ミルクス本物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
ミルクス本物
出身地 日本の旗 日本 北海道札幌市
ジャンル J-POP
活動期間 2013年6月 -
レーベル 愛踊祭レーベル(2015-)
公式サイト 公式ウェブサイト
メンバー 渋川紗有実
斉藤梨々子
澤田樹
旧メンバー 松井さやか
小林渚
池田優香
西尾咲璃

ミルクス本物(みるくすほんもの)は、北海道札幌市を拠点に活動する女性ローカルアイドルグループである。

概要[編集]

グループコンセプトはパワーオブミュージックアイドル[1]

愛踊祭優勝後に出演したテレビ朝日「musicるTV」にてMCのヒャダインと綾小路翔から改名のアドバイスを受け[2]、愛踊祭の審査員を担当したミキティー本物にあやかり2016年1月に旧名『ミルクス』から改名した[1][3]

メンバー[編集]

現在のメンバー[編集]

名前 読み 愛称 生年月日(年齢) イメージカラー 特技 担当
澤田樹 さわだ いつき いっちゃん (2001-11-05) 2001年11月5日(15歳)    レッド 料理、裁縫 ROCK/POPS
渋川紗有実(キャプテン) しぶかわ さゆみ さゆみん (1995-09-13) 1995年9月13日(21歳)    パープル バレエ、ピアノで後ろ向きでキラキラ星が弾ける、作曲 JPOP/J-ROCK(邦楽)
斉藤梨々子 さいとう りりこ りりちゃん (1996-08-02) 1996年8月2日(20歳)    ブルー すぐ眠れる、ブランコを高くする技、ときめきパンチ、ときめきキック DANCE MUSIC
出典:公式ウェブサイト#プロフィール

元メンバー[編集]

名前 読み 愛称 生年月日(年齢) イメージカラー
小林渚 こばやし なぎさ なぎ (1998-07-15) 1998年7月15日(18歳)    イエロー
松井さやか まつい さやか さやりい (1993-06-18) 1993年6月18日(23歳)    グリーン
池田優花 いけだ ゆうか ゆかフィン (2000-03-29) 2000年3月29日(16歳)    ピンク
西尾咲璃 にしおさり さーにゃ (1998-07-18) 1998年7月18日(18歳)    イエロー

来歴[編集]

2013年
  • 6月 - オーディションによって「ミルクス」として結成[1]
2014年
  • 3月 - 松井さやかが脱退。
  • 3月12日 - KRAPSHALLにて、定期公演「ミルクスショーVol.1」を開催。その後月1 - 2回の定期公演を開始する[4]
  • 6月11日 - ビクターエンタテインメントから発売されたコンピCD『Girls Pop’n Party -Idol Parade Neo-』に参加[5]
  • 7月 パリで開催された『JAPAN EXPO 2014』にて、札幌を世界に発信する公式テーマソング 「Sapporo De-Su-Yo-Ne-!!」の公式アーティストに選ばれる[5]
  • 12月19日 - EGGMAN EAST TOKYOにて、東京初ワンマンライブのミルクス LIVE IN TOKYOを開催する。
2015年
  • 1月26日 - 札幌市役所本庁舎にて、札幌市長より「若者のまちづくり参加促進大使」に任命される。また、まちづくりPR曲「未来をつかもう」と共に、地域のまちづくり活動に参加してブログやライブなどをとおし、若者にまちづくり活動の情報を発信している[6]
  • 4月1日 - 株式会社アイランド・エンタテイメントが発足し、ミストケイズカンパニー株式会社からアイドル及びアーティストマネージメント事業などが継承される。これに伴い、ミルクスもアイランド・エンタテイメント所属となる[4]
  • 6月 - 結成2周年を期にメンバーにそれぞれ音楽のジャンルが設定され、グループコンセプトを「ミュージックアイドル」として活動をスタートする[1]
  • 8月4日 - 渋谷club asiaにてミルクスショーIN TOKYO vol.1を開催。以降、東京にて不定期開催を実施する。
  • 8月29日 - 「さっぽろハロウィン2015」のアンバサダーに就任[7]
  • 9月22日 - 東京ドームシティホールにて行われたテレビ朝日musicるTV』の『国民的アニメカバーコンテスト「愛踊祭」』企画において北海道エリア代表として、各エリア代表決定戦を勝ち上がった9組の決勝大会ファイナリストと熱戦を経て優勝。更にmusicるTVのマンスリーゲスト出演権も獲得する[8]
  • 10月14日 - ミルクショーVol.23小林渚卒業公演を最後に、小林渚が学業に専念するため、ミルクスを卒業する。
  • 12月16日 - エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ「愛踊祭レーベル」から初の全国流通シングル「魔法使いサリー/とんちんかんちん一休さん」を発売。
2016年
  • 1月22日 - 1月27日のミルクスショーVol.29をもって「ミルクス本物」へのグループ名改名を行うことを発表。
  • 1月27日 - ミルクスショーVol.29にて新メンバー西尾咲璃が加入。
  • 3月16日 - ミルクス本物名義初のシングル「北の国から愛をこめて」を発売。
  • 12月24日–ミルクスショー クリスマススペシャルライブをもって、池田優花ならびに西尾咲璃の2名が学業専念のため卒業する。

