ミヤ蝶美・蝶子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ミヤ蝶美・蝶子(ミヤちょうみ・ちょうこ)は、元日向企画、現在は松竹芸能所属の漫才コンビ。共にバツイチであることをネタにする。

メンバー[編集]

来歴[編集]

  • 1977年9月に蝶美は高校卒業後、蝶子は四天王寺高校3年の時に女優志望でミヤコ蝶々主宰の『蝶々新芸スクール』に2期生として入学。芝居の稽古の一環として漫才を組む。藤本義一に認められ『笑の会』に加わる為にコンビ名を「宮蝶美・蝶子」と名乗る。(同期入門に宮川大助・花子太平サブロー・シロー)1980年3月に新花月で劇場初舞台。その後も新花月などで修行。間もなくコンビ名を「ミヤ蝶美・蝶子」とする。
  • 当時の蝶美のキャッチフレーズは「南海香川ドカベン君」でよく物まねをしていた。蝶子は小林幸子の物まねをやっていた。
  • 1980年-1981年 春やすこ・けいこ、ミヤ蝶代・花代、Wさくらんぼ、柴洋子(じゃんけんぽん)らとアイドル的お笑いグループ『ギャルズクラブ』で纏めて売り出され、なんばCITYで定期公演を行う。
  • 1981年2月『お笑いスター誕生!!』でテレビ初出演。並居る若手女性コンビの中で頭角を現わす(当時から「てい!!」というギャグをネタにしている)。9週勝ち抜き、金賞獲得。
蝶々新芸スクールの後輩とロックバンド『蝶美・蝶子とビビデバビデブー』を結成。
松竹芸能からのスカウトを断わった結果、実力にも関わらず出演機会が減少。
  • 1983年7月 蝶美が破門されてコンビ解散。「芸道と家庭は両立しない」という強固な信念を持つ師匠の蝶々から、蝶美が破門された。結婚はまだ許してもらえた(師匠も黙認し漫才は続けられた)が、「先生、子供できました」と言った時は「芸能界を辞めて家庭に入りなさい」と破門される。
蝶美は中華料理店経営の夫との間に3児をもうけるが、夫が失踪し実家の土建業を手伝う。2011年6月までスナックを経営していたが不景気で閉める、2012年には万引きGメンもしていたが、1人も捕まえられなかった。
蝶子はオーストラリア留学の後、蝶々劇団員として舞台に立ち、テレビ番組での鬼嫁で一世一代の当たり役を得たが、鬼嫁の印象が強烈過ぎて(街を歩いていて生卵を投げ付けられた事もあったという)他の仕事が先細りになり、姉の経営する喫茶店で働いていた。
  • 1998年 土木施工管理技士の試験会場のトイレで、15年振りに偶然再会。蝶子は合格。蝶美は前年に続きこの2回目の試験も落ち、後に実家の土建屋は廃業。
  • 2000年 「リハビリと周囲へのアピール目的」で、2人に姉弟子のミヤ花代(パート2 健四郎夫人)を加えた暫定トリオ『豪華けんらん』名義で、数ヶ月間活動。同年5月、松竹芸能所属になり、正式に再結成(鬼嫁ネタは封印しているが、「てい!!」ネタは健在)。
  • 近年は「秋吉久美子道端アンジェリカ」のコンビを自称。

受賞歴[編集]

備考[編集]

  • 2人が入学した「蝶々新芸スクール」は入学金が3万円、月謝が1万円で月・水・金の週3回の各2時間。歌、踊り、日本舞踊などと本格的なレッスンであり、1977年4月に1期生、9月に2期生の入学であった。
  • 蝶美は素人時代に何度かテレビ、ラジオに出演経験があり、蝶子も素人時代にABCラジオの『たむたむたいむ』においてメディア初出演を果たしている。
  • 元々の芸名の由来はまだまだ芸が未熟ということで「ミヤコ蝶々」の「ミヤコ」の「ミヤ」だけをとって「宮蝶美・蝶子」となった。当初はこの芸名がいやであったそうである。
  • 当コンビの「てい!!」と強い調子で発するギャグは近所のおっさんが子供をしかるときに実際に言っていたのを参考にしてできたそうである。劇場の舞台中に思わず発したのが思いのほか客にうけ、そのままコンビの看板ギャグとなった。

テレビドラマ[編集]

  • 部長刑事 第1358話「壊滅! 瀬戸内コネクション」(1984年、ABC)※・蝶子のみ

関連項目[編集]