モグーリスタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

モグーリスタンペルシア語: مغولستان‎, Moghulistan, Mughalistan)は、天山山脈北部[1]中央アジアから東アジアにかけて広がる歴史的地域の呼称。現在のカザフスタンキルギス中華人民共和国新疆ウイグル自治区が、この地域に含まれる。

14世紀以後にこの地域を統治した東チャガタイ・ハン国は、モグーリスタン・ハン国、モグール・ウルスとも呼ばれる。領域東部のオアシス都市は国内の有力部族ドゥグラト部の支配下に置かれ、16世紀以降はナクシュバンディー教団スーフィーが強い影響力を持つようになった。ドゥグラト部などの有力貴族(アミール)とナクシュバンディー教団が大きな影響力を有していたため、君主であるハンの権力は不安定なものだった[2]。モグーリスタン・ハン国は中国との朝貢貿易によって利益を得たが、頻繁に起きる内戦とかつての西チャガタイ・ハン国の領域に出現したティムール朝の侵入に悩まされた。16世紀にモグーリスタン・ハン国は東西に分裂し、17世紀末にモグーリスタン・ハン国の流れを汲む政権はジュンガル部の攻撃によって滅亡した。

語源[編集]

「モグーリスタン」という言葉は、ペルシャ語で「モンゴル人(Mogul)の土地」を意味する語であり[3]、土地を支配した東チャガタイ・ハン国に由来する[4]

地理[編集]

オランダ人ヤン・ニーホフ英語版1656年に北京で遭遇したモグール人の外交使節。 ニーホフは彼らをムガル帝国の人間と見なしたが、ルキアーノ・ピートチ英語版は彼らは南疆から派遣されたモグール人だと指摘した[5]

領域[編集]

モグーリスタンはイリ川渓谷(イリ地方)のアルマリクを中心としていたが[6]、遊牧生活を営むモンゴル人の習慣上、彼らが居住するモグーリスタンの領域も変化した。最大版図のモグーリスタンは、タシュケントとヤシ(現在のテュルキスタン)を西端、東部天山山脈北麓のバルス・キョル(巴里坤)を東端、イルティシュ川を北限、ホータンを南限の地としていた[7]。時代が経つにつれてモグーリスタン・ハン国の支配領域が変化すると、モグーリスタンの領域も徐々に南東に移動し、最終的に天山山脈のオアシス都市がモグーリスタン・ハン国の中心となる[7]

また、東チャガタイ・ハン国はモグーリスタンに加えて北疆(トルファン盆地)、南疆(タリム盆地)を支配していた。タシュケント、フェルガナといった都市も一時的に東チャガタイ・ハン国の支配下に置かれたが、東チャガタイ・ハン国では遊牧生活が維持され、遊牧国家の形式を保っていた。

南疆[編集]

天山山脈山麓部の都市を除いて南疆の大部分は砂漠で占められており、東チャガタイ・ハン国の王族で南疆を統治したものは少なかった。1514年まで、南疆の都市はドグラト部のアミールやナクシュバンディー教団の指導者がハンの名前の元に統治していた[4]。1514年にスルタン・サイードがハンを称した後、彼の子孫はは南疆を本拠として直接統治を行うようになる。南疆の都市を首都とした政権として、ヤルカンド・ハン国カシュガル・ハン国が挙げられる。

南疆西部のイスラム教化したオアシス都市群を指して使われる「アルティ・シャフル」はトルコ語で「六城の地」を意味する語であり、 1860年代のヤクブ・ベクの乱の際に流行した[8]帝政ロシアチョカン・ワリハーノフは、ヤルカンド、カシュガル、ホータン、アクスウシュトゥルファンイェンギサールをアルティ・シャフルの「六城」に比定した。一方、ドイツの考古学者アルベルト・フォン・ル・コックはワリハーノフの推定する六城の中からウシュトゥルファンとアクスを外し、それに代わる町としてマラルベシ葉城を加えた。ヤクブ・ベクの乱当時はトルファンがウシュトゥルファンに代わる町とされ、また"Alti-Shahr"は7つの町を指して使われたことを記す史料も存在する[8]。アルティ・シャフルの定義はモグーリスタンよりも厳密、北は天山山脈、南は崑崙山脈、西はパミール高原、東はクチャ東部が、アルティ・シャフルと他地域の境界とされている。

北疆[編集]

