ミモ・ファルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ミモ・ファルス
メンバー 岡田和幸
小畑圭司
米原正毅
結成年 1986年 
解散年 1990年 
事務所 吉本興業
活動時期 1986年 - 1990年
現在の活動状況 解散
芸種 コント
テンプレートを表示

ミモ・ファルス(みも・ふぁるす)は、かつて吉本興業に所属していたお笑いトリオ。


メンバー[編集]

岡田和幸1962年2月1日 - )

小畑圭司1965年12月1日 - )

米原正毅1964年3月6日 - )   

略歴[編集]

  • 1982年4月、岡田は会社務めをしながら吉本興業のタレント養成所吉本総合芸能学院の1期生として入学する。1984年に勤めていた会社を退社し「ジャパン・アクション・クラブ」(通称:JAC)の養成所に入所しその養成所で先輩であった米原と知り合い、その後2人で飲みに行ったスナックでアルバイトしていた小畑と知り合う。
  • 1990年、2丁目劇場などで活躍していたが、リーダー格だったダウンタウンが東京進出に伴い劇場を卒業し同世代の芸人達も卒業していってしまい活動の場が限られしまいグループを解散した。解散後は小畑は芸能界を引退し、[1]米原は「チェイサー」というトリオで活動しており、[2](米原の現在の活動・情報は不明)岡田は時代劇ユニット「チャンバラJr.」で現在も活躍している。

エピソード[編集]

  • 岡田はNSC在学時代に、現在俳優として活躍している山田幸伸と漫才コンビを組んでいたが短期間で解散した。
  • 当時のネタの十八番であった「少年隊」扮したネタでは、桂三枝(現・六代目桂文枝)も「僕はあのネタ好きやねん」と語っていた。[3]

出演[編集]

テレビ

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1991年 第11回ABCお笑い新人グランプリでのハイヒールの発言より
  2. ^ 1991年 第11回ABCお笑い新人グランプリでのハイヒールの発言より
  3. ^ 1991年 第11回ABCお笑い新人グランプリでの発言