メキシコシティオリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
メキシコシティオリンピック
第19回オリンピック競技大会
Games of the XIX Olympiad
EstadioUnam.jpg
開催都市 メキシコの旗 メキシコ メキシコシティ
参加国・地域数 112
参加人数 5,498人(男子4,750人、女子780人)
競技種目数 18競技172種目
開会式 1968年10月12日
閉会式 1968年10月27日
開会宣言 グスタボ・ディアス・オルダス大統領
選手宣誓 パブロ・ガリード
最終聖火ランナー エンリケタ・バシリオ・デ・ソテロ
主競技場 エスタディオ・オリンピコ
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示

メキシコシティオリンピックは、1968年10月12日から10月27日までメキシコの首都メキシコシティで行われた夏季オリンピックである。

大会開催までの経緯[編集]

メキシコシティオリンピックの開催は1963年10月18日西ドイツ(現・ドイツ)のバーデン=バーデンで開かれた第60回国際オリンピック委員会総会で決定された。しかしこの決定にはあまりにも高い海抜の地理条件から空気が薄いため反対の声も挙がった一幕もある。

1968年夏季オリンピック 開催地投票
都市 1回目
メキシコ・シティ メキシコの旗 メキシコ 30
デトロイト アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 14
リヨン フランスの旗 フランス 12
ブエノスアイレス アルゼンチンの旗 アルゼンチン 2

ハイライト[編集]

  • 海抜2,240メートルに位置するメキシコシティで開催された。
  • 開会を間近に控えた10月2日にメキシコシティでは大規模な学生デモが実施されたが、メキシコ政府は軍隊や治安警察を導入して、多数の死傷者を出しながら鎮圧、オリンピックは予定通り開催された。
  • 開会式では前回の大会開催地の東京の美濃部亮吉知事が出席し、オリンピック旗をメキシコ市長に引継。
  • 聖火リレーの最終ランナーはエンリケタ・バシリオ・デ・ソテロが務めた。聖火リレーの最終ランナーとしては史上初の女性であった。
  • 東ドイツ西ドイツが初めて統一チームを組まずに参加。ただし旗はそれぞれの国旗ではなく、東西ドイツ統一チーム時代のものを使用した。同じく分断国家である北朝鮮は名称問題が解決せずに不参加となった。
  • 三段跳では、3人の選手が世界記録を五度塗り替えた。
  • 走高跳ディック・フォスベリー背面跳びFosbury flop)で金メダルを獲得。これを機に世界中で普及した。
  • 陸上競技男子200mの表彰式上、アメリカ合衆国の黒人選手トミー・スミス(金)とジョン・カーロス(銅)がブラックパワーの象徴である黒手袋を掲げた(ブラックパワー・サリュート)。IOCは、両者に対し永久追放処分とした。
  • チェコスロバキアベラ・チャスラフスカが4つの金メダルを獲得。
  • アメリカ合衆国のデビー・マイヤーが競泳初の個人3種目制覇(200、400、800メートル自由形)。
  • ドーピング検査採用後、違反者第1号は近代五種に出場したスウェーデンのハンス=グンナー・リリエンヴァルであった。
  • マラソンでは、君原健二が2位。3連覇を狙ったアベベは棄権。優勝は同じエチオピア出身のマモ・ウォルデだった。タンザニアのジョン・スティーブン・アクワリが脱臼しながらも最下位で完走したことで国際的有名人となった。
  • 後にIOC会長となるベルギージャック・ロゲヨットのフィン級に初出場。
  • メキシコシティでは海がないため、ヨット太平洋岸のリゾート都市、アカプルコで開催された。
  • ボクシングにおいて、森岡栄治が日本人史上3人目のメダル(銅メダル)を獲得。
  • サッカーにおいて、日本が銅メダルを獲得。アジア勢初同種目でのメダル。この時の映像は日本では後半戦の一部が生中継されただけだったが、2013年に完全版が発見された[1]。その後、2013年8月24日NHK BS1で「テレビ放送60周年特集 伝説の名勝負 栄光の銅メダル〜日本男子サッカーはここから始まった〜」として解説・釜本邦茂、進行役・山本浩により日本初となるフルタイムでの試合放送が行われることとなった[2]
  • 体操では、日本が男子団体で3連覇したほか男子床運動での表彰台独占をはじめ個人種目も席捲。
  • 空気の薄い高地で行われた事からトラック競技や跳躍競技で多数の世界記録が誕生した。この内、男子短距離走の記録は長らく破られることの無かった快記録が並び、男子幅跳びでボブ・ビーモンが記録した8m90cmは現在でもオリンピック記録として残っている。

南アフリカ参加問題[編集]

開催に先立ち1968年2月2日にIOC総会において、当時アパルトヘイト政策をおこなっていた南アフリカの参加を認める決議が行われた。これに抗議してアフリカ諸国26カ国が出場ボイコットを発表。これにソビエト連邦共産圏諸国も同調し、合計で55カ国がボイコットを表明した。これを受けて同年4月21日に決議を変更し南アフリカの参加を認めないこととし、ボイコットは回避された。

主な競技会場[編集]

実施競技[編集]

  • レスリング
  • ヨット
  • ウエイトリフティング
  • 自転車競技
  • 馬術
  • フェンシング
  • 射撃
  • 近代五種
  • カヌー
  • テニス
  • バスクペロタ


各国・地域のメダル獲得数[編集]

国・地域
1 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 45 28 34 107
2 ソビエト連邦 ソビエト連邦 29 32 30 91
3 日本 日本 11 7 7 25
4 ハンガリー ハンガリー 10 10 12 32
5 東ドイツ 東ドイツ 9 9 7 25
6 フランス フランス 7 3 5 15
7 チェコスロバキア チェコスロバキア 7 2 4 13
8 西ドイツ 西ドイツ 5 11 10 26
9 オーストラリア オーストラリア 5 7 5 17
10 イギリス イギリス 5 5 3 13
15 メキシコ メキシコ(開催国) 3 3 3 9

主なメダリスト[編集]

関連楽曲[編集]

メキシコシティオリンピックにちなんで製作された楽曲。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ メキシコ五輪サッカー、幻の映像発見 3位決定戦完全版」、朝日新聞、2013年6月19日、2013年6月26日閲覧
  2. ^ テレビ放送60周年特集 伝説の名勝負 栄光の銅メダル〜日本男子サッカーはここから始まった〜、NHK、2013年7月30日閲覧