北疆は南疆の西に位置し、南北を天山山脈と崑崙山脈に挟まれ、クムル(ハミ)を東端としていた。1513年にクムルの統治者バーヤジードがトルファンのマンスール・ハーンに拉致されて以降、クムルはジュンガルの征服までチャガタイ家のハーンの支配下に置かれ、モグーリスタンは明王朝と国境を接するようになる。

北疆のトルファンを中心とする地域にはかつて仏教国が栄えていたが、イスラム勢力の拡大後はウイグル族が居住するようになる[9]。そのため、北疆のオアシス都市を指して「ウイグルスタン」という単語が使われる。13世紀初頭に天山ウイグル王国の国王バルチュク・アルト・テギンがチンギス・ハーンに臣従した際、バルチュクはチンギス・ハーンから王国の旧領であるウイグルスタンの領有を認められた。13世紀半ばにモンゴル帝国が分裂すると、チンギス・ハーンの次子チャガタイの一族がウイグルスタンを領有した。

15世紀以降にウイグルスタンはモグーリスタン・ハン国の直接支配下に置かれるようになる。15世紀末にユーヌス・ハンの王子アフマドは、ウイグルスタンに独立した政権を樹立した。アフマドの建てた政権はウイグルスタン・ハン国あるいはトゥルファン・ハン国とも呼ばれる。

脚注[編集]

  1. ^ Kim, Hodong (2000). “The Early History of the Moghul Nomads: The Legacy of the Chaghatai Khanate”. In Amatai-Preiss, Reuven; Morgan, David. The Mongol Empire & Its Legacy. Brill. pp. 290, 299, 302-304, 306-307, 310-316. 
  2. ^ 堀川徹「民族社会の形成」『中央アジア史』収録(竺沙雅章監修、間野英二責任編集, アジアの歴史と文化8, 同朋舎, 1999年4月)、153-154頁
  3. ^ 佐口「モグリスタン」『アジア歴史事典』9巻、54-55頁
  4. ^ a b Starr, S. Frederick (2004). Xinjiang: China's Muslim Borderland. M.E. Sharpe. pp. 45-47. ISBN 0-7656-1317-4. 
  5. ^ Lach, Donald F.; Van Kley, Edwin J. (1994), Asia in the Making of Europe, Chicago: University of Chicago Press, ISBN 978-0-226-46734-4 . Volume III, "A Century of Advance", Book Four, "East Asia", Plate 315. Lach and van Kley's source is Luciano Petech, "La pretesa ambascita di Shah Jahan alla Cina", Revista degli studi orientali, XXVI (1951), 124-127
  6. ^ 濱田「モグール・ウルスから新疆へ 東トルキスタンと明清王朝」『東アジア・東南アジア伝統社会の形成』、100頁
  7. ^ a b 中見、濱田、小松「中央ユーラシアの周縁化」『中央ユーラシア史』、298頁
  8. ^ a b Canfield, Robert Leroy (2010). Ethnicity, Authority, and Power in Central Asia: New Games Great and Small. Taylor & Francis. p. 45. 
  9. ^ Gladney, Dru (2004). “The ethnogenesis of the Uyghur”. Dislocating China: Muslims, Minorities, and Other Subaltern Subjects. University of Chicago press. pp. 213-214, 217. 

参考文献[編集]

  • 江上波夫『中央アジア史』(世界各国史, 山川出版社, 1987年1月)
  • 加藤和秀『ティームール朝成立史の研究』(北海道大学図書刊行会, 1999年2月)
  • 川口琢司「ティムールとトクタミシュ―トクタミシュ軍のマー・ワラー・アンナフル侵攻とその影響」『北海道武蔵女子短期大学紀要』40収録(北海道武蔵女子短期大学.2008年3月)
  • 佐口透「モグリスタン」『アジア歴史事典』9巻収録(平凡社, 1962年)
  • 中見立夫、濱田正美、小松久男「中央ユーラシアの周縁化」『中央ユーラシア史』収録(小松久男編, 新版世界各国史, 山川出版社, 2000年10月)
  • 濱田正美「モグール・ウルスから新疆へ 東トルキスタンと明清王朝」『東アジア・東南アジア伝統社会の形成』収録(岩波講座13, 岩波書店, 1998年8月)
  • 間野英二「十五世紀初頭のモグーリスターン ヴァイス汗の時代」『東洋史研究』23巻1号収録(東洋史研究会, 1964年6月)
  • ルスタン・ラフマナリエフ「チムールの帝国」『アイハヌム 2008』収録(加藤九祚訳, 東海大学出版会, 2008年10月)
  • 『中央ユーラシアを知る事典』(平凡社, 2005年4月)、556-557頁収録の系図

関連項目[編集]