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

インターネット[編集]

楽曲[編集]

シングル[編集]

インディーズ

純情ロマンチック』(2014年8月30日発売)MKCD-001

MIST K's COMPANY / 1st SINGLE
  1. 純情ロマンチック
    作曲・編曲:HOP 作詞:Hitomi[14]
  2. WE ARE MILCS!~まさに悩めるこの世の救世主!?~
    作曲・編曲:成田ヒロアキ 作詞:野良

ワンダーガール/未来をつかもう』(2015年3月22日発売)XLR-003

Island Entertainment / 2nd SINGLE
  1. ワンダーガール(UHB「土曜プレゼンアワー」10月度番組エンディングテーマ)
    作詞・作曲・編曲:HOP[14]
  2. 未来をつかもう
    作曲・編曲:Kondo Shoma 作詞:HOP/Adachi Hitomi[14]
    「札幌市若者のまちづくり参加促進大使PRソング」

MIRACLUE SMILE』(2015年7月1日発売)XLR-004

Island Entertainment / 3rd SINGLE
  1. ミラクルスマイル
    作詞・作曲:村田篤則
  2. スキラ☆キラキラ
    作詞・作曲:DJ一戸建

MIRACLUE SMILE』(2015年8月30日発売)XLR-005

Island Entertainment / 3rd SINGLE
  1. ミラクルスマイル
    作詞・作曲:村田篤則
  2. もういっかい!
    作詞:羽白ひより 作曲・編曲:成田ヒロアキ

SUPER MAGIC』(2015年11月16日発売)XLR-006

Island Entertainment / 4th SINGLE
  1. Super magic
    作詞・作曲・編曲:HOP[14]
  2. Challenge
    作詞・作曲:村田篤則
メジャー

『北の国から愛を込めて』(2016年3月16日発売)

愛踊祭レーベル
  1. 北の国から愛を込めて
    作詞:綾小路翔 作曲:前山田健一
  2. サタデーナイトビリーバー
    作詞:渡邊シェフ 作曲:かおりんぐマシン

ライブ盤ミニアルバム[編集]

MILCS SHOW 2014』(2014年12月17日発売)

MIST K's COMPANY
  1. ワンダーガール
    作詞・作曲・編曲:HOP
  2. もういっかい!
    作詞:羽白ひより 作曲・編曲:成田ヒロアキ
  3. ミラクルスマイル
    作詞・作曲・編曲:村田篤則
  4. Spice☆レンジャー
    作詞・作曲・編曲:da-i-ch
  5. 純情ロマンチック
    作曲・編曲:HOP 作詞:Hitomi[14]

カバー[編集]

魔法使いサリー / とんちんかんちん一休さん』(2015年12月16日発売)AKCY-60001/60002

愛踊祭レーベル
  1. 魔法使いサリー
  2. とんちんかんちん一休さん
  3. ワンダーガール

脚注[編集]

  1. ^ a b c d ミルクスオフィシャルHP”. 2015年9月24日閲覧。
  2. ^ 北海道代表アイドルが「ミルクス本物」に改名 ヒャダイン&綾小路翔のタッグが楽曲提供 - Deview
  3. ^ ほんもの☆さゆみん - ミルクスオフィシャルブログ ミルクス・ダイアリー(Ameba Blog)
  4. ^ a b ミルクスオフィシャルブログ”. 2015年9月24日閲覧。
  5. ^ a b ランキングBOX”. 2015年9月29日閲覧。
  6. ^ 札幌市HP”. 2015年9月24日閲覧。
  7. ^ さっぽろハロウィン2015”. 2015年9月29日閲覧。
  8. ^ BARKS”. 2015年9月24日閲覧。
  9. ^ ジモドルWalker”. 2015年11月22日閲覧。
  10. ^ イチオシモーニング”. 2015年11月22日閲覧。
  11. ^ musicるTV”. 2015年11月22日閲覧。
  12. ^ 三都IDOL物語”. 2016年6月24日閲覧。
  13. ^ 経済産業省・中小企業庁サイト「ものづくり★プライド 注目支援施策を活用した成果事例」●フィールド・クラブ(株)/●旭中芯株式会社
  14. ^ a b c d e WORKS”. Sound Rave. 2016年3月14日閲覧。