ミヤコ (お笑い芸人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ミヤコ
本名 吉崎 勢津子(よしざき せつこ)
ニックネーム ミヤコ、ミヤピー
生年月日 1958年9月20日
没年月日 1996年6月19日(満37歳没)
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市中央区
方言 大阪弁
最終学歴 大阪外国語大学外国語学部スペイン語科
コンビ名 非常階段(1985年 - 1996年)
相方 シルク
芸風 ボケ
立ち位置
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1985年 - 1996年
同期 今田耕司リットン調査団130R桂茶がまきびのだんご太平かつみなど
他の活動 パーソナリティ、タレント
配偶者  未婚
弟子 なし

ミヤコ1958年9月20日 - 1996年6月19日)は、日本のお笑い芸人である。シルクと共に漫才コンビ「非常階段」として活動していた。

経歴[編集]

大阪府大阪市出身。1984年昭和59年)、幼馴染のシルクと共に漫才コンビ「非常階段」を結成。吉本興業に所属。共に高学歴と言う異色の経歴から、注目を受けた。後に吉本ではオリエンタルラジオロザン田畑藤本などが高学歴芸人として登場してきたが、同時期にブレイクした圭・修ともどもその元祖と言うべき存在である。

1985年(昭和60年)1月に初舞台を踏みデビュー。同期に今田耕司130R桂茶がまきびのだんご太平かつみらがいた(他事務所所属タレントとしては、ウッチャンナンチャンダチョウ倶楽部中山秀征出川哲朗らが同期)。同年の新人賞などを総なめにした。

1996年平成8年)6月19日肺癌による心不全のため37歳で死去。癌発見のきっかけは、テレビ番組のリポートで人間ドックを受けたことであり、その後、闘病に専念するも助からず、半年後に短い生涯を終えた。突然の死に相方のシルクはショックを隠しきれず、告別式で号泣。真の病状を知らされていなかったためである。

シルクはミヤコの死に伴い漫才は廃業したが、吉本との契約は継続しラジオパーソナリティ翻訳などを生業として奮闘、独自のポジションを築いた。その後、自慢の“セクシーダンス”で再ブレイクし、さらに“浪速の美容番長”の愛称で美容家として全国区進出を果たした。

人物[編集]

相方のシルクは小学校から大学、就職先に至るまで全く同じ経歴である。唯一の違いとしては、共に大阪外国語大学(現在の大阪大学外国語学部)出身ではあるが、シルクは英語科、ミヤコはスペイン語科である。

姉御肌な性格の持ち主で、OL時代、漫才師時代ともに、後輩たちからは「姉さん」と慕われていた。また、デビュー当時はアコムに勤めていた。