスペインに戻ってバレンシアとエルクレスCFでプレー。30代となってからはオーストリアン・ブンデスリーガのクラブに在籍した。1992年にいったん現役引退したが、1995年に現役復帰して1996年までプレーした。

代表[編集]

アルゼンチン代表としては43試合に出場して20得点し、1974 FIFAワールドカップ1978 FIFAワールドカップ1982 FIFAワールドカップの3回のFIFAワールドカップに出場した。

1973年9月23日、ボリビア戦でアルゼンチン代表デビュー。20歳だった1974年には西ドイツで開催された1974 FIFAワールドカップに出場したが、6試合出場無得点であった。1978年にはセサル・ルイス・メノッティ監督によって母国開催の1978 FIFAワールドカップのメンバーに選出されたが、アルゼンチン国外でプレーする選手はケンペス(スペインのバレンシア所属)ただひとりであった。メノッティ監督は、メンバー発表の際にケンペスを「彼は屈強で、技術があり、スペースを作るのが巧みで、強烈なシュートを放てる。違いを生み出せる選手であり、センターフォワードのポジションでプレーできる」と表現した。イタリアフランスハンガリーと同組となった1次リーグでは無得点に終わったが、ブラジルポーランドペルーと同組となった2次リーグでは、ポーランド戦とペルー戦でそれぞれ2得点し、首位で決勝に進出。ポーランド戦では手を使って失点を阻止し、ポーランドにPKが与えられたが、ウバルド・フィジョールがPKをセーブして失点を免れた[2]。決勝のオランダ戦 (3-1) は前半に先制点を挙げ、試合は延長にもつれ込んだが、105分に持ち前のドリブルから決めた得点が決勝点となった[1]。この大会では6得点を挙げて得点王と大会最優秀選手賞を受賞し、アルゼンチンの初優勝に大きく貢献した。1982年にスペインで開催された1982 FIFAワールドカップでは5試合に出場したが、大会後は代表に選出されることもなくなった。

指導者時代[編集]

1993年には、古巣バレンシアCFエクトル・ヌニェス監督のアシスタントコーチを務め、1996年にはリーガ・インドネシアペリタ・ジャワFC英語版で選手兼任監督を務めた。初めて常勤の監督に就任したのはアルバニア・サッカーリーグのSKルシューナである。短期間の采配期間ではあったが、アルバニアのサッカー史上初の外国人監督となったほか、アルバニアで初めて外国人選手と契約した監督となり、先駆者として名を残した。1997年にはベネズエラACCDミネロス・デ・グアヤナスペイン語版監督に就任。1999年にはボリビアのザ・ストロンゲストの監督となり、2000年には同じボリビアのクラブ・ブルーミングの指揮を執った。

その後[編集]

1999年にはワールドサッカー誌によって20世紀の偉大なサッカー選手100人の73位に選出された。2004年3月にはペレによってFIFA 100に選出された。現在はスペインのESPN Deportesでサッカー解説者やコメンテーターとして活動している。テレビゲームのFIFA 13・南米版ではフェルナンド・パローモやシーロ・プロクーナとともに推薦文を書いている。

個人成績[編集]

クラブでの出場記録[編集]

クラブ成績 リーグ カップ リーグ杯 国際大会 通算
シーズン クラブ リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
アルゼンチン リーグ カップ リーグ杯 南米 通算
1973 インスティトゥート プリメーラ 13 11
1974 ロサリオ・セントラル プリメーラ 36 29
1975 49 35
1976 22 21
スペイン リーグ 国王杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
1976-77 バレンシア ラ・リーガ 34 24 0 0 - - - - 34 24
1977-78 34 28 12 11 - - - - 46 39
1978-79 30 12 10 3 - - 6 3 46 18
1979-80 32 22 2 2 - - 9 9 43 33
1980-81 12 9 1 0 - - 5 2 18 11
アルゼンチン リーグ カップ リーグ杯 南米 通算
1981 リーベル・プレート プリメーラ 29 15
1982 0 0
スペイン リーグ 国王杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
1982-83 バレンシア ラ・リーガ 27 13 1 0 2 0 8 0 38 13
1983-84 15 8 4 3 2 0 - - 19 11
1984-85 エルクレス ラ・リーガ 17 1 2 0
1985-86 21 9 2 1
オーストリア リーグ ÖFB杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
1986-87 ファースト・ヴィエナ ブンデスリーガ 20 7
1987-88 ザンクト・ペルテン エアステリーガ 32 10
1988-89 ブンデスリーガ 29 9
1989-90 35 15
1990-91 クレムザー ブンデスリーガ 21 5
1991-92 18 2
チリ リーグ カップ リーグ杯 南米 通算
1995 フェルナンデス・ビアル プリメーラB 11 5
インドネシア リーグ カップ リーグ杯 アジア 通算
1995-96 ペリタ・ジャワ リーガ・インドネシア 15 10 15 10
通算 アルゼンチン 149 111
スペイン 222 126
オーストリア 155 48
チリ 11 5
インドネシア 15 10 15 10
総通算 552 300

代表での年別記録[編集]

[3]


アルゼンチン代表 国際Aマッチ
出場 得点
1973 0 0
1974 10 4
1975 5 3
1976 9 7
1977 0 0
1978 7 6
1979 0 0
1980 0 0
1981 3 0
1982 9 0
通算 43 20

代表での得点[編集]

スコア欄はアルゼンチンを左側に記している

タイトル[編集]

クラブ[編集]

バレンシアCF
CAリーベル・プレート

代表[編集]

アルゼンチン代表

個人[編集]

脚注[編